BJ × ボンカレー

本日は大塚食品ボンカレーの50周年の日なのだそうだ。「ボンカレーはどうつくってもうまいのだ」というBJ先生のセリフ付きで1月22日付朝日新聞に公告が載ったが、きょうはピノコも一緒に登場だった。

Bj_2
朝日新聞DEGITAL版→
   http://www.asahi.com/ad/boncurry/?iref=boncurry_01
   http://www.asahi.com/ad/boncurrybirthday/?iref=boncurry_02


ボンカレー公式サイトによると、広告号外が全国で配布されたらしい。それは入手しそこなった。残念。

ボンカレー公式サイト→ http://boncurry.jp/

「虫ん坊」2月号に特集記事あり。50周年記念で新発売されるカレーがあるそうだ。でも、パッケージにBJ先生の姿はない。┐(´ー`)┌

「虫ん坊」2月号→ http://tezukaosamu.net/jp/mushi/201802/special1.html

最近ドロンジョ様と婚活したりボンカレーとコラボしたり、何かと忙しいBJ先生(笑)。そろそろ本業のほうでメディアに登場してもらいたいなぁ♪

Photo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

石牟礼道子さん死去を悼む

石牟礼道子さんが90歳で亡くなった。石牟礼さんといえば『苦海浄土』。それしか知らないが、これ一冊で充分と思わせる作品だ。生きておられる間にノーベル文学賞を取ってもらいたかった……。

この本を読むとき、読者は被害者と加害者の両方の気分を味わう。被害者の気持ちを表現するというところまでは他の作家でもできるだろうが、水俣病とは縁もゆかりもないはずの読者をして自分は加害者側なのではないかと思わせる力が底流に渦を巻いている。被害者に対して何もできない、忘れたふうを装って生きている自分は、水俣病を認めてしまっているのではないかと、のど元に刃を突き付けられた気持ちになる。決して忘れてはいけない視点だ。

一度読んだきり二度と読む勇気が出ない作品なのだが、そういう視点の持ち方を明確に私に教えてくれた作品だ。生涯、忘れない。石牟礼さんのご冥福を心からお祈りする(-人-)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『魏志倭人伝』覚書(180201)

去年から『魏志倭人伝』がマイブームなのであるが、研究は遅々として進まず。わからないことだけがどんどん増えていき、そもそも何がいちばんの謎なのかそれすらもわからなくなってきた(笑)。いや、それでも、めっぽう楽しいのだが。

『日本書紀』が『魏志倭人伝』を下敷きにして記されていることはほぼ間違いのない事実であるらしい。その上で、紀を記した人々は神功皇后を卑弥呼と同一人物としたいらしい。だったら、卑弥呼は神功皇后であると一言、はっきり紀に書いておいてほしいものだが、それはない。自分たちで作ったフィクションであるがために、そこまで書くのは良心が痛んだか(笑)。そもそも、卑弥呼は生涯夫も子もいないのに神功皇后と同一人物とするには無理がある。卑弥呼はアマテラスであるとする説のほうがまだ納得がいく。

神話というものは歴史を整備する上で必要欠くべからざるものであろう。都合の悪いことはみな神様の仕業にしてしまえばよいのだから。で、記紀に描かれる日本神話と『魏志倭人伝』を比べてみると、漠然と日本神話のほうが古いと思っていた私の認識が間違っていることに気づく。記紀にスサノオがアマテラスを高天原に訪ね、そこで乱暴狼藉を働くエピソードがあるが、彼は皮を逆剥ぎにしたウマを神聖な機織りの部屋に投げ落とす。ところが、『魏志倭人伝』には当時の倭国にウマはいないと書かれている。スサノオの神話より卑弥呼の時代のほうが古いことがわかる。ヤマタノオロチやら何やらの神話は赤壁の戦いなんかよりずっと後の時代なのだね。

『魏志倭人伝』の記述は正しいか、記紀の記述はどれくらいフィクションか、そんなことを考えているとまったく先が見えなくなる。そこが面白い。

そんな中で、両書にちらりと書かれているいわゆる悪役にはとても興味をそそられる。歴史なんて勝った方の歴史なのだから別に触れなくてもよさそうなことだが、さすがにまったく触れないのは良心が痛んだか(笑)。私はここに真実味を観る。『魏志倭人伝』において邪馬台国と敵対する狗奴国の狗古智卑狗(くこちひこ)と、『日本書紀』に出てくるまつろわぬ神・香香背男(カカセオ)である。「ひこ(彦)=お(男)」の意と考えれば、「ku ko chi」と「ka ka se」の音はよく似ている。私は同一人物ではないかとにらんでいる。カカセオが祀られている神社を調べると北関東に多い。よって、邪馬台国と敵対していた狗奴国(くぬこく)は「毛の国(毛野国)」ではないかと考えている。

その他、いろいろ疑問なこと。
・『魏志倭人伝』の内容が、風俗だったり政治形態だったりごちゃごちゃしている。断簡をつなぎ合わせたもののように思われる。
・鯨面文身の記述がやはり紀と合わない。いつ頃まであった風習なのか。
・『魏志倭人伝』で男性の髪型を「みずら」と解するのは間違いじゃないかと思う。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

絶賛風邪ひき中

先週、相方がインフルB型と診断され、しばらく商売を休むように言われ、あらあらと思っていたら、私も突然39度5分の発熱。症状としてはA型っぽいが、相方経由で伝染したとすればB型なのかも。いまさら医者にかかるのも面倒くさく、ひたすら逼塞して養生に勤しんでいる。37度台までは下がったが、たまに体の深いところから出る咳と腰などに関節痛があり、完治まではまだしばらくかかりそう。

