きょうは涅槃会

一昨日、親友Mのお母さまの四十九日法要に列席した。日差しの明るい日で、成仏なさるにふさわしい日に思われて嬉しかった。本堂で参列者みなで読経した後、住職さんが傍らに掛けてあった大きな涅槃図の説明をされた。2月15日が釈迦入滅の日ということで、2月には掛けるのだそうだ。江戸時代の作だが、極彩色が鮮やかに残っている。

右を下にして横になる釈迦の周りに大勢の弟子や鬼神や動物たちが集っている。空からは釈迦の母であるマーヤ夫人が雲に乗って降りてきている。マーヤ夫人は釈迦を救うための薬を持って来られたのだそうだが、それが間に合わず釈迦は亡くなってしまわれたのだそうだ。また釈迦の後ろにはサーラの木が8本。釈迦の死に際してこのうち半分は枯れてしまったが、残り半分には花が咲いたのだとか。また、ムカデや蚊まで描かれている動物群の中には何故か猫がいないのだそうだ。本山にある涅槃図には猫も描かれているから是非観てみてくださいとのことだった。

以前「大般涅槃経」を読んだことがある。原題「マハー・パリニッバーナ・スッタンタ」。釈迦の最後の旅と入滅、その後が描かれている。釈迦は80歳で亡くなるギリギリまで教えを説き続け、生まれ故郷に帰ろうとする旅の途中で食中毒が原因で亡くなった。普通の死と違い、釈迦は「涅槃に入った」とされるので、死後に六道のどの世界にも生まれ変わらず輪廻から脱却しておられるはずだ。われわれが言うあの世、いわゆる浄土にも生まれ変わっておられないことになる。マーヤ夫人とも再会されていないのかと思うとちょっと哀しい気もするが、涅槃に入ることこそが釈迦の考える理想すなわち解脱だったのだろう。

日本の仏教はあまねく大乗仏教で、しかも私が小さい頃から慣れ親しんだのは「死んだら浄土に生まれ変われる」という教えだから、あの世へ行けばお祖父ちゃんやお祖母ちゃんや父やMのお母さまにもまた会えると信じているところがある。浄土という概念をいつ誰が思いついたのか知らないが、涅槃に入ることなど思いもよらぬ煩悩にまみれた凡夫の身には、その世界観はありがたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

(備忘録190202)

この時期、記事が書けないのは青色申告の準備で忙しいから。ということにしておこう(汗)。いやホント、今頃になって12月の伝票を出してくる輩がいたり、1年分の借方合計と貸方合計が合わなかったり(←これは単なる見落としだったが)と、なにしろPCソフトを使わずに電卓駆使の手書き帳簿なものだから、いろいろ大変なのだよ、ウン。

そんな中、この1ヶ月で気になったあれこれを書き留めておく。

・嵐が2020年いっぱいで活動休止
ファンではないので私自身には何の影響もないのだが、これからの約2年間は嵐関係の記事が増えるんだろうなと思うとちょっとウンザリ。解散じゃなくて休止なんだし、大騒ぎするほどのことかと思ったりする。それにこういう発表を2年も前にするというのはファンの皆さんにとってはどうなんだろうと思わないでもない。テレビや彼らがCMを担当している企業にとってはありがたい配慮なのだろうが、ファンにとっては日一日とタイムリミットが迫ってくるような気がしたりはしないのかな。

・『メゾン・ド・ポリス』
生来オヤジ好きの私にとっては今期見逃せないドラマ(笑)。最近おっさんを愛でるドラマが多いのだそうで、やっと時代が私に追いついた感がある(何様)。原作小説をベースにはしているが、トリックは同じでも犯人が異なっていたり、主人公のひよりの父の設定がちょっと変更されていたりする。でもメゾン・ド・ポリスの面々は夏目さんがちょっと若い以外はほぼ原作どおり。みんないい味を出している。ひよりのピンチにオヤジどもが颯爽と現れるシーンなんてサイコーじゃないか♪

