« meteor | トップページ | ホットフラッシュ »

『マイケル・ジャクソン 愛と哀しみの真実』

『マイケル・ジャクソン 愛と哀しみの真実』を観た。私は特別彼のファンだったわけではないし、いったいどういう人だったのだろう?というくらいの興味で観たら、なかなかに見応えのある番組で、考えさせられることも多かった。

彼の児童虐待疑惑がどのように捏造されていったかを再現ドラマで見せる構成だったが、マイケルを演じた人がとてもマイケルに似ている綺麗な人でまずビックリ。サスペンスドラマを見ているような感覚で、どんどん事件の深みに嵌っていくマイケルをだんだん可哀想に思い始め、彼が無罪判決を勝ち取ったときには本当にホッとした。

きょうの番組で描かれたことが真実かどうか、それは私には判断できない。当時マイケルがマスコミからあれだけバッシングされたときに(それで彼はだんだんと薬物に依存するようになっていったのだが)、多くの人々がその報道を鵜呑みにしてしまったように、きょうの番組を観てその内容を丸ごと信じることはまたその轍を踏むことになるかもしれないという危惧はある。ただ、印象としては、彼は「白」だ。

人の悪意とか限りない欲望の恐ろしさとかをまざまざと見た思いがする。また、警察もマイケルを陥れようとする一派の片棒を担いだ感がある。虐待されたという少年への質問などはどう見ても誘導尋問だ。未成年者への虐待は決して見逃してはならないことではあるが、そしてそれは詐欺や恐喝を見逃すより重大なことかもしれないけれども、真実を捻じ曲げようとする作為には怒りを覚えた。

裁判の様子なども興味深かった。検察と弁護士との証拠の出し合いと潰し合い。腕の良くない弁護士なら負けていたかもしれないと思うと、裁判というもののあり方をも考えてしまう。法廷とは真実を明らかにするところなのか、それとも原告・被告、検察・弁護人の双方の立場で勝ち負けを争うところなのか。いつ自分が裁判員に選ばれるかもしれない今日、それは決して他人事とは思われなかった。

裁判には多くのビデオ録画が証拠として採用されたようだ。芸能人を巡る事件なのだからそれも頷けるところではあるが、いかにも現代的な証拠品だという印象を持った。ちょっと前にも、子どもが気球に乗って飛ばされてしまったとでっち上げたバカ家族がいたが、ビデオの中である役割を演じることで、マスコミに取り上げられて有名人になることをステータスだと思うバカさ加減にはほとほと呆れ果てる。マイケルに虐待されたと言った少年とその家族も、目的はそんなところだったんじゃないかな。

華やかで甘いケーキに群がって恩恵に与ろうとする害虫たち。人々に夢と希望を与え続けようとした一人のアーティストは、そんな狡猾な悪人たちの前に無防備に、そしてあまりにもピュアに、ただ立ち尽くしていたように見えた。

|

« meteor | トップページ | ホットフラッシュ »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/141713/32636155

この記事へのトラックバック一覧です: 『マイケル・ジャクソン 愛と哀しみの真実』:

« meteor | トップページ | ホットフラッシュ »