核兵器禁止条約採択

【核兵器禁止条約交渉をめぐる構図】

●参加……米国の「核の傘」に入らない非核保有国など
    オーストリア、メキシコ、ブラジル、南アフリカ、スイス、スウェーデン、
    エジプト、インドネシアなど 129か国

●不参加
 ・核保有国
    ロシア、アメリカ、フランス、中国、イギリス

 ・実質的核保有国
    インド、パキスタン、北朝鮮、イスラエル

 ・米国の「核の傘」に依存
    日本、ドイツ、韓国、ポーランド、イタリア、カナダ

【採決】
  賛成122か国、反対オランダ、棄権シンガポール

「核兵器使用の被害者(ヒバクシャ)と核実験の被害者の受け入れがたい苦しみと被害に留意する」との文言が盛り込まれた。

----------------------------------------------------------

何故、唯一の被爆国である日本が不参加なのか!? 腹が立ってしかたがない。
不参加の理由であるところの「建設的かつ誠実に参加することは困難」という意味不明の日本語を、誰か説明してほしい。
更に言えば、現行憲法はアメリカに押し付けられたものだから変えるのだと言う自民党政権が、どうしてここではこんなにアメリカに尻尾を振るのだ。一貫性と節操の無さに嫌気がさす。品も気概も崇高な理念も持たない国に嫌気がさす……。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

(備忘録170629)

だんだんと安倍包囲網が狭まってきた感のある今日この頃。森友問題から加計問題、豊田女史の「このハゲーーーー!」発言もこの時期に計算されて公にされた気がする。稲田防衛相は、まぁ、いつ爆発するか予測不能な自爆用爆弾だと思うけれども(笑)。で、きょうはまた幹事長が北朝鮮に対して差別的な表現をしたとかしないとかで、とても国政を預かる人の発言とは思えない。これもきっとマスコミに叩かれることと思う。

弱り目に寄ってたかって叩くという政界の仁義なき戦いが繰り広げられているようだ。野党がここぞとばかりに攻めるのはわかるが、たぶん黒幕は自民党内にいるんじゃないかな、という気がする。

安倍ちゃん、確かに調子に乗り過ぎたもんね。集団的自衛権やら共謀罪やらを勝手に決めて、国民にはちゃんとした説明もなし。憲政を私して破壊した罪は重い。しかしそれにしても、ロクな政治家がいないもんだね。

「最悪の政治家を決めるのは極めて難しい。これこそ最悪の奴、と思ったとたん、もっと悪い奴が必ず出て来る。」
by ジョルジュ・クレマンソー

| | コメント (6) | トラックバック (0)

芸能人の不祥事

先日のネットニュースで、今年の夏はSPで『眠狂四郎』が放映されると知り、楽しみでならない♪ それまで何ごとも起こらず、無事に観ることができるよう祈らずにはいられない。

というのも、ここ数日、覚せい剤所持で逮捕されたり、未成年との不適切な交際で活動停止処分となったりする俳優が続けざまに出たからだ。出演していた映画が封切り後すぐに公開中止になったり、これから放映予定だった連続ドラマの全編放送中止が決定したりしている。

私個人としては、なにもそこまですることもないだろうに、と思う。制作に費やしたお金や時間、関わった人たちの熱意や創意工夫、作品を楽しみにしていた視聴者の期待等々が無に帰してしまう。作品そのものに社会的・倫理的に問題があるというわけではなく、出演者たった一人の不祥事で、だ。

スポンサーがその名を出すのを嫌がるのだろうか? でも、公開されなければスポンサーも元が取れなくて大損なのじゃないかしら。

そのまま公開・放映すると、批判が殺到するのだろうか? でも、そもそもどういう人が批判するのだろう。聖人君子? 正義の人? それとも、ただの文句言い?^m^

| | コメント (4) | トラックバック (0)

「お上の事には間違いはございますまいから」

最近どうもテレビも新聞も見るのがイヤになっているので詳しくは知らないのだが、着々と「テロ等準備罪」が成立に近づいているようだ。先日、友人とこの話題になったとき、私が「お上の事には間違いはございますまいから」と言ったら、「『不意打ちに会ったような驚愕の色』を見せるお上が一人でもいると思う?」と返してきたので、二人で大笑いをした後に嘆息した。めちゃくちゃアカデミックな会話ではあったナ(笑)。

森鴎外の『最後の一句』の中に見えるやりとりである。われわれの時代、中学の国語の教科書に載っていた(いまも載っているのかな?)。死罪と決まった父親の命を救うために自分たち兄弟が身代わりになるとお上に申し出た長女“いち”が放った強烈な一言が「お上の事には間違いはございますまいから」である。結局この“いち”の言葉が父親の死刑執行を日延べにし、更には期せずして宮中行事による恩赦が行われて父親は死罪を免れることになる。

要は、佐々という奉行の胸に“いち”の最後の一句が突き刺さったということなのであるが、父親の罪も間違いのないところではあるので、それがこういうことで揺らいでよいのかと、当時中学生だった私にはよくわからない話でもあった。それが大人になって段々とわかってきたのは、人を裁くことの難しさとそれに伴う「おそれ」とである。完全無欠な人間などいない、法律がすべてでもない、当事者によって結果が異なることもある、何が正しいのかなんて誰にもわからない、そういう諸々のことがわかってくるに従って、無垢な子供の献身的行為ほど衝撃的なこともそうそうないこともまたわかってきた。普通の大人なら、こんな言葉をつきつけられたらどうしていいかわからない。心胆を寒からしめられて思考停止になってしまう。

