« わかる人だけわかってネ | トップページ | 『ジェネラル・ルージュの凱旋』 »

英語でも舌足らず

“DOCTOR, DON'T WOWWY ABOUT IT TOO MUCH OR YOU'LL GO GWAY, YOU'RE ALWEDDY HALFWAY THERE.  EAT UP OR I'LL CLEAR THE TABLE ...”

上は某所で見つけた『BJ』英語版の中のピノコのセリフ。どのエピソードのどの場面かお判りだろうか。

正解は「ときには真珠のように」の「先生 気にちてたら シヤガになゆわのよ れも もう はんぶんシヤガらけろね はやくたべないと かたじゅけまちゅのよ」である。

worry → wowwy
gray → gway
already → alweddy

となっているところをみると、英語版ピノコはどうやら「r」の発音ができないらしい。また、musn't get upset → mushn't get upshet のように、余分な「h」が入っていることが多いとか。いわゆる幼児語ではなくて、文法も単語も正しい、ただ舌足らずなだけ、というピノコのセリフには、こういう英訳がされるのだなぁと興味深かった。

ちなみに「アッチョンブリケ」は訳されていないそうだ。「アッチョンブリケ」「しーうーのあらまんちゅ」「あちーのぷあんさー」「トンデモデレデのテッチョーブクロ」……日本語でさえ意味がわからないのだから、英訳のしようがないんだろうな(笑)。

【きょうのエントリは、愛するrさんが「ピノコの舌足らずは可愛い」と書いていらしたのを読んで、急に思いついて書いてみました。本当はお休みしようかと思っていたのですが、つい(笑)。

片付けてしまいたいこともあり、今月はちょっと忙しくなりそうなので、明日からの日記は不定期になります。また完全復活した暁には、遊んでやってください。m(_ _)m】

|

« わかる人だけわかってネ | トップページ | 『ジェネラル・ルージュの凱旋』 »

「ブラック・ジャック」カテゴリの記事

コメント

わ~~~!!ピノコちゃん、英語になっても舌足らずなのですかーーっ!!!笑
可愛いです~キュンキュン!!
「r」の、口をすぼめるまでは出来ても、上手に舌が巻けない(?)から、「w」になっちゃうってことですよね…っ!くはあーかわいいーーー(興奮おさまらず)!!!
「どんうぉーうぃー」vvvvvvvきゅんっ!!
余分な「h」vvvvvvきゅんきゅんっ!!

ちゃんとピノコ口調と言うかピノコ語?を、英訳しようとしている姿勢に拍手喝采な気分です。
でもやっぱり「アッチョンブリケ」はそのままなのですね…(笑)ピノコ語はワールドワイド!世界共通!!(でも誰もちゃんとした意味を知らない・笑)

すすすすす、すみません、お忙しくなるとおっしゃっているのに、あんまり嬉しくってつい、湧いてしまいました…(土下座)
楽しい舌足らず語りを、ありがとうございましたvvv

以上、わかば様をめっちゃ愛ちてゆwomiでした~v

投稿: womi | 2009年3月 4日 (水) 01時22分

womi さん
コメントありがとうございます。お返事遅くなってすみませんッ! m(_ _;)m こちらこそwomi さんの語りを楽しませていただきました。ありがとうございます。

そうなのです。ピノコは英語でも舌足らずなのです。BJ先生の設計ミスです(笑)。

>ちゃんとピノコ口調と言うかピノコ語?を、英訳しようとしている姿勢に拍手喝采な気分
本当に、そうですよね。普通に流暢な英語を喋っていたらピノコの魅力が半減するところですが、彼女が抱えているものをちゃんと翻訳してくれて、しかもそれが可愛いというのは、『BJ』の魅力、ピノコの魅力を充分に判った人が訳してくれているのだなぁと嬉しくなります。

以前に『アルジャーノンに花束を』を読んで、その日本語訳の工夫に、同じように感激したことがあります。主人公の知能が低いときには、ひらがなが多くて、漢字が使ってあっても間違ったりしていたのが、知能の発達とともにきちんとした正確な文章になっていくのです。おそらく原文もそのようになっていると思うのですが、そういう、元の文章が醸し出す雰囲気をそのまま他言語に訳すのはきっと難しいことだろうと思います。それを、ピノコに対してちゃんとやってくれているのは、本当に嬉しいことです。

英語以外の版ではどうなっているのでしょうね? 常々読んでみたいと思っているのですが、機会がありません。中国語ならどうなっているのか、ドイツ語なら……。ドイツ語版で「アッチョンブリケ」が“Achzion-brucke”、「しーうーのあらまんちゅ」が“Schwerner Armanche”になっていたら大笑いするんですけどね(笑)。こんなドイツ語や病気、ありませんよねえ。

womi さんに倣って「わかば」をピノコ語にしようと思ったら、「これピノコ発音できるわ……」と、なんだかくやちいよのさ、な、わかばでした。

投稿: わかば | 2009年3月 5日 (木) 11時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/141713/28444860

この記事へのトラックバック一覧です: 英語でも舌足らず:

« わかる人だけわかってネ | トップページ | 『ジェネラル・ルージュの凱旋』 »