« 飽きるほど絵を見た | トップページ | 仏像や武将がブームだそうだ »

『BJ』連載

「週刊少年チャンピオン」を買う。『BJ2009』連載2話目。謎めいた外科医が出てくる以外は1話目との関連はほとんどない。ふぅん……。

手塚治虫という人は話の構成力に優れていたのだとつくづく思う。各エピソード20ページ足らずの間にドラマチックな盛り上がりと読後の余韻を持たせるだけの内容を盛り込んでいる。どなたか漫画家さんが言っていたが、「描きたいことを、10ページでも描ける人がいる、50ページでも描けない人がいる」という指摘にはなるほどと思う。手塚治虫ならたとえ4コマでも描ける力があったのだろう。

それにしても、毎週『BJ』が読めるというのは嬉しく有り難いことではある。そして、本家本元の連載を毎週読めた時代に生まれたことに改めて感謝せずにはいられない。

そこでふと気付いたのだが、私が『BJ』に関して二次創作および妄想すらできないことの原因の一つは、この「毎週『BJ』の新作を読むことができた」という経験に由来するのではないかと思う。「チャンピオン」を立ち読みして帰って、1週間反芻して考えているうちに、嬉しいことにもう次の新しいお話が出たのである。BJ先生もピノコもドクター・キリコも現在進行形で存在していたのだ。下手に妄想などして誰かと誰かをくっつけたり引っ剥がしたりしても、そんな設定は次の週のお話でひっくり返される可能性だってあったわけだ。だから、ただただ描かれている世界だけに酔っていた、ような気がする。

当時はそれが普通の読み方だったと思う。今の時代なら……、この2話目が出た時点で、BJとあの謎の外科医をくっつける試みが必ずなされると思う(笑)。

【追記:↑いえ、それが決して悪いことだと言っているのではありません。各人の自由です。ただ単に、今はそういうジャンルがしっかり確立されているという、そういう時代の変化が言いたいだけです。】

|

« 飽きるほど絵を見た | トップページ | 仏像や武将がブームだそうだ »

「ブラック・ジャック」カテゴリの記事

コメント

わかばさんの妄想力は抜群だと思うんですが……それでも二次創作が出来ないのが悔やまれるとっ((((;゚Д゚))))

投稿: もりびと | 2009年5月16日 (土) 03時34分

もりびとさん
いやぁ、照れますhappy02(違
当時BJとめぐみさんで妄想していたら、ちょっと後にBQが登場して見事にひっくり返された苦い経験がありまして、それ以来妄想に関してはご法度になりました。

投稿: わかば | 2009年5月17日 (日) 00時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/141713/29616603

この記事へのトラックバック一覧です: 『BJ』連載:

« 飽きるほど絵を見た | トップページ | 仏像や武将がブームだそうだ »