« ○○って何? | トップページ | シャーちゃん »

『ごくせん』

『ごくせん』を観た。あれ? 長いな?と思っていたら、きょうが最終回だったそうで。このシリーズは何回か観た。が、一回も授業風景は見たことがない。ヤンクミって何の先生(笑)?

きょうもきょうとて、いやSP版だけあっていつもより大勢による乱闘騒ぎがあって、あわやクラス全員退学となりそうになるが、ヤンクミの父兄を前にした熱い演説と、「自分達が責任を取る」と言う生徒全員の一途さに、なんとか2週間の停学で収まった。「責任取るなんて簡単に言うんじゃねーよ! 親の金で学校通わせてもらって何が責任だ!」とか「この子達は未熟なんです」という台詞が決まっていた。

このドラマ、「『秀才=悪』『不良=心はきれい』という図式で不良を美化している」と叩かれたりしていたが、視聴率は良かったようだ。自分は秀才だと自惚れているごく一部の人以外には、受けが良かったんだろう(あれ? 言葉にトゲがある?笑)。というか、このドラマに出てきた生徒達って「どこが不良?」という感じだったのだけれど。確かに家族に心配はかけていたようだったが、一般人に迷惑をかけるような行為はしていなかったし(私が視聴した限りでは)。彼らを「不良」と呼んでよいのかどうか疑問だ。ただ学力が劣っているだけなんじゃないのか。

昨日は『太田総理』を観たが、たまたま「小さいころからの英才教育の禁止」というようなマニフェストだった。私自身としてはどっちつかずの状態でずっと観ていたが、番組後半でぐっと「賛成」の方向に傾いた。英才教育を施されている子ども達(5~6歳)が出てきたのだが、「子どもの頃に勉強しないと、賢い大人になれない」とかなんとか言ったのだ。言った相手はつるの剛士さんだったのだが(笑)、だからヤラセかもしれないのだが、仮にも大人に向かってそんな思い上がった口をきく子どもを作る英才教育なら、禁止したほうが良いと思った。

頭の良し悪しは、心の成熟度とはあまり関係ないのじゃないのかな。

|

« ○○って何? | トップページ | シャーちゃん »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/141713/21954054

この記事へのトラックバック一覧です: 『ごくせん』:

« ○○って何? | トップページ | シャーちゃん »