・葛飾の女子大生殺害事件
ネットで知り合った男に茨城県まで会いに行き殺害・遺棄された事件だ。当日の彼女の行動にはまだ謎が多いようだが、いやそれにしても酷すぎる……。こういうネット絡みの事件が起こるたびに、そこに潜む危険をどうすれば若い人にわかってもらえるのかと憂う。

・教員の暴力動画事件
最初は「いやいやこれはいくらなんでも先生のやりすぎだ」と思った。そしたらそのシーンに先立つシーンの動画も出回って「こりゃ~生徒のほうが悪い」と思った。動画を撮っていると思しき生徒の「炎上させよう」の声もあり、怒りを通り越してほとほとあきれ果てた。暴力に訴えるのは確かにイケナイことなので、この先生が処罰を受けるのはやむを得ないと考える。が、生徒のタチの悪さはハンパない。校長の事なかれ主義もどうかと思う。一回、教師も生徒も父兄も一堂に会して話し合ったほうがいい。何がどうなってあんなチンピラまがいの生徒が出来上がってしまったのか、その原因と経緯を探るべきだ。

・厚労省の杜撰統計
統計部署の人員が削減されたせいなのか、誰かお偉いさんの忖度が働いたのかは定かでないが、あまりにも杜撰。まあこれからの国会答弁に統計の数値を利用しようとしても信憑性がなくなったことだけは事実だ。

・小4女児が自宅で死亡し父親が逮捕された事件
かわいそうでならない(泣)。アンケートで父親からのいじめを訴えて助けを求めていたのに……。何故こんな事件が起こるのだろう。何故救えないのだろう。なんであんな父親がいるのだろう。やりきれない……。でもね。アンケートを父親に渡してしまった教育委員会の人をマスコミやネットの第三者があんまり叩くのもいけないと思う。追い詰めちゃいけない。私刑はダメだ。「輿論は常に私刑であり、私刑は又常に娯楽である(芥川龍之介)」

| | コメント (2) | トラックバック (0)

明けましておめでとうございます

本年もどうぞよろしくお願い申し上げますm(__)m

きょうは午前中は陽が差したりもしましたが、午後から一変、冷たい雨の降る一日となりました。

昨夜の紅白の米津玄師を繰り返し観て過ごしました。初めてナマで視聴できて感激しました♪

初詣は近場にしようということになり、佐陀神社に詣でました。雨が降る中でも、たくさんの人が参拝しておられました。
本年が明るく希望に満ちた年になりますように^^

| | コメント (0) | トラックバック (0)

この一年を振り返るバトン

この一年、特に後半は「忙しかった~」という思い出しかありません。お姑さんの体がますます不自由になったため施設を移ることになり、まぁちょっといろいろあって、一か月半の間に2度引っ越しをしました。いちばん大変なのは姑本人だったのは間違いありませんが、施設選びや契約や段取りや荷造りなどで家族もヘトヘトになりました。でもその姑も一昨日には卒寿のお祝い会に出席できましたし、終わり良ければすべて良しでした。

また昨日には親友Mのお母さまが亡くなられ、私とMの二人で最期をみとりました。私にとても良くしてくださった恩人です。生きざま死にざまを見せて下さって、91歳の大往生となりました。ただただ感謝しかありません。ご冥福をお祈りします。また、ひとりでお世話をやり遂げたMにも本当に頭が下がります。お疲れ様でした。しばらくゆっくり休んでくださいね。

さて、では、この一年を振り返ってみることにします。

●まずは、お名前と回答日をどうぞ。

 わかばです。回答日:12月31日

●この一年で印象に残っている流行(語)は?

 命にかかわる危険な暑さ

●この一年で印象に残っている人物は?

 スーパーボランティア・尾畠春夫さん

●この一年を漢字一文字で表すと?

 「力」です。良くも悪くもいろんな力が現れた年だったと思います。スポーツ界での若い力の台頭と、その陰にあったパワハラ問題。公正であるべき入試で行われた不正と女性蔑視の「力」。その他、政界財界の権力者の横暴「力」。

●この一年で喜んだことは?

