« 今度は骨折だ | トップページ | 風邪を引いた »

(備忘録101222)

ドクターの話を聞きに行く。いまの状態での手術は危険性が大きいとのことで、手術の予定は白紙になった。舅さんはガッカリしている(何しろ骨折しているままなので動くと痛いのだ)が、手術をすることで命を縮める可能性もあるとのことなので、仕方がない。

どっちがよりベターなのかわからないが、とにかくきょうも一つの小さな判断を下したということだ……。

|

« 今度は骨折だ | トップページ | 風邪を引いた »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

あらら…こちらを先にお読みすればよかった。いつも前回の続きから順番に読ませていただいて(←勝手なルールです・笑)いるので…申し訳ありません。

そうですか…手術は見送られましたか。舅さまの「今の状態」というのがわからないのですが…おそらく手術そのものに耐えうるまで全身状態が安定していないということなのでしょうね。今後の治療方針をお聞きになられていますか?『保存的に進める』のか『全身状態が回復次第手術をする』なのか…いかがでしょう。

あ…おせっかいですよね。どうしても専門領域のことになると放っておけなくて。

舅さま…お大事になさってくださいね。

投稿: くるみ | 2010年12月24日 (金) 12時02分

くるみさん
ご丁寧なコメントとお心遣いに感謝いたします。どうもありがとうございます。m(_ _)m

骨折に関しては、くるみさんがお書きになったとおりの状況です。さすがプロはあれだけの記述からでもわかるんですねぇ~、すごいです(感嘆)。

舅殿は肝臓の状態がとにかく悪すぎて、腹水も貯まっているし、腎臓や心臓も弱っているのです。そもそもは肝臓にできた腫瘍を取るために病院に掛かったのですが、腹水等の全身症状の改善が見られずそっちの手術もできないうちに今回の転倒とあいなりました。
本人も「しまった~……」と悔やんでいるようですが、しかたがないと諦めるしか手がありません。現在のところ、今後劇的に状態がよくならない限り手術は無理という見通しが立っています。
老人が転ぶと命にかかわるという話はよく聞きますが、まさに今そういう状態なのだろうと思います。動けなくても、痛みが少しでも治まればよいのですが。今後は家族で協力して、少しでも安楽に余生が送れるように心掛けようという話をしているところです。私も頑張らねば! です。取り敢えずは、風邪を早く治さないと……。
ご心配をお掛けして、申し訳ありませんでした~。m(_ _)m

投稿: わかば | 2010年12月24日 (金) 22時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/141713/38178406

この記事へのトラックバック一覧です: (備忘録101222):

« 今度は骨折だ | トップページ | 風邪を引いた »