で、トロトロとまどろみながら、録画しておいたドラマなど観る。『アンナチュラル』が面白い♪ 死因不明の死を扱う硬派のドラマだが、UDIラボの面々の個性が生き生きと描かれていて重くなっていない。脚本が上手いのだろうと思う。第3回では妻を殺害したかもしれない男の容疑を、ありとあらゆる可能性を調べることで見事に晴らしていた。謎解きが心地よく、今後の展開が楽しみである。

「ん?」と気づいたのが窪田正孝演ずる医学生の名前。「久部六郎(くべ・ろくろう)」とな?! 手塚キャラの「間久部緑郎(まくべ・ろくろう)」とそっくりではないか。ありふれた苗字でも名前でもないのにここまで似ているというのは、偶然とは言えないような気がする。脚本家さん、ロックのファンなのかもしれないね♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

明けましておめでとうございますm(__)m

本年もよろしくお願いいたしますm(__)m
新年はジャニーズのカウントダウンで迎えました\(^o^)/ 続いて観た「最強運決定戦SP2018」では576位中16位と診断され、年末ジャンボではいつもは末等しか当たらないのに6等が当たりました(ちなみに100万円の当選番号とはジャスト2000番違いでした。何とか偽造できないものかと思ったりしました^^;)。そこそこ幸運な年明けだったと思います。

時折晴れ間ものぞいた本日は、二つの神社に初詣でをしました。お正月の行事はこれで終わり。明日からは通常運転に戻ります。年末年始には姑さんのいる施設が人手不足になるので、例えばポータブルトイレの処理などのために毎日通わなくてはなりません。自転車で20分ほどで行ける距離なので、雪や雨が降らないことを願うばかりです。

さて、本日ネットで公開されたドロンジョ様とBJのお見合い動画ですが、なかなか面白いです。BJ33歳医師、ドロンジョ様24歳NGO団体職員(はぁ?^^)。BJの声と口調に違和感はありますが、鼻っ柱の強い女が嫌いじゃないというあたりは結構研究してあるナという感じです(笑)。BJの乗っている車は、センチュリーじゃないかという話を以前どこかで見たことがありますが、本当のところはどうなのでしょう。新モデルだと2000万円近くする超高級車ですね、わお!
https://www.youtube.com/watch?v=LBBxnvPTvA4 ←こちらは全7話

| | コメント (4) | トラックバック (0)

さよなら2017年

紅白、石川さゆりさんが歌っています。バックの浮世絵がすごい\(^o^)/
さて、今年も皆々様にはたいへんお世話になりました。ありがとうございますm(__)m
来る年が幸せに満ちた年になりますように。
どうぞ良いお年をお迎えくださいませ~^^b

| | コメント (0) | トラックバック (0)

この一年を振り返るバトン

今年もあと2日。あまり記事も書けませんでしたが、変わらずにお越しくださる皆さまに感謝しつつ、この一年を振り返ってみることにします。

●まずは、お名前と回答日をどうぞ。

 わかばです。回答日:12月29日

●この一年で印象に残っている流行(語)は?

 ・忖度

●この一年で印象に残っている人物は?

 ・トランプ
 ・金正恩
 ・ブルゾンちえみ(学部はちがいますが通っていた大学が一緒なので^^)

●この一年を漢字一文字で表すと?

 「醜」です。○○ファーストとか、暴言とか、罵りあいとか、自分さえよければいい、自分は偉い、という風潮が目立ちました。これほど醜いことはないですね。

●この一年で喜んだことは?

 家族がみな健康に過ごせたことでしょうか。

●この一年で怒ったことは?

 煽り運転をする輩が多いこと。頭、悪すぎないか?!

●この一年で哀しかったことは?

 核兵器禁止条約をめぐる日本政府の対応です!

 
●この一年で楽しかったことは?

 「魏志倭人伝」を読んだこと。調べていくと面白いのなんの♪

●この一年で印象に残っている行事は?

 中学校の同窓会。みんな幸せに暮らせよ~♪

●この一年で一番高価な買い物は?

 石見銀山へ行ったときに近くの店で買った銀の指輪かな。数千円でしたけどね。

●この一年に行った場所で良かったところは?

 加賀の潜戸(くけど)。船で遊覧しました。
 スサノオノミコトが降り立ったという鳥髪山。カタクリの花が綺麗でした。

●この一年に聞いた曲で良かったのは?

 これと言って思い当たるものがありません。

●この一年に読んだ本で良かったのは?

 「魏志倭人伝」!^m^

●この一年に観た映画で良かったのは?

 何も観に行っていません>_< 
 テレビで観た『アナと雪の女王』は楽しかったです。

●この一年に観たテレビ番組で良かったのは?

 『100分 de 名著』毎回欠かさず観ています。

●この一年に観たテレビCMで良かったのは?

 思い当たるものがありません。

●この一年に何か新しいことを始めましたか?

 始めた、というわけではありませんが、BJ創作をしました(汗)。

 
●この一年で悔いが残っていることは?

 時間の使い方が下手だったなと思います。もっといろんなことができたかもしれないのに……。

●この一年はあなたにとって何点でしたか?(100点満点)

 90点。個人的にはそこそこ良い年でした。

●来年はどんな年になってほしいですか? 抱負などをご自由にどうぞ。

 全世界の人がみな寛容の精神で生きられたらいいなと思います。
以上です^^

| | コメント (2) | トラックバック (0)

«世襲