« 悪質迷惑メール | トップページ | 白人がなんぼのもんじゃ! »

手塚治虫生誕80周年記念出版物いろいろ

書店で『手塚治虫大全1,2』を引っ掴んでレジへ行ったら、店員さんが「これもでしたよね」と先日注文しておいた『手塚治虫アートコレクション』を既に用意して待っていてくださって恐縮した。先日の店員さんとは違う人だったのに。手塚関係図書が出ると目の色変えて買っていく客として覚えられてしまっているかも(汗)。それならば、と居直って「『芸術新潮』は入りましたか」と尋ねたら「ちょうどきょう入りました」とそれも即座に出してくださった。う~む、行動を読まれているような気がする(汗)。今月号は予約もたくさん入っていて売れ行きが良いそうだ。

というわけで、きょうは手塚関係の本に囲まれて嬉しい限り。以下、ちょっとだけご紹介。

・『手塚治虫大全1,2』は、以前にマガジンハウスから刊行された同名の本を光文社が文庫化したもの。全3巻に手塚のマンガ、小説、エッセイがまとめられている。まだパラパラとしか眺めていないが、BJ関係ではあのBJのマントについて書かれていた。そうか、あのマントは本来美女を2~3人包み込むためのものだったのか(笑)。

・『手塚治虫アートコレクション』は10月24日~11月10日にパルコファクトリーで開かれる「アート展『手塚治虫の遺伝子 闇の中の光』公式出展作品解説」だが、おなじみの手塚キャラが様々に表現されていて、とにかく眺めていて楽しい。BJ先生は……女だよなコレ。女体化ってやつだろうか。スペード型の泣きボクロに真っ赤なルージュ。わざと大げさに描いた傷。某様の女装BJを彷彿とさせる妖しい魅力満載の作品が1枚ある。他にも抽象画なのだけれども見事にBJ!という作品や可愛いピノコを描いたものなどがある。みんな手塚治虫が好きなのだなぁと嬉しくなる。

・『芸術新潮』11月号は「特集 生誕80周年記念 手塚治虫を知るためのQ&A100」。表紙はオレンジ色をバックに手塚キャラが大集合。あ~、ドクターキリコまではぎりぎり載っているが、彼の左、あと2人のところにBJ先生がいるはずなのに~。切れてる~。orz  というわけで表紙にBJ先生はいないが、中身ではちょこちょこ登場している。手塚ファンなら買っておいて損はないかなと思う1冊。

きょうはこれらの本の誘惑に抗しきれず、『BJ』語りをお休みして、ガンガン読みたいと思います。来週はちょっと気合を入れて頑張って書こうと思ってます。

|

« 悪質迷惑メール | トップページ | 白人がなんぼのもんじゃ! »

「ブラック・ジャック」カテゴリの記事

コメント

マントの中にっ!?ガクガク((((;゚Д゚))))ブルブル
黒男先生がそんな人だったなんてっ!!
何でわたしを入れてくれな(以下略

投稿: もりびと | 2008年10月28日 (火) 01時10分

もりびとさん
……ガッツだ!

投稿: わかば | 2008年10月28日 (火) 15時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/141713/24794133

この記事へのトラックバック一覧です: 手塚治虫生誕80周年記念出版物いろいろ:

« 悪質迷惑メール | トップページ | 白人がなんぼのもんじゃ! »