« 隻眼の男 | トップページ | 彼女の幸せを願う »

年賀状の整理

すっかり忘れていたお年玉付き年賀はがきの当選番号を照合してみた。末等が1枚……。毎年判で押したように2枚当たっていたのに、今年は辛うじて1枚。当たっただけ良しとしよう。

続いて、はがきフォルダにファイルする。結婚してからずっと、頂いた年賀状は全てファイルして取ってある。結婚当初は、夫の交友関係や親戚関係を年賀状を見ながら頭にインプットしたりした。デザインも大きさもその年によって違うフォルダがもう17冊にもなった。昔はこのフォルダも数百円したものだが、今は百円均一のお店で売っている。これで充分。(ちなみに「フォルダ」が正しいのか「ホルダ」が正しいのか、私にはわからない。「紙挟み」という意味なら「フォルダ」だろうし、「中に入れておくもの」という意味なら「ホルダ」だろう。正式名称はどっち?)

まあそれはさておき、今年もこうして年賀状を頂き、またこちらからも出せたことをありがたく思う。欠けた年もなく並んだフォルダは、その間家族に不幸がなかったことの証しだ。いつまでも続くとよいなと願う。来年からは干支も新しく始まることだし、版画にも挑戦したいなどと思う。(わぁ、書いちゃった。これがきっと年末には、そんなこと書いたか?状態に切羽詰まっているのが目に浮かぶようだ……。)

|

« 隻眼の男 | トップページ | 彼女の幸せを願う »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

葉書フォルダーで分類するところまでしてお正月が終わるのですね。
私は以前1度だけ分類したことがありましたが、翌年からは一まとめにくくって本棚の隅、が定着してしまいました。
今年はわかばさんをお手本にフォルダーで分類してみます。

ところで版画は面白いですよ。
小学生のときに担任からもらった版画が素晴らしく、それ以来よほどのことがない限り版画派です。
10月ごろになると来年の干支が気になりだし、絵本などをあれこれ思い出しながら図案を練りはじめます。
何、ゴム版でしたら彫るの自体は1晩あれば十分。
今はもっと楽な消しゴム版画もあるようですし、ぜひ力作を拝見させてください。

投稿: グリコーゲン | 2007年1月19日 (金) 07時28分

(^^ ニタッ

投稿: つる | 2007年1月19日 (金) 19時00分

グリコさん
まさにおっしゃるとおり、番号を確かめるまではゴムでくくられてテレビの前とか炬燵の上とかを転々としていた葉書の束が、やっとファイルされてお正月も終わるのです。
ファイルしておくと、住所録の代わりにもなって便利ですよ。その後に来た転居のお知らせなども年賀状の上に突っ込んでおけますから。いやズボラなだけですが(笑)。

素敵な年賀状を頂くと嬉しいものですよね。印刷されたものに一筆添えてあるだけでも嬉しいですが、手作りのものは暖かくて見ていて飽きないものです。その担任の先生もクラスの子供たちの喜ぶ顔が見たくて一生懸命刷られたのでしょう。グリコさんがそれからずっと版画を作っておられると聞かれたら、きっとお喜びになるでしょうね♪

>何、ゴム版でしたら彫るの自体は1晩あれば十分。
貴重なアドバイスをありがとうございます。なにぶん初心者ですので、どうなることやらわかりませんが、ががががががんばってみます。まだ11ヶ月あるのだから、きっと大丈夫……(←自己暗示)。

投稿: わかば | 2007年1月19日 (金) 23時10分

つるさん
(;゜〇゜) ←既に崖っぷち気分

投稿: わかば | 2007年1月19日 (金) 23時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/141713/4985619

この記事へのトラックバック一覧です: 年賀状の整理:

« 隻眼の男 | トップページ | 彼女の幸せを願う »