« 討ち入りでござる | トップページ | 『第六の大罪 伊集院大介の飽食』 »

BJ先生の身体能力

BJ先生がbjリーグのマスコットキャラ(?)になられたということで、来年は「にわかバスケファン」になりそうな予感がします。とりあえず、バスケ関係の雑誌には目を通そうと思います。ピノコが持っている先生の人形が欲しいですが、これは売っていないんでしょうか。この際、バスケットボールの模様も縫合痕仕様にすればよいのに。
http://bjleague.livedoor.biz/archives/51268197.html
佐藤公威選手(186cm)とそんなに身長が変わらないBJ先生。背ぇ高~い!(いや、それを言ったらピノコは……)。でもBJ先生にバスケットボールって似合わないですね。選手じゃなくて監督という感じです。以前は西武の試合で始球式なんかもしておられましたが、やっぱこの先生にはめっちゃキレよく踊っていただくのが一番かと(笑)。

さて、月曜日は『BJ』語り。きょうは、では、BJ先生とスポーツということで。

幼い頃から車椅子の生活で、爆発事故遭遇のあとは歩けるようになるまでに3年かかったというBJ先生。高校時代(だと思う)には授業にも出ずに(でも一応学校には来ているところをみると出席日数は欲しかったのだろう)ダーツの練習に明け暮れていたBJ先生。ダーツ以外にはおよそスポーツとは縁遠い印象がある。特に団体球技などのチームプレイは苦手そうな感じ……というか、高校の体育の授業以外ではやったことがないかもしれない。小学校中学校の体育はいつも見学だったのではなかろうか。一緒に遊ぶ友達も極めて少なそうだし、部活やっていた気配もないし。

しかし大人になってからのBJ先生が身体能力や運動能力に劣っているかというと、決してそんなことはない。シャチのトリトンから教わったスピード泳法で水泳は得意そうだし、悪漢との闘いでは見事な巴投げや手刀を決めていて柔道空手ボクシング等の格闘技にも強い。練習の甲斐あってダーツ改めメス投げの腕も抜群だし、どこで習得したものか射撃も抜群の腕前である。馬にも乗れるし『BJ2D』では大型バイクにも乗っていた。いやホント、いつ、どこで練習したのだ?

格闘技は不良少年時代のストリートファイトの実践で身につけたのかもしれないと思う。ピノコを人質に取られない限り、難局をその腕っ節の強さで切り抜けることも多いなかなかの武闘派だ。相手の攻撃を避ける瞬発力にも優れている。裏の世界とも交流の深いBJ先生のことだから、喧嘩の強さは必要不可欠なのだろう。

おまけに怪力の持ち主だ。「ハリケーン」でクロスワード氏をストレッチャーごとロープで井戸に吊るしてまた引き上げるという離れ業をやってのけている。いくら男でも一人では無理なんじゃないかと思うのだが、いわゆる火事場(台風場?)の馬鹿力ってやつだろうか。

足は速いのかな? 「ふたりのピノコ」では病身のロミちゃんに追いつけなかったが(笑)、「B・Jそっくり」では車に追われてもそこそこ逃げているから逃げ足は速いのかも。

また手先の器用さにおいては群を抜いていると思われる。でなきゃ、外科医なんてできないだろう。映画ではたしかピアノを弾いたりしていたのじゃなかったかな。

こうして見てみると、BJ先生の身体能力および運動能力は人並み以上と思われる。動かない身体に鞭打ってリハビリに励んだ成果であろう、見事に身体的ハンデは克服されている(精神的ハンデが残っていたことは「けいれん」や「20年目の暗示」に描かれたが)。また実際の整形外科の先生から伺ったことがあるのだが、2時間くらいの手術を毎日やっているとかなり足腰が鍛えられるのだそうだ。その先生はちょっと小太りだったので、内心(4時間やったほうがいいよ)と思ったものだが、そう言われてみれば一般的に内科の先生より外科の先生のほうが体育会系の体つきの方々が多かったように思う。毎日の手術という立ち仕事で基礎体力は鍛えられているのかもしれない。BJ先生なんか18時間なんてのもあるもんなぁ。この先もBJ先生はきっとメタボとは無縁だろう、というところで、本日はこれまで。

|

« 討ち入りでござる | トップページ | 『第六の大罪 伊集院大介の飽食』 »

「ブラック・ジャック」カテゴリの記事

コメント

…………。


あれ? 何書こうとしてたんだっけ(´・ω・) ←読んでる内に忘れた

投稿: もりびと | 2008年12月16日 (火) 10時38分

もりびとさん
(._・)ノ コケ

投稿: わかば | 2008年12月17日 (水) 00時19分

どうも、夢です
結構BJ先生、運動神経抜群ですよね。
格闘技系はわかばさまの予想であって
いるでしょうし、
射撃に関しては、
外国に行った際に練習したとかでは
整形手術やピアノの演奏からも見ると、芸術的能力が高くて 文武両道でもあって かなり憧れますねheart01 私と違って、高校の成績とかは、どれも(態度以外)良かったと思います。

投稿: 夢 | 2008年12月20日 (土) 17時32分

夢さん
こんばんは。先日は大変失礼をいたしまして。土下座m(_ _)m

BJ先生、文武両道ですよね。これで金の亡者でなかったら完璧なのですが(笑)。
格闘技はやはり実践で身につけたのでしょうかね。ご賛同ありがとうございます。めぐみさんを悪漢の手から守るときなんか、いかにも場慣れした感じですもんね。いや~、あの場では絶対に負けるわけにはいかなかったでしょうが、あっという間に3人くらい叩きのめしてますもんね♪ カッコいいです。惚れ惚れします。技もですけれども、相手に立ち向かうあの気迫なんかは、やっぱり実際の喧嘩で培ったもののような気がします。
射撃は、外国で……。そうかもしれませんね。マフィアのゴッドファーザーにも知り合いがいますし、ね。手ほどきを受けたのかもしれません。
>整形手術やピアノの演奏
美的感覚に優れていることも確かですよね。女優さんを整形手術くらいですから。ピアノは原作では弾いていませんけれども、手塚治虫の分身であるからにはきっと弾けるでしょう。モーツァルトのレコードも持っていますし、音楽にも造詣は深いと思われます。
学校の成績は、小学校のときはトップクラスだったと間久部が証言していますね。その後はわかりませんが、医学部に入れたのだからおそらく良かっただろうと思います。
夢さんも頑張れ! 人間、成績の良し悪しで判断されるべきではないでしょうが、努力したかどうかの目安にはなります。頑張ったときの達成感は良いものですしね。

投稿: わかば | 2008年12月21日 (日) 00時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/141713/26217082

この記事へのトラックバック一覧です: BJ先生の身体能力:

« 討ち入りでござる | トップページ | 『第六の大罪 伊集院大介の飽食』 »