この話の救いは、奉行がそういう普通の大人だったことだ。自分の行いに絶対の自信もなく、いちおう型どおりの仕事をして自分を納得させている普通の大人。物事の根本をえぐるような“いち”の言葉にたじろいで愕然とするだけの感受性と良心とを持ち合わせていた普通の大人だったことだ。だから奉行は刑を執行することができずに「日延べ」という落としどころを選んだ。単に問題の先送りではあるが、彼の良心からすればそれ以外の手は打てなかったのだろう。

いまの「お上」に、そんな政治家が果たしているだろうか。法案ひとつを決めるときに、その責任の重さの恐ろしさに思考停止になるほど悩む政治家がいるだろうか。……否! 人間離れした無責任さでワイワイとお神輿を担いでいるようなノリの連中ばっかりだ。しかしそういう連中を選んだのは我々国民なのであるから、これはもう嘆息するしか手がない……。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

(備忘録170514)

地元のプロバスケットチーム「スサノオマジック」がB1に昇格することが決まった♪ 観戦に行きたかったなぁ。

2017 きょうは母の日。別段何もしなかった親不孝者である(汗)。
近年、母の日用に出回るアジサイ「万華鏡」を今年も買って玄関に飾った。去年は青を買ったので今年はピンクを♪ 栽培はなかなか難しい品種らしいので(去年は冬に枯らしてしまった)、今年はこの花をできるだけ長くもたせることを目指そうと思う。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

パンドラの箱

きのうは北朝鮮が何かやらかすかもしれない「Xデー」と呼ばれる日だった。結局、ミサイル発射も核実験もなかったようだが、この先いつXデーが来てもおかしくはない。心配なこと、この上ない。

とは言うものの、心のどこかでそれを観てみたいと思っている自分がいるのも事実だ。もちろん自分は安全圏にいて、それを他人事として観ているのが条件なのだが(ズルいね)。

前世紀に話題になった『ノストラダムスの大予言』。1999年の7月に世界のどこかで何も起こらなかったときには正直がっかりした。私の心の片隅にある破壊願望が満たされなかったからだと思う。

大戦中に東京が焼け野原になるのを経験した坂口安吾は、滅びの運命の美を描いた。大阪で空襲を受けた経験のある手塚治虫は、破壊は大スペクタクルだと言った。こんな天才たちを引き合いに出すのはおこがましいが、そういう感覚はわかる気がする。

もちろん安吾や手塚は自身がそれを経験したのであり、私の単なる想像上の悪魔的な破壊願望とはまったく違うものだろう。渦中に置かれた彼らの恐怖と憤りと悲しみは想像に余りある。しかし彼らはそれを経験したからこそ、後の創作活動の基盤となる哲学を持つことができたのだとも思う。とことんまで堕落したところからおのれの力だけで這いずり上がれと安吾は叫び、再生と命の輝きを手塚は描いた。とことん破壊されたどん底からしか、見えない希望があるのかもしれない。

この世から戦争行為がなくならないのは、人間の本能が行き過ぎた繁栄を危ぶみ、それを破壊しなくては希望は見つけられないことを知っているせいなのかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『ビブリア古書堂セレクトブック ブラック・ジャック編』

Bj 『ビブリア古書堂セレクトブック ブラック・ジャック編』(三上延編)読了。

帯に「『ビブリア古書堂の事件手帖』シリーズの著者が厳選した、『ブラック・ジャック』入門編が登場!」とあるように、三上氏が少年時代から慣れ親しんできた『ブラック・ジャック』から13のエピソードが収められている。チョイスされた13編は以下のとおり。おおかたの人気投票で上位に来る作品群とは一味違う、若い読者にインパクトを与えそうな作品が多い印象だ。

「畸形嚢腫」
「木の芽」
「ふたりのジャン」
「アリの足」
「なんという舌」
「その子を殺すな!」
「ガス」
「不発弾」
「ふたりの黒い医者」
「魔女裁判」
「身代わり」
「闇時計」
「台風一過」

各編に1ページほどの解説があり、また冒頭には「手塚マンガの恐るべきスタンダード」と題して『ブラック・ジャック』に対する著者の熱い想いが語られている。この文章が良いのだ! 同じファンとして嬉しくなってしまう♪ 以下、2段落ほど引用する。

------------------------------------------------
 私は手塚治虫を「マンガの神様」と思ったことは一度もない。ただ神として祀り上げられているような、そんなつまらない存在ではなかった。時には失敗を重ねながらも、一筋縄ではいかない読者という魔物を、あらゆる手練手管と全身全霊をもって何十年も引きずり回し、次のページを開かせ続けた恐るべき現役マンガ家だった。その偉大な苦闘の足跡が十五万枚を超える膨大な作品群として今も私たちの目の前にある。
『ブラック・ジャック』はその最も充実した成果の一つだ。生命とは何か、医療とは何かというヒューマンなテーマはもちろん、様々な社会問題を扱った目線の高さも評価に値する。しかし同時に「半分白髪でツギハギの無免許医」だの「畸形嚢腫から誕生した半分人工物の十八歳幼女」だの「安楽死を請け負うライバル医師」だの、立ちまくったキャラを縦横無尽に動かし、一話完結の多彩なストーリーをグロい手術シーンとともに毎週繰り出す、サービス精神てんこ盛りの神業エンターテインメントでもあるのだ。
------------------------------------------------

三上氏がいかに『ブラック・ジャック』という作品を愛しているかが如実にわかる文章だ。因みに『ビブリア古書堂の事件手帖』本編には『ブラック・ジャック』を扱ったお話がある。その感想を書いた記事はコチラ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

«ピノコが観たら激怒するCM