« 黒の日 | トップページ | 手塚と赤塚 »

「お絵かきバトン」その2

トーレスさんから頂いたバトンのお題:「BJ de 制服」をアップします。せっかくなので9/6の日付にします。
また、次の方に回せないので、次の3項目にのみお答えさせていただきます。重ね重ねすみません。m(_ _)m

Bj_2

■この絵でこだわった所は?

何の制服を着せようか、迷いに迷いました。たまに逮捕令状なんか出される人なので、警官は絶対似合わない。自衛官、消防士とか機長、船長の制服、作業着、暴走族の特攻服(←制服か?)等々思い巡らしましたが、たいていお帽子やヘルメットがあるんですよね。BJにお帽子はトラウマ!→却下。そうすると……学生服しか残りませんでした。BJ高校3年生設定です。キリコも若返らせたことですし、まぁいいかと(理由になっとらん)。描くに当たってこだわったところは特にありませんが、いつまでたっても二色の髪が上手く描けません。orz

■回してくれた人の絵はどう思う?

トーレスさんは、私が覗かせていただいているBJサイト様の中で、一番男臭い絵を描かれる方です。“漢”という表現がぴったりの逞しいBJとキリコを、いつも惚れ惚れと拝見しております。それも、少年マンガのような荒々しい味わいから、乙女チックで繊細な雰囲気まで守備範囲が非常に広いのが驚異です。線がとても綺麗ですし、細部までの描き込みもハンパじゃないです。真似しようとしても、私のようなガサツな人間にはとても出来ません。心からご尊敬申し上げる絵師様です。

■描き終えての感想を

医学部合格目指して受験勉強真っ只中の黒男クン、卒業アルバムの写真撮影です。入学式以来はじめて、詰襟もちゃんと止めてみました。ゲラに笑うことを教えてもらったのに、そのゲラが隣にいないのが寂しいです。
この頃は、自分は真っ当な医者になるもんだと思っていただろうと思います。でも同時に、いつか仇敵に復讐を、と思っていたことでしょう。自分の未来の明るさと暗さに思いを馳せる、青春時代の一こまを描……こうとしたんです、わかってください(泣)!!

トーレスさん、バトンパスありがとうございます。お題が難しくて考えている時間のほうが長かったですが、楽しく描かせていただきました。これに懲りず、またよろしくお願い申し上げます。m(_ _)m

|

« 黒の日 | トップページ | 手塚と赤塚 »

「バトン」カテゴリの記事

「ブラック・ジャック」カテゴリの記事

コメント

ありがとうございました!
のっけからアイサツもなしにすんませんですトーレスす。このたびはわけのわからん御題付バトンをお受け取りいただきまして、ありがとうございましたでっす。
いやあ、制服。はい帽子がセット汗 トラウマ再発。とんでもねー御題シツレイいたしました御心労に心からお詫びを。
いやあその、BJに含蓄深きわかばさまなれば間少年にもきっと深き思い入れおありかと、ガクランBJを見せていただければとお願いしたシロモンでござりました。ミゴトにミゴトなポートレートにカンゲキでありまっす!
わあ、卒業アルバム……きっちり襟もボタンも閉めて笑 高校3年生。もっとも多感な世代おおおお。後数ヵ月後には制服を脱いで白衣に変わるのですなあ。幼さの残る顔つきながら意志の強さを感じさせる目元。きりっと太い眉と強い瞳。して、三国志キリコの鎧もそうでしたが、ボタンのディティールが素晴らしいです!詰襟のホックやカラーの質感、細部にわたる書き込みスバラシイす!しかし見れば見るほど印象深い青年になる一歩手前の少年の肖像。いやあええものを拝ませていただきました。
そしてあまりにももったいなきオホメにひたすらに縮こまっておりますです。あうあう。本当にムサクルシイブツをかくもお気に召していただき、もったいなくもこちらにて御掲示賜り、ただただ感謝申し上げますです。
このたびはよいものを見せていただきありがとうござりました~v 余談ですがわし、BJ(とキリコ)に特攻服は、いずれチャレンジしようかと2年前から目論んでおるです(蹴

投稿: torres | 2008年9月 7日 (日) 21時39分

トーレスさん
こちらこそ! 私にまでお絵描きのバトンパスありがとうございました。ヘタはヘタなりに大好きなBJ先生を一生懸命描かせていただき、楽しかったです。

ああ、制服は学生服でよかったのですね。ハズしたかも…と思っておりましたので、図らずもトーレスさんのご意向に沿えたことにホッと胸をなでおろしております。
はい! 学ラン黒男ちゃん、好きでございます。不良少年っぽくしてダーツ投げさせようかとも思いましたが、黒男少年は やんちゃよりはニヒリズムだろうと勝手に決めて、斯様な次第になりました。この頃から薄っすら生え始めた髭を毎日剃っていたんだろうなぁとか、それは遠い昔に見た父親の仕草を真似してるんだろうかとか、果ては、そもそも毎日どうやって暮らしているんだろうかとか、黒男少年の暮らし向きに思いを馳せながら描いておりました。
数ヵ月後には「地方の三流大学の医学部」に入学して、辰巳君や安東君や「誤診」君と同期になります。慌しくて甘酸っぱい高校3年生の雰囲気が少しでも出ていれば、と思います。おお、表情とボタンとディテールへの言及ありがとうございます。力及ばず感がありありですが、嬉しいお言葉が胸に沁みました。頑張って描いてよかったです!

また、たびたび美麗なイラストを頂きありがとうございます。拙宅のようなあばら家にゴッホの名画を置くが如きアンバランスさにいつも冷や汗が出ますが、図々しさが勝り、飾らせていただいております。m(_ _)m

おお、特攻服!! それは楽しみな! さぞ迫力があることでしょう。後ろで懸命に応援の旗を振らせていただきまする!!

丁寧なコメント、本当にありがとうございました。m(_ _)m

投稿: わかば | 2008年9月 8日 (月) 01時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/141713/23558520

この記事へのトラックバック一覧です: 「お絵かきバトン」その2:

« 黒の日 | トップページ | 手塚と赤塚 »