 家族がみなそこそこ健康に過ごせたことでしょうか。

●この一年で怒ったことは?

 地球と気候が壊れつつあるのは温暖化のせいに間違いないのに、節電の方向に向かおうとしない人間のバカさ加減。

●この一年で哀しかったことは?

 TOKIOの山口メンバーが起こした事件。

 
●この一年で楽しかったことは?

 ん~、何かな~? これといって思いつきません^^;

●この一年で印象に残っている行事は?

 一昨日の姑さんの卒寿のお祝い会。

●この一年で一番高価な買い物は?

 ん~、思い出せない……^^;

●この一年に行った場所で良かったところは?

 妻木晩田遺跡。自転車で遺跡内を走り回り、古墳の上から眺めた景色は最高でした♪  来年はもっといろんな遺跡へ行ってみたいです。

●この一年に聞いた曲で良かったのは?

 米津玄師の"Lemon"

●この一年に読んだ本で良かったのは?

 『邪馬台国をとらえなおす』大塚初重著

●この一年に観た映画で良かったのは?

 『空飛ぶタイヤ』

●この一年に観たテレビ番組で良かったのは?

 『アンナチュラル』。久々にTVドラマにハマりました♪

●この一年に観たテレビCMで良かったのは?

 良かったというわけではありませんが「ハヅキルーペ」は印象に残っています。メガネってまずはお尻でつぶすものだったんですね^^

●この一年に何か新しいことを始めましたか?

 何も始めてないかな^^;

 
●この一年で悔いが残っていることは?

 母にほとんど会いに行けなかったこと。親不孝でごめんなさい>_<

●この一年はあなたにとって何点でしたか?(100点満点)

 80点くらい。お姑さんや母、友人のお母さんなど、お世話しなくちゃいけないお年寄りは多かったのに、どれも満足にはできませんでした。○| ̄|_

●来年はどんな年になってほしいですか? 抱負などをご自由にどうぞ。

 天皇も年号も改まることですし、時代の潮目が変わって、明るい方向に向かっていくといいなと思います。どうか大規模災害など起こりませんように(-人-)

以上です^^

さて、2018年もあと3時間半ばかりです。
今年も一年お世話になり、ありがとうございましたm(__)m
来年もどうぞよろしくお願い申し上げますm(__)m
それでは皆さま、どうぞ佳き年をお迎えくださいませm(__)m

| | コメント (2) | トラックバック (0)

悪意を考える

スマホには佐川急便の不在連絡票を騙ったショートメールが届くし、PCでは突然大音量の警告音とともに「Windowsセキュリティシステムが破損しています」などというウィンドウが開いたりする。「LINEの安全認証」なんてメールもPCに来たりした。いずれの場合もリンク先を開かず即刻削除することで被害はないが、気持ち悪いし腹立たしいことこの上ない。

あ、そうそう。夏にはメールアカウントを乗っ取られそうになったこともあった。このときは利用しているメール会社から「〇〇(←海外)からあなたのアカウントが利用されそうになっているが、これはあなた本人か?」というような連絡が来て、メール機能が一時停止状態になっていた。「もちろん違いますがな!」という旨の返事をしたら「ならばこれからは新しいキーワードを設定して使ってね」というので、この一件から私のキーワードが変わった。慣れるまでついつい前のキーワードを入れてしまい困った。このときは、その前日に中国ドラマの動画を観たりしていた。思い当たるフシはそれしかない。難しいことはわからないが、まことに腹立たしい。

こういう小さな悪意のジャブというのはかなりのストレスになるものだ。

ところで、悪意とは、
「他人や物事に対していだく悪い感情、または見方のこと。 日常用語としての悪意(あくい)とは、相手にとって、害のあることを理解した上で行動することである。 また、相手のよくない結果を望む、心の中に生じる意思を意味する。 対義語の善意は、相手に良い結果を導こうとして行為を行なう気持ちを指す。」
と Wikipedia にはある。法律用語としてはまた別の意味合いもあるようだが、まあ一般的には上記のような事柄だろうと思う。

