出雲国風土記と神話

八雲立つ風土記の丘で開かれた「出雲国風土記と神話 講師:荻原千鶴」を聴講してきた。聴講者は150~160人くらいだったかな。会場ぎっしりだった。

記紀や風土記に描かれる神がどのように人間と関わるかを通して、「出雲国風土記」の特異性を探り、そこに窺える編纂者の意図にまで踏み込んだ内容だった。パイプ椅子に2時間じっと座って資料を読んだりメモを取ったりするのはなかなか大変だったが、とても面白い内容だった。これまで自分がいかに漫然と「出雲国風土記」を読んでいたかを思い知らされたのがかえって痛快だった。あの説話にはそういう意味が……!という感じ(笑)。

以下、興味をひかれた部分を書き留めておく。

・三輪山型神話
神が美しい人間の乙女を妻にしようとする神話は数多くあるが、ヘビやワニ(サメ)がその正体ということが多い。三輪山の大物主は蛇神。またそのヘビは雷、水、刀剣の力と結びついて、水と農耕にかかわる神話となっている。たいてい恋は成就するが「出雲国風土記」の“鬼の舌震い伝説”ではうまくいかないのが珍しい。「したふ」には「慕う」の他に「紅葉する」という意もあり。

・交通妨害説話
荒ぶる神が道行く人間の半数ほども殺してしまう。人や朝廷や天皇がその神を祀ることによって収まる。なぜ神は荒ぶるのかといえば、そもそも「道」は神様のものだから。他国の風土記逸文にはそういう荒ぶる神が出てくるが(出雲の神も他国では荒ぶっているが)、出雲国の中には荒ぶる神は出てこない。「出雲国風土記」においてその役割を担っているのは「鬼」である。神々は神々だけでパンテオンを作っており、記紀や他国の風土記に見られるような人間とのかかわりがない。

・神の御子の異常な言語活動
ホムチワケやアジスキタカヒコネのように、大人になってもしゃべれない神がいる。言葉の持つ不思議さや、神がしゃべることに対する畏れがある。また、それらしゃべれない神がしゃべれるようになる場所がみな「水」に関わる場所である。水が湧き出る、言葉が出る。それは赤子が初めて言葉を発する時に似て、新たな命や世界の始まりである(ここで映画『奇跡の人』のヘレン・ケラーとサリバン先生のワンカットも紹介された。“Water”のシーン)。「出雲国風土記」は神々との仲立ちをする神職・国造が編纂しているが、祝詞を上げるなど言葉を操るプロの世界観や哲学が反映されているのではないかとの指摘がとても興味深かった。

最後に聴講者からの質問。「出雲神話の中の“くにびき神話”で、朝鮮半島などから土地を引っ張ってくるが、当時、領土意識というものはなかったのでしょうか?」。答としては、「領土意識はなかったか、あっても希薄なものではなかったか。国作り神話は神学から発した創作ではないか」とのことであった。

まぁ、いまでも竹島を巡り半島の国とは諍いが絶えないが、神話というおおらかな世界観からすれば、国境線なんてものはあってなきがごとくのものだったのかもしれない。最近「魏志倭人伝」を読み進めているのだが、日本だけのことを考えていてもらちが明かない気がしている。半島や中国本土まで広く視野に入れて、東アジア全体を考えなくてはいけないように思う。出雲神話を作り出した当時の人々の世界観を持ちたいナと、そんなことまで考えることのできた講座だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

(備忘録171103)

11/7放送予定 NHK BSプレミアム「アナザーストーリーズ 運命の分岐点」

歴史的な出来事、その裏にある秘話を当時の関係者証言や貴重な映像、写真等の文献をもとに探り、もうひとつの物語を提示するマルチアングルドキュメンタリー番組「アナザーストーリーズ 運命の分岐点」。
11月7日の放送回は「手塚治虫 ブラック・ジャックからの伝言」です。
「ブラック・ジャック」は、手塚治虫にとって少年誌での連載が激減し、虫プロが倒産を迎えた冬の時代に誕生しました。医師の鎌田實さんや映画監督の大林宣彦さんの証言をもとに「ブラック・ジャック」に込められたメッセージを読み解きます。
NHKBSプレミアム「アナザーストーリーズ 運命の分岐点」
放送:11月7日(火) 午後9時00分~(予定)
※放送日時変更の可能性もございます。
ナビゲーター:沢尻エリカ/ナレーター:濱田岳
---------------------------------------------------------
わが家はBS契約してませんッ!(-。-)y-゜゜゜
こういうのはNHK総合テレビでやってくれよぉ~(つд⊂)エーン

手塚治虫先生、ご存命ならきょうで満89歳。おめでとうございます~ \(^o^)/

| | コメント (2) | トラックバック (0)

(備忘録171031)

長年通った書店がきょう閉店。バタバタと用事を済ませてから午前中に行ってみたら、既に4分の1くらいの書籍は撤去してあり、ガラーンとした印象。寂しい……。レジの女性に「きょうでおしまいですね。寂しいです」とご挨拶をする。今後は展示や催し物をする場となるが、小売りはしないそうだ。寂しい……。

書棚を巡っていると、来店する人がみな「きょうまでですね……」とレジの女性に声をかけているのが聞こえてくる。寂しい……。泣けてきそうになった。普段は行かないようなコーナーまで全部見て、この店で最後に買う本を選ぶ。『アンドロイドは電気羊の夢を見るか?』ほか全4冊で5500円ほど。レジで精算すると、「ポイントがジャスト1000点になりましたよ! 何かと交換されますか?」と言われた。ならばと、1000円分の図書カードと交換してもらった。最後の最後にステキなプレゼントをもらった気分になった。

