« 2月22日 | トップページ | Oscar Statuette »

お休み、だけど…

きょうは『BJ』語りはお休み。でも、話題はみんなどことなくBJ関係(笑)。

●なんとかして「たちばな出版」の本を買って「ブラック・ジャックの日清焼そばプチU.F.O」をゲットしたいと思うのだが、近辺の書店ではどこもこのキャンペーンを張っていない。7月いっぱい探してみよう。あるいは、書店に本を注文すれば付いてくるかも。よ~~し! 余談だが、この出版社、なんだかいつもヘンテコなことをする。営業マンがコスプレ(と言うより仮装だアレは)しているのも変だし、営業車も変だ。そもそも本を買うとそれとはまったく関係のないオマケが付いてくること自体、変だ。今回の「焼そば」もその一環なのだが、グリコのオマケより唐突だ。

Photo しかしこの出版社、どうやら私とは浅からぬ因縁があるらしく、2004~2005のキャンペーングッズだった「赤影ラーメン」を、私は箱ごと(15個)ゲットすることができたという過去がある。『仮面の忍者赤影』で青影を演じた金子吉延さんのサイトでキリ番を踏んで、金子さんからサイン入りの本と一緒に頂いてしまったのだ。うん。今回も頑張ってみよう。「求めよ、さらば与えられん」だ。でもBJ先生には焼そばよりボンカレーのほうが似合うと思うんだけどな……。

●『チーム・バチスタの栄光』(海堂尊著)読了。私はTVドラマも映画も観ておらず、犯人を知らないので、ワクワクしながら読んだ。文章のキレとリズムが良く、一気に読ませる力を持っている。この上なく深刻なストーリーにもかかわらず、登場人物の描写が面白く、ところどころで大笑いもできる。心臓外科のお医者さんに言わせると取材不足な点があるそうだが、この作品の場合、要は登場人物それぞれの心理だと思うので、門外漢にはまったく気にならなかった。却って専門用語を並べて説明されたりしたら、こちらの読むリズムが崩れてしまいそうな気がする。以前読んだ『孤高のメス 外科医当麻鉄彦』(大鐘稔彦著)より楽しく読めた。

後半、破天荒な厚労省の役人・白鳥が出てきて話は一気に盛り上がるが、この人物に対しての好みは分かれるところだろう(笑)。嫌いではないが、私はそれよりもチームを背負って立つ桐生に惹かれた。外科医としての悩みやジレンマなど、BJを彷彿とさせるものがある。BJ先生が「けいれん」や「20年目の暗示」で経験した恐怖というのも、こういうことだったのかなと思う。

2009kanchu ●トーレスさんから「寒中見舞いフリイラ」を頂いてきました。(^m^)ぷぷぷ。画面にぎっしり総勢11名がつまった力作です。きっと42.195㎞先に患者が待っているのでしょう。BJとキリコ、どっちが先にゴールするかで患者の運命が決まるのかもしれません。どちらも必死の形相です。どっちも頑張れ。第2グループに白拍子と琵琶丸がいますが、琵琶ちゃんの余裕綽々ぶりに引き換え白センセはもはやバテバテの様子。脱落も時間の問題のようです。白バイに乗っているのは友引警部(ばんざ~い)。トレードマークのローソクをあしらった特注白バイで粛々と先導しております。渋いです。そして実況解説が山田野・本間コンビ(最高だ!)。浅草先生あたりだと「20㎞も走ればBJの脚は動かなくなる」なんてとんでもねーこと言い出すに決まっているので、この人選は嬉しいですね。でも興奮しすぎて血管切れないかちょと心配。そしてそして、中央部で盛んに声援を送っているのが、めぐみさん、ピノコ、小蓮、ユリの美女連。可愛いです美しいです。どの部分を見ても微笑ましくて見飽きません。トーレスさん、楽しいイラストをありがとうございます~~♪

ゴール直前、BJが先を行くキリコにタックルかまして転ばして、その隙にテープを切るような気がします(笑)。

|

« 2月22日 | トップページ | Oscar Statuette »

「ブラック・ジャック」カテゴリの記事

コメント

そうそう、うちの母様が、手塚作品を売ろうかと検討しているのを思い出したとです。
わかばさんならほとんどお持ちかと思いますが、何か探しているのがあったら言ってみてくらはい。
言ってもらってもこちらに無いかもですが……。


愛情を注いでくれる人に持っていてもらった方が本も喜ぶでしょうし、それならばダンタリアンにも怒られることはないでしょうから。

投稿: もりびと | 2009年2月24日 (火) 01時02分

もりびとさん
おお! なんとも有り難いお申し出ですが、いまのところ、これといって欲しくてたまらないというものはありません。『BJ』さえ揃っていれば一生持ちますので。今回はありがたくご遠慮させていただきます。ありがとう。m(_ _)m

あ! もしお母さまが「少年チャンピオンコミックス」の『ブラック・ジャック 4巻』をお持ちでしたら、確認なさってみてください。「植物人間」が収録されているようでしたら、それを処分なさるのはもったいないです。もりびとさん、是非いただいておかれたほうがよいですよ。オークションでも5千円くらいの値が付いています。

投稿: わかば | 2009年2月25日 (水) 00時44分

おじゃまします。
わかば様の記事を拝見しまして、「どーしても欲しい!」と出版社にキャンペーン参加書店を問い合わせ、どうにか入手いたしました。
しかしながら店頭に置かれた書籍が占いや霊魂関係ばかりで、ふだん読みつけない分野故にかなり迷いました。
そして手に入れたものの、もったいなくて食べられないかもしれません。
ああ、でも永久保存は無理でしょうし迷います~。

投稿: pn | 2009年3月 1日 (日) 14時03分

pn さん
おお! ゲットされましたか。羨ましいです。出版社に問い合わせまでなさるとは、あっぱれな行動力でございます(拍手)!
>占いや霊魂関係ばかりで、ふだん読みつけない分野
お察しします。私も対象書籍の一覧を見て、呻りまくりましたから(笑)。
>もったいなくて食べられない
私もそう思います。赤影ラーメンも結局1個だけ封も切らずに保存しています。中がどうなっているかは想像したくありません。当時もどうしようかということが赤影ファンの話題に上ったのですが、底をくりぬいてなんとか中身だけ出すという意見もありました。
今回は、まぁ中身はU.F.Oと同じでしょうから、味はわかっていますよね。永久保存しましょう!

投稿: わかば | 2009年3月 2日 (月) 00時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/141713/28329538

この記事へのトラックバック一覧です: お休み、だけど…:

« 2月22日 | トップページ | Oscar Statuette »