「お上の事には間違いはございますまいから」

最近どうもテレビも新聞も見るのがイヤになっているので詳しくは知らないのだが、着々と「テロ等準備罪」が成立に近づいているようだ。先日、友人とこの話題になったとき、私が「お上の事には間違いはございますまいから」と言ったら、「『不意打ちに会ったような驚愕の色』を見せるお上が一人でもいると思う?」と返してきたので、二人で大笑いをした後に嘆息した。めちゃくちゃアカデミックな会話ではあったナ(笑)。

森鴎外の『最後の一句』の中に見えるやりとりである。われわれの時代、中学の国語の教科書に載っていた(いまも載っているのかな?)。死罪と決まった父親の命を救うために自分たち兄弟が身代わりになるとお上に申し出た長女“いち”が放った強烈な一言が「お上の事には間違いはございますまいから」である。結局この“いち”の言葉が父親の死刑執行を日延べにし、更には期せずして宮中行事による恩赦が行われて父親は死罪を免れることになる。

要は、佐々という奉行の胸に“いち”の最後の一句が突き刺さったということなのであるが、父親の罪も間違いのないところではあるので、それがこういうことで揺らいでよいのかと、当時中学生だった私にはよくわからない話でもあった。それが大人になって段々とわかってきたのは、人を裁くことの難しさとそれに伴う「おそれ」とである。完全無欠な人間などいない、法律がすべてでもない、当事者によって結果が異なることもある、何が正しいのかなんて誰にもわからない、そういう諸々のことがわかってくるに従って、無垢な子供の献身的行為ほど衝撃的なこともそうそうないこともまたわかってきた。普通の大人なら、こんな言葉をつきつけられたらどうしていいかわからない。心胆を寒からしめられて思考停止になってしまう。

この話の救いは、奉行がそういう普通の大人だったことだ。自分の行いに絶対の自信もなく、いちおう型どおりの仕事をして自分を納得させている普通の大人。物事の根本をえぐるような“いち”の言葉にたじろいで愕然とするだけの感受性と良心とを持ち合わせていた普通の大人だったことだ。だから奉行は刑を執行することができずに「日延べ」という落としどころを選んだ。単に問題の先送りではあるが、彼の良心からすればそれ以外の手は打てなかったのだろう。

いまの「お上」に、そんな政治家が果たしているだろうか。法案ひとつを決めるときに、その責任の重さの恐ろしさに思考停止になるほど悩む政治家がいるだろうか。……否! 人間離れした無責任さでワイワイとお神輿を担いでいるようなノリの連中ばっかりだ。しかしそういう連中を選んだのは我々国民なのであるから、これはもう嘆息するしか手がない……。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

(備忘録170514)

地元のプロバスケットチーム「スサノオマジック」がB1に昇格することが決まった♪ 観戦に行きたかったなぁ。

2017 きょうは母の日。別段何もしなかった親不孝者である(汗)。
近年、母の日用に出回るアジサイ「万華鏡」を今年も買って玄関に飾った。去年は青を買ったので今年はピンクを♪ 栽培はなかなか難しい品種らしいので(去年は冬に枯らしてしまった)、今年はこの花をできるだけ長くもたせることを目指そうと思う。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

パンドラの箱

きのうは北朝鮮が何かやらかすかもしれない「Xデー」と呼ばれる日だった。結局、ミサイル発射も核実験もなかったようだが、この先いつXデーが来てもおかしくはない。心配なこと、この上ない。

とは言うものの、心のどこかでそれを観てみたいと思っている自分がいるのも事実だ。もちろん自分は安全圏にいて、それを他人事として観ているのが条件なのだが(ズルいね)。

前世紀に話題になった『ノストラダムスの大予言』。1999年の7月に世界のどこかで何も起こらなかったときには正直がっかりした。私の心の片隅にある破壊願望が満たされなかったからだと思う。

大戦中に東京が焼け野原になるのを経験した坂口安吾は、滅びの運命の美を描いた。大阪で空襲を受けた経験のある手塚治虫は、破壊は大スペクタクルだと言った。こんな天才たちを引き合いに出すのはおこがましいが、そういう感覚はわかる気がする。