幼いころからずっと、お世話になりました。ありがとう、今井書店殿町店。図書カード、大事に使います。m(__)m

| | コメント (6) | トラックバック (0)

衆院選に思ったこと

先日の衆院選。解散は総理の専権事項とばかりに安倍首相が仕掛けた一方的な選挙戦に、小池氏が希望の党を立ち上げて面白くなるかと思いきや、リセットだの排除だの踏み絵だので自滅した感があった。

都知事選、都議会選で小池一派が勝てたのは、小池氏がなんの後ろ盾もなく上の者、強者に向かっていく「その心意気や良し」という判官びいきの思いが有権者にあったからで、その小池氏が今度は上から目線で「排除します」などと言えば「あんた、なに様?」という反感しか抱けないのは当然だ。そのあたりのことを、小池氏は読み間違えたのだと思う。
とは言え、選挙互助会のようだった民進党がイデオロギーによって分裂したのは、私にとってはわかり易くなってよかった。これまではどうしたって投票する気にはなれなかった党だったから(笑)。

しかしそれにしても、民進党の空中分解で右往左往する政治家の姿には苦笑するしかなかった。己の政治信条など問題外で勝ち馬に乗って当選することしか頭にない様子は呆れるばかり。いや、己の政治信条などハナから無いのではないかと、私などは疑ったくらいだ。これは何も野党に限った話ではないけれどもネ。

最終的に、野党では希望の党に蹴られた観のあった立憲民主党が大躍進したのだが、小池氏の前例に照らせば、枝野氏に対する判官びいきがなかったかと言えば、どっちとも言えない気もする。スローガンや政治信条より、人柄とかその人の置かれた状況とかを重視するのが日本人のようだから。

それならばいっそのこと、ロボットで選挙をすればどうだろう。全部同じ顔をしたロボットに、様々な問題への賛否をYesかNoかでインプットする。「改憲にはNo、消費税アップにはYes、原発にはNo、……」というように。最左翼から極右まで何百体のロボットができあがるはずだ。有権者は各人の考えに照らし合わせてぴったりのロボットを選び、「ロボット258番に1票」という具合に投票する。最終的に全部の賛否を合計して、賛成数の多いものの方向へ向かっていけばよいのではないか? そうすれば選挙区も死に票もなくなるしあんなにたくさんの議員も要らなくなる……というか、一人も要らなくなるネ。外交やら国際会議やらには、頭の良い官僚か、すべて日本国民の多数意見を具現化したスーパー総理大臣ロボット「ロビタくん」を派遣すればよろしい(笑)。

まあ、そんなことを考えてしまうくらい、政治家って何なんだ?と思わせられた選挙戦であった。

最後に、興味深い記事を見つけたので紹介しておきます。
https://news.yahoo.co.jp/byline/egawashoko/20171020-00077161/

| | コメント (6) | トラックバック (0)

期日前投票

期日前投票に行ってきた。明日は台風21号の影響で雨になるだろうと思ったからだが、誰でも考えることは同じのようで、行列に20分並んでの投票となった。

帰ってからニュースで見たのだが、沖縄などでは1時間待ちだったとのこと。身体の弱い方や妊婦さんやお年寄りには辛かっただろうと思う。現に、私のすぐ前のお婆さんは壁に手をついて身体を支えながら待っておられた。ところどころでいいから椅子などが用意してあればよかったと思う。あるいは、スタッフが見廻って、そういう人を優先してあげても、他の人から文句は出なかったと思う。……と、いまになって気付く私もイケナイなぁ。あのとき声を挙げていればよかった……>_< ごめんね、お婆さん。m(__)m

さて、ここ島根1区では、自民党総務会長の細田博之氏と、立憲民主党の亀井亜紀子氏の一騎打ちである。小選挙区では細田氏が盤石だと思うが、亀井氏の票がどれくらいになるのか、また比例区で当選するかどうか興味のあるところ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

また書店が閉店になる……

行きつけの書店からメールが来て、今月いっぱいで閉店するという。
家から歩いて行ける範囲に書店がなくなってしまう……○| ̄|_
自転車で15分かけてこの書店のグループ店に行くしかないか。
まあ、そっちの方が品揃えは豊富なのだが……。
歳を取って自転車にも乗れなくなったら、どこへ行けばいいのだろう。
バスに乗って駅ビル内の書店か。
嗚呼、老後の楽しみに暗雲が……>_<

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ICAN!

2017年度のノーベル平和賞が発表され、核兵器の廃絶を目指して活動し核兵器禁止条約が採択されるのに貢献した国際NGO「核兵器廃絶国際キャンペーン」(ICAN)が受賞した。

ニュース速報で第一報が流れたとき、思わずテレビの前で拍手した。ICANに参加している101ヶ国の468のNGOと、日本のヒバクシャの皆さんの勝利だと思った。心からおめでとうを言いたい。日本政府がどんな見解を示すかが見ものだ(見たくもないが……)。

総選挙公示を前に、政党再編成でぐっちゃぐちゃになっている政界のニュースばかりの中で、なんとも嬉しい受賞のニュースだったので、書き留めておく。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

«大衆とカリスマと