« 大人が夢見てもいいんですね。 | トップページ | (備忘録100420) »

知名度

月曜日は『BJ』語り。

『手塚治虫文庫全集』の今月の配本分に『三つ目がとおる』と『ミッドナイト』があったが、そのどちらにもBJ先生が登場していた。『三つ目がとおる』では写楽の額の眼を手術で取り去ろうとする話の扉絵に。また『ミッドナイト』にはもともとBJ先生は準主役級で登場しており、ストーリーを奇想天外な結末にした張本人なのだが、今回見たのは噂話に出てくる先生。世界的な大脳医学の権威・ボストン大学のリーゼンバーグ教授が「ブラック・ジャック? 名前は知ってる…世界的な外科医だ」と発言している。『BJ』という作品だけでなく、他の作品にも有名な外科医として登場しているというのは嬉しいね♪

考えてみると、BJ先生は世界で一番有名なお医者さんではないかと思う。「単行本は新書版・文庫版・ハードカバー等を含めた発行部数が日本国内で4564万部(2007年8月現在)、全世界で1億7600万部(2000年度末時点)に達している(Wikipedia より)」というのだから。全世界でざっと2億人もの人がBJ先生を知っているというのはすごいことじゃないかい?

さて『BJ』シリーズの中では、先生はどれくらいの知名度があるのだろう。医療関係者や、BJに依頼をする患者とその家族は当然知っているわけだが、それ以外の一般人には? 思いついたものを挙げてみると……。

「赤ちゃんのバラード」のスケバン、マギー。「あれはブラック・ジャックってお医者なんだよ。話に聞いたけど あいつヤバい商売してるってさ。しかもモグリ医者なんだ」と、かなり正確に知っている。マギーはBJ先生の地元に住んでいるようなので、BJ先生、地元ではけっこう知られているのかも。

「ピノコ還る」の泥棒、源さん。「ここの先生はそうとう荒かせぎをしてんだってな」。源さんもBJ先生の地元の人間。うん、やっぱ知られてるんだナ。

「震動」の八つぁんのご近所さん。「あの 例の ブラックなんとかいうイカサマ医者じゃねえか。あのキズあとで話聞いたことがあるぜ」「手術はやめたほうがいいぞ。一千万ぐらいフンだくるそうだ」。これは地元かなあ?「例の」と言っているところをみると、しょっちゅう噂に上っているようだ。

「スター誕生」の杉並井草。「私をたずねて家出したなんて…いったいどういう気かね?!」「でも 先生 日本一の手術するんでしょっ。だから あたしの顔 変えられるでしょっ」。なんと、先生の名声は田舎の小娘にも轟いているのであった。

「木の芽」の茂少年。「この人お医者なんだ。世界一のお医者だよ」。茂はBJの住所も知っているようで手紙を出している。

「電話が三度なった」の慎ちゃん。「ブラック・ジャック先生かね。無免許で治療代を何百万もとる恥知らずのインチキ先生かい」。わあ、散々な言われよう(笑)。

「おばあちゃん」のおばあちゃんとその息子。「サンパツ屋のところにおいてある子ども雑誌で ときどきお見かけしますよ」「ずいぶん高い医者代をとるんだろ この人」。息子は散髪屋に置いてある雑誌で知ったとしても、このおばあちゃんは何故BJのことを知っていたのだろう。たぶん、名医だと知っていたのだろうな。

「身の代金」の誘拐犯。「仲間に聞いた いい医者がいるんだ。こいつだ…モグリだが金さえ出しゃどんなキズでも治療するって…おまけに口のかたい男だそうだ」。一般人でない裏稼業の世界では、言うまでもなくよく知られている。「海のストレンジャー」なども。

「ある教師と生徒」の村正先生。「ブラック・ジャック先生?(中略)切らないでなおしてもらえるのは先生だけだとききました」。村正先生は公衆電話ボックスの電話帳を調べてBJに電話を掛けている。「切らないでなおせる」とBJを推挙したのは誰だったのだろうか。他の医者だろうか(アニメでは手塚医師ということになっていた)。あるいは、巷にそういう噂が立っているのか。また、この電話帳は50音順か職業別か。「ブラック・ジャック先生?」と言っているところをみると、「間黒男」ではなく「ブラック・ジャック」で載っているのだろうか。「えらばれたマスク」で、BJの父親が電話を掛けてくるが、「黒男かい」と言われて「いいえ うちはブラック・ジャックです。(中略)とにかく黒男なんて名前の人間はいませんよ」と答えているところをみても、どうやら「ブラック・ジャック」で載っている可能性のほうが大きそうだ。

引用はここまでにするが、BJ先生、けっこう有名人だ。個人的には「震動」で八つぁんの仲間たちが知っていたことが微笑ましくて好きだ。彼らも散髪屋で知ったのだろうか?(笑)

結論のないまま、ここで時間切れです。

|

« 大人が夢見てもいいんですね。 | トップページ | (備忘録100420) »

「ブラック・ジャック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/141713/34302989

この記事へのトラックバック一覧です: 知名度:

« 大人が夢見てもいいんですね。 | トップページ | (備忘録100420) »