もちろん安吾や手塚は自身がそれを経験したのであり、私の単なる想像上の悪魔的な破壊願望とはまったく違うものだろう。渦中に置かれた彼らの恐怖と憤りと悲しみは想像に余りある。しかし彼らはそれを経験したからこそ、後の創作活動の基盤となる哲学を持つことができたのだとも思う。とことんまで堕落したところからおのれの力だけで這いずり上がれと安吾は叫び、再生と命の輝きを手塚は描いた。とことん破壊されたどん底からしか、見えない希望があるのかもしれない。

この世から戦争行為がなくならないのは、人間の本能が行き過ぎた繁栄を危ぶみ、それを破壊しなくては希望は見つけられないことを知っているせいなのかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『ビブリア古書堂セレクトブック ブラック・ジャック編』

Bj 『ビブリア古書堂セレクトブック ブラック・ジャック編』(三上延編)読了。

帯に「『ビブリア古書堂の事件手帖』シリーズの著者が厳選した、『ブラック・ジャック』入門編が登場!」とあるように、三上氏が少年時代から慣れ親しんできた『ブラック・ジャック』から13のエピソードが収められている。チョイスされた13編は以下のとおり。おおかたの人気投票で上位に来る作品群とは一味違う、若い読者にインパクトを与えそうな作品が多い印象だ。

「畸形嚢腫」
「木の芽」
「ふたりのジャン」
「アリの足」
「なんという舌」
「その子を殺すな!」
「ガス」
「不発弾」
「ふたりの黒い医者」
「魔女裁判」
「身代わり」
「闇時計」
「台風一過」

各編に1ページほどの解説があり、また冒頭には「手塚マンガの恐るべきスタンダード」と題して『ブラック・ジャック』に対する著者の熱い想いが語られている。この文章が良いのだ! 同じファンとして嬉しくなってしまう♪ 以下、2段落ほど引用する。

------------------------------------------------
 私は手塚治虫を「マンガの神様」と思ったことは一度もない。ただ神として祀り上げられているような、そんなつまらない存在ではなかった。時には失敗を重ねながらも、一筋縄ではいかない読者という魔物を、あらゆる手練手管と全身全霊をもって何十年も引きずり回し、次のページを開かせ続けた恐るべき現役マンガ家だった。その偉大な苦闘の足跡が十五万枚を超える膨大な作品群として今も私たちの目の前にある。
『ブラック・ジャック』はその最も充実した成果の一つだ。生命とは何か、医療とは何かというヒューマンなテーマはもちろん、様々な社会問題を扱った目線の高さも評価に値する。しかし同時に「半分白髪でツギハギの無免許医」だの「畸形嚢腫から誕生した半分人工物の十八歳幼女」だの「安楽死を請け負うライバル医師」だの、立ちまくったキャラを縦横無尽に動かし、一話完結の多彩なストーリーをグロい手術シーンとともに毎週繰り出す、サービス精神てんこ盛りの神業エンターテインメントでもあるのだ。
------------------------------------------------

三上氏がいかに『ブラック・ジャック』という作品を愛しているかが如実にわかる文章だ。因みに『ビブリア古書堂の事件手帖』本編には『ブラック・ジャック』を扱ったお話がある。その感想を書いた記事はコチラ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ピノコが観たら激怒するCM

「ブラック・ジャック」が看護師向け通販「ナースリー」のTV‐CMに業界初登場!!
2017年4月18日(火)から、北海道、新潟、静岡、愛知、岐阜、三重、広島にて、TV-CM「ブラック・ジャック驚く」篇が、放送開始。

ネットで観るならコチラ↓
https://www.nursery.co.jp/topics/cm_campaign/

「壊れたBJ」がコンセプトだったそうだが、こんなふうに壊れたBJはもうBJじゃないということがよっくわかったよ……。┐(´ー`)┌

| | コメント (6) | トラックバック (0)

忖度だの慮りだの……┐(´ー`)┌

私は昔、国家公務員だった。辞めた理由はいわゆる家庭の事情。両親にとって娘は私一人しかいないが、私の仕事でのポジションの代わりはいくらでもいるのだ。後任者のためのマニュアル作りには結構苦労したが、私の仕事内容は後任者にそのまま引き継がれたことと思う。

