« バトンを頂戴しました | トップページ | (備忘録100521) »

BJ vs ドクター・キリコ

朝鮮半島情勢も気になるが、きょうはやっぱりこの話題。『ブラック・ジャック2010』連載2回目(最終回)を読んだ。

安楽死を依頼した牧野のプレイを観戦するドクター・キリコ。そこにブラック・ジャックがやってくる。「私がいる以上 牧野に手は出させない(中略)お前はこの段階で私に発見をされるという失策をした」。キリコが言う。「プロには失策という文字があってはならない…(中略)牧野は(中略)ベッドどころかコートを一歩たりとも離れたくないそうだ。つまり…失策したのはアンタの方ってことさ」。

なるほど、ドクター・キリコは既に手を下していたのだ。阻止するためには試合直後にコートに飛び込んで緊急手術をするほかないわけだ。

うん、なかなか面白い筋書きだったと思う。プロのバスケット・プレイヤー、プロの安楽死医、プロの外科医という、その道のプロフェッショナル同士がそれぞれの思惑でぶつかっている。各人のセリフも思いっきり気障でヨロシイ。ただ、キリコ……。プロを自認するならBJに手の内を明かしてはいかんよ(苦笑)。

それと、キリコが行った処置だが、そんなことが本当にできるの? @_@オドロイタ

|

« バトンを頂戴しました | トップページ | (備忘録100521) »

「ブラック・ジャック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/141713/34795337

この記事へのトラックバック一覧です: BJ vs ドクター・キリコ:

« バトンを頂戴しました | トップページ | (備忘録100521) »