« きょうのニュースより | トップページ | (備忘録080828) »

原作至上主義

最初にちょっと愚痴を……。

いわゆる「スプログ」という迷惑ブログからの迷惑トラックバックに怒り心頭。トラックバックしてくるだけ良心的な方かもしれない(されなかったらわからない、いや調べる方法はあるらしいがそこまでしたくない)が、勝手に私の書いた文章を使わないでくれ! ロクな文章じゃないのだから恥ずかしいじゃないか! って、問題はそこじゃなくて……。人の褌で相撲を取るなよ、自分の力で読者を増やせよ、ってことだ。以下、つらつらと罵詈雑言を書き連ねてみようかと思ったが、ここに書いたとてそれらがなくなるわけでもなし、やめた。問答無用で削除するのみだ。あ~あ。

頭を冷やして……。

ここから本題。

先日いただいたバトンで「あまり頻繁には更新されていない」というなんとも失礼なことを書いたサイト様で、ごく最近更新されたところがあって、もう本当に穴があったら入りたいという気持ちでいっぱい……(大汗)。すみませんすみません。そして、新作を読ませてくださってありがとうございます! ここに書いたって伝わらないのだけれど、だから先様にコメントすべきなのだけれど、どうも圧倒されるというか気後れがするというか、恥ずかしくて、なかなかコメントができない性質(たち)なので。(これはどこのサイト様に対してもそうで、書かせていただくときは2~3日考えて蛮勇奮って書くことが多い。それなのにいざ書くとワケのわからないものになるので、ますます書けなくなるという……。_ノフ○)

新作には退役後のキリコの心情が描かれていたのだが、なるほどそういうものかもしれないなぁと、しみじみ読ませていただいた。ここのところが私にとってキリコの一番の謎なので。ストンと腑に落ちる描写に、作者様の力量を見せ付けられた思いがしたし、一つの解答をいただいたような気もした。インターン時代のBJとの一瞬の邂逅もまた鮮やかで。静のキリコと動のBJが醸し出すハードボイルドな世界を堪能させていただいた。

結局、私が読みたいのはこういう作品なんだろうなと思った。作者さんの描きたい世界が原作と無理なくマッチしているもの。『BJ』という作品はいろんな味わいがあって実に「懐が深い」(←この表現はTさんからのパクリ。深謝)ので、その二次創作はコミカルなものからハードボイルドまでほとんどイケるんじゃないかと思う。ただ私がそこに求めているのはやっぱり原作の匂いなのだ。どんなシチュエーションでもパラレルでも(パラレルに関しては、原作者以外の人間が作ったものは全てパラレルと言えないこともないんじゃないかと思ったりする)、どこかに原作に繋がる匂いを探しながら読む。

私は原作至上主義で、原作を読むときにはキリジャとかジャピノとかを一切排除して読む。ジャピノは今でも無理だが(ごめん)キリジャも最初は受け入れられなかった人間で、いわゆるそういう関係の描写を目的に読む読者でもない。創作者さん達にとっては、そうあってほしくない読者の典型だろうと思いつつ、しかし二次創作の作品を通して気付かせていただいたことは数多くて、心から嬉しいことだと思いながらこっそり読ませていただいている。最近は各作家さん達が続々と新作を発表されて、じっくり味わうのに忙しい。目からウロコが落ちる解釈で衝撃的だった作品や虚虚実実の心理戦キリジャ等々。昨晩は「もぐり」と「やぶ」のTシャツに思わず笑ったり。

こういう人間だから、ますます先様に伺ってコメントを残すことに罪悪感を覚えて、こんな辺境ブログの片隅で愛を叫ぶしかないのだけれど、二次創作をされる方はやっぱり原作の最大の理解者であり研究者であられると思う。尊敬と憧憬の思いを込めて、これからも素晴らしい作品を見せていただきたいと願っている。

|

« きょうのニュースより | トップページ | (備忘録080828) »

「ブラック・ジャック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/141713/23297360

この記事へのトラックバック一覧です: 原作至上主義:

« きょうのニュースより | トップページ | (備忘録080828) »