定員も決まっている、最低限の仕事内容も決まっている、してはいけない行為も決まっている公務員の仕事に「忖度」だの「おもんぱかり」だのは、元来存在を許されないものだ。相手が誰であろうと(総理大臣であろうと都知事であろうと、あるいは背後にそういう権力者の匂いがする誰かであろうと、そのへんを歩いているどっかのおっさんであろうと)、その人が受けられるサービスや利益や権限は公平に提供されなくてはならない。また同時に、その事案に当たる担当者が誰であろうと、同じ仕事をし、その結果は同じにならなくてはいけない。手続きに不備がないか念入りに調べて検討する。故に、手続きには時間がかかるのが一般的だ。いわゆる「お役所仕事」というやつだね。

それが、神風が吹いたような異常とも思えるようなスピードで事態が展開していったとすれば、そこには何らかの力が働いたと考えるのが妥当だろう。お偉いさんが「ここの国有地は安くてもいいからあの人物に売れ(彼のバックには総理夫人がいる)」と命じたのなら、それはもうそれで決まり。お偉いさんがその決定の責任はとってくれるわけだから、物事はその方向へ一直線に進む。というか、進まないと叱られる(笑)。

今回の森友学園の件、私は財務省が「忖度」したのだと思う。総理夫人付き職員がちょっと照会しただけでテンパっちゃった誰かがいたんじゃないかな(笑)。もし本当にそれだけのことだったとすれば、それを「関与」と言ってよいかどうかは意見が分かれるところだと思う。でも実際、政治家(もしくは公人)の仕事なんて誰かの陳情を受けて担当各省庁に口利き即ち「関与」することが主たるものなんじゃないかと推測する。たとえ関与するつもりがなくても、ちょっと照会するだけでも、それだけの影響力があるということは昭恵夫人もわかっていなくてはいけなかったと思う。

昭恵夫人は公人ではなく私人だと総理は言っていたが、ただの主婦に講演の依頼なんかする奴はいない(笑)。「総理夫人」の肩書をありがたがって自分の権威付けに利用しようとする有象無象がいっぱいいるってことだね。くだらない……。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

BJという共通認識

本を読んでいたら突然「ブラック・ジャック」という言葉が出てきて驚く、ということが立て続けに2回あったので、書き留めておく(笑)。

・『火花』(又吉直樹著)にて。
------
……ゆっくりと眼を開くと、神谷さんが楽しそうにカーテンをひらひらと動かして、僕の顔に朝日を当てていた。
「やめてください」と僕が言っても神谷さんはやめない。
「徳永の顔面にブラック・ジャックみたいな日焼けあと、作ろっと」と言って、神谷さんは笑っている。
「それの、なにが面白いんですか」僕は毛布で顔を隠した。……
------
日焼け痕であれを再現しようと思ったら、夏の海辺で一日がかりじゃないかな~。

・『新しい単位』(世界単位認定協会編)にて。
------
「4万1500Sn ブラックジャックの器用さ」
我々の研究のなかで、もっとも高い数値を示したのは、神業ともいえるメスさばきで、多くの重病患者を治してしまう、医師免許を持たないあの外科医です。ブラックジャックの「器用さ」は、なんと4万1500シンニョーを記録。……ただ、生き方の不器用さが気になります。
------
この世のいろんな現象を新しい単位で表そうとする本なのだが、「漢字の“しんにょう”を綺麗に書きこなす器用さ」を「1Sn(シンニョー)」としたとき、その最高得点を叩き出していたのが、我らがBJ先生の手技だった(笑)。生き方を計測すれば0.1Snくらいかもしれないが……(爆)。

・あと、これはBJ先生の名前が出てくるわけではないのだが、ドラマ『真昼の悪魔』で悪魔のような女医が鏡を見ながらセルフオペをした。器械出しは彼女の婚約者(医療についてはまったくの素人)が行っていた。BJ先生の場合は助手も無しでやっているときがあるから、やっぱり4万1500Snの男はすごいな~(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«『真昼の悪魔』