« 『“邪馬台国”を掘る』 | トップページ | (備忘録110125) »

BJバトン

久々にバトンをやってみようと思います。出典はコチラ

【ブラック・ジャックバトン】

手塚治虫氏の名作、ブラックジャックもとい間黒男について質問します。
準備はおkですか!
※BL要素がかなり入っています、ご注意ください

Q1.ブラック・ジャックの本名、間黒男について語ってください。

ふむ。名前について語るのですね。はい、了解。
普通の神経の親ならまず付けない名前だと思いますね。「黒」って決して印象の良い色ではありませんから。以前に命名騒動のあった「悪魔」ほどではないにしろ、子供の福祉を害する可能性が無きにしも非ず、だと思います。
親(たぶん父親)がどうしてこういう命名をしたのかを憶測すると、黒男が生まれた頃から既に夫婦仲はギクシャクしていたのかもしれないと思ったりします。待ち望まれて生まれた子どもではなかったのかも。ブッダが、生まれた息子にラーフラ(障害という意味)と名付けたことを思い出したりします。いずれにせよ、幸せいっぱいの人生というよりは苦難の人生を歩みそうな名前だと思います。「苦労」と音も似てますしね。
他方、手塚先生の命名センスから考えると、「まっくろおとこ」の駄洒落から付けられた名前と見るのが妥当かと。白拍子泰彦なんてカッコいい名前を付けてもらった人もいるのにね。先生ちょっとお気の毒ではあります。でも「クロちゃん」という愛称は可愛らしくて好きです。

Q2.黒男くんはかわいいですか、カッコイイですか。

これは「黒男」と「BJ」を分けて考えろということなんですかね。そう解釈して回答します。
少年時代の黒男くんは可愛いですね。寂しげでどことなく自信のなさそうな少年の姿には胸がキュンとなります。
大人になってからの「黒男」の部分には、ちょっと危うさを感じます。母親の敵討ちを心に秘めているのはBJではなくて黒男ですから。

Q3.黒男くんは攻めですか、受けですか。

来た来たBL要素(笑)。
んなこと訊かれたってわかるわけないですが、「攻め」はないと思うな~。黒男は被害者的イメージが強いです。

Q4.黒男くんの学生時代の間久部くんについてどう思いますか。

「学生時代の友人・間久部くん」ですね。格別どうも思いませんけれども、間久部がグイグイ引っ張って行くのに黒男が付いていったという感じがします。なにしろロックはオレ様ですから(笑)。

Q5.ブラック・ジャックのライバル(?)、キリコについてどう思いますか。

私のキリコに対する第一印象は「怖い男」でした。二次創作やパロディを読んでは、なんでこんなにキリコがアホ化しているのかと悩んだくらいです。医者なんだよ。なのに患者を殺すんだよ。怖くないですか? その背負っているものとか精神状態とかを想像しても、私はやっぱり今でも怖いです。

Q6.あなたはキリジャかマクジャか白拍子×黒男か辰黒、どれ派ですか?

ふむ。BJ先生は「受け」で決まりのようですね(笑)。
この選択肢の中ではキリジャです。二人の力関係がそうだと思うし、この二人をひっつける必然性はありそうだと考えています。
マクジャ、辰黒はぎりぎり容認できますが、白拍子×黒男ですって? この二人の間に愛があるとはとても思えない……。

Q7.黒男くんはハッキリいってえろいですよね!色気ですぎですよね!

エロいと言うとなんだか即物的で嫌なんですが、色気はありますね。あのバサバサの睫毛はもう犯罪の域ですし。堂々としてるときもぼーっとしてるときも、それなりの色気を醸し出していると思います。てか、もう、どんな先生でもとにかく可愛くてたまらんです。←おばさん的発言

Q8.キリコさんの妹