« 秘すべきもの | トップページ | 「ジェネラル・ルージュの凱旋」感想 »

言い訳

BJ先生の様々な言い訳や理由付けのセリフを集めてみました。言っている相手は、作中の登場人物だったり、自分だったり、読者だったりします。以下、思いついたものから順不同です。

「壁」
医者なんてのは一万もある病気のうちせいぜい千ぐらいしか治せん。

『ミッドナイト』ACT.11
そりゃあ私は人間の大脳と馬の大脳をとりかえたこともあるし 他人の脳ミソとチェンジしたこともあるけどな。だが… そんなことはマンガだからできるんだ。手塚治虫というバカがかくんだからこっちは責任はない。

「なんという舌」
ねえあんた。全国にはりっぱな腕につけかえられない子どもがゴマンといるんですぜ。村岡くんは特別な例なんだ。村岡くんの記事を書けば そうでない子どもたちがうらやむだけでしょう。

「99.9パーセントの水」
流れ星になって十…二十…と毎日消えていくように見えても 星の数はいっこうにへらない。病気ってやつは この星空みたいなもんだねえ。なァ 妹さん。

「フィルムは二つあった」
あれはマグレなんですよ!! なおらないと村長が首を切って煮るというからガムシャラに……。

「土砂降り」
私はゴロツキでね。医者の世界ではハナツマミ者なんです。結婚なんてできる身じゃないですよ。

「報復」
ほっといてください。私は ルールってやつがきらいでしてね。ワクにはめられた医者になりたくないのです。

「誘拐」
ピノコはただの娘さ……。それにひきかえ大統領には二十万ドルの札束がついてる。

「白い目」
モグリの医者が資料なんかつくったって…役に立ちませんよ。こんなりっぱな病院ではねえ。

「金!金!金!」
(医師免許を)とったら 金を人に貸すほどたまらなくなりますよ。ウフフフ……。

「殺しがやってくる」
うらみを買うのはなれてるよ。

「キモダメシ」
何度もいってるように 私は今 ただの客でね。道楽ならやるが商売はしたくない。

「満月病」
きみが美しいからな。

「人間鳥」
ひとことだけ…いいたかった……あなたは…私の母に…そっくりだったんだ…。

「モルモット」
そんなことてれくさくっていえるかいっ。おれの子どものときの顔に似てたからだなんて……。

等々。BJ先生の場合、こういう言い訳めいたセリフに本心が覗いているような気がします。

また、先ほどGさんとおしゃべりしていて気付かせていただいたのですが、先生が手術代に大金を要求するのもひとつの言い訳ではないかと。どういうことか、ちょっと回りくどいですが説明しますと……。作中で先生は多くの「母親」を救っていますが、これ、先生にとっては複雑な思いがあるのではないかと思うのですよね。自分の母親はけっきょく助からなかった。でも、いま目の前にいるこの母親は自分の手で治してやれる(「おばあちゃん」とか「小さな悪魔」とか)。そんなとき、先生の心の中にはその母子に対して「羨ましい」という気持ちもあるのではないかと。だから「命を救うのだからこれくらいはもらったっていいだろう? 私の母親は助からなかったんだぜ?」という気持ちで大金を請求しているのだとすれば、その行為自体が心の隙間を埋めるための言い訳であるとも考えられる、と、そういうことです。

時間がなくなりましたので、きょうはここまで。何のオチもなくてすみません。

|

« 秘すべきもの | トップページ | 「ジェネラル・ルージュの凱旋」感想 »

「ブラック・ジャック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/141713/35401462

この記事へのトラックバック一覧です: 言い訳:

« 秘すべきもの | トップページ | 「ジェネラル・ルージュの凱旋」感想 »