さて、本日判決が下される東名あおり事故に話を持っていきたい。世論はこぞって石橋被告をいかに重い刑に処するかを取り上げている。みんな怒り心頭の様子だ。私も危険運転致死傷罪を適用するのがいいと思うし、これは未必の故意による殺人事件に問うてもよいと思うくらいである。しかし私が刑罰の軽重以上に関心があるのは石橋被告の思考回路とか性格とかである。

石橋被告にははたして悪意があったのだろうかとふと思う。「邪魔だ、ボケ!」と言われたから頭にきて追いかけて煽って追い越し車線に止めさせて文句を言った。彼の言い分としては「自分はただそうしただけ。その結果の死亡事故」ということになるのだろう。そこには、そんなことをしたら危険だという認識も欠如していたように思われる。彼自身ものこのこと高速道路上に出てきているのだから。

そして、もしかしたらそこには悪意すらもなかったのではないかと思う。罵倒されたからやり返したかった。逃げるから追いかけた。自分のほうが勝っていることを思い知らせたかった。隣には彼女も乗っていることだし……。これは悪意と言えるかどうか?

彼の反省の弁や謝罪の言葉がまったく信用できないというのは万人が同意するところだと思うが、それは彼がちっとも反省も後悔もしていないからである。自分が侮辱されたから仕返しをしようとした、それのどこが悪い?というのが彼の正直な気持ちであろうと思う。彼がそもそも迷惑行為をしていたことはさておき、その後の行為についてきっと彼には悪意などなかったのだ。

しかし、だからこそ、そこがとても不気味で気持ち悪い。脊髄反射のような思考しかできない人間がハンドルを握っていることの恐怖から、人々はこぞって彼を糾弾し、できるだけ長くこの社会から隔離して自分と無関係な距離に置こうとしているのだと思う。

彼がどういう生い立ちなのか私は知らない。知能検査や精神鑑定が行われたのかどうかも知らない。精神科医に言わせれば何か病的な問題があると言うのかもしれない。また今回の裁判では法が実情に追いついていないと言われているが、そんな法はいつになってもできっこない。現実は常に法の上を行く。そういう意味で、一般人の感覚を取り入れた裁判員制度による判決には期待したい。しかしそもそもの問題として、彼が運転免許を取れてしまったという事実は重大だと思う。なんとかこういう人間がふるい落とされるような選別はできないものか。あるいは、いくつかのトラブルを起こした時点で免許を取り上げることはできなかったものか……。

悪意のない(と私は結論付けるが)危険運転によって命を落とした被害者とその遺族が憐れでならない。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

手塚作品の総選挙

手塚治虫生誕90周年記念『総選挙!この手塚治虫作品が好きだ!ベスト10』
https://電子書籍ランキング.com/tezuka_sousenkyo/

長編部門、短編部門各1日3回まで投票できます。
たくさんあって迷ってしまいますが、きょうはとりあえず『BJ』『火の鳥』『ザ・クレーター』に投票しました。明日はどれにしようかな♪

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ヤマタノオロチ

22日、出雲ナンバープレートのデザイン「八岐大蛇(やまたのおろち)」が発表された。島根県の出雲市、飯南町、奥出雲町で2020年度に交付開始とのこと。松江市在住の身には関係ないが、なかなかカッコいいと思うので貼り付けておく。

Photo




ヤマタノオロチといえば出雲の誇る(?)怪獣だが、スサノオノミコトがこれを退治したとき尾から一振りの剣が出てきた。これが三種の神器の一つ「天叢雲剣(あめのむらくものつるぎ)」である。素材が青銅なのか鉄なのか興味のあるところ。奥出雲はタタラ製鉄で有名な地(もののけ姫のモデル地だね)なので鉄剣かと思うが、鉄ならば錆びてしまう。未来永劫続くようにと願うならば銅剣だったかもしれない。皇室に関する事柄がオープンになる日はくるのかな~?

| | コメント (6) | トラックバック (0)

«(備忘録181103)