« ほげたらほげたらほげたらぽん | トップページ | (備忘録070128) »

民法 第772条

最近話題の「民法 第772条」。条文は以下のとおり。

(嫡出の推定)
第772条 1 妻が婚姻中に懐胎した子は、夫の子と推定する。
              2  婚姻の成立の日から二百日を経過した後又は婚姻の解消若しくは取消しの日から三百日以内に生まれた子は、婚姻中に懐胎したものと推定する。

問題となっているのは2項である。どんなに長い間 前夫と離婚同様の状態となっていたとしても、そしてその間に別の男性と事実上結婚状態となって子どもが生まれたとしても、正式に前夫との婚姻が解消された日から300日以内に生まれたのであれば、その子の民法上での父親は前夫ということになってしまうのだ。私が観た番組では、子どもが予定日より2ヶ月早く生まれたために300日まであとわずかに日数が足りず前夫の子となってしまったケースや、前夫との離婚時のいざこざ(前夫から逃げていた)等で出生届けを出すことができず、生まれた子には(高校生になるというのに)未だに戸籍が無いというケースが紹介されていた。

この法律が施行されたのは明治31年(1898年)である。施行当時ならばこれで良かったと思う。女性の地位の低かった明治時代における夫婦の離婚なんて、どうせ夫側からの一方的な要求が多かったことだろうと想像する。不貞等の事実も無く、離婚された後で妊娠が判って出産した女性の苦労は目に見えている。そんなときこの2項があれば、前夫に認知させて生まれた子どもの養育費を出させることが可能だったろう。しかしそれから100年以上たって時代は変わった。もっと融通を利かせてもよいのではないかと思う。また、科学だって発達しているのだから、どうしても問題になるようならDNA鑑定をして親子関係を明らかにする方法もあるだろう。

この問題はとてもプライベートな問題だし、関係者の様々な思惑が交錯する可能性もある。真実と違っていても良い場合もあるだろうし、そうでない場合もまたあるだろう。しかし、この条文があるばっかりに幸せになれない人が多数いるのならば、もっと緩やかなものに変えてもよいのではないだろうか。法律は弱い立場の者を守るためにこそあるべきだと思うから。

|

« ほげたらほげたらほげたらぽん | トップページ | (備忘録070128) »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/141713/5103773

この記事へのトラックバック一覧です: 民法 第772条:

« ほげたらほげたらほげたらぽん | トップページ | (備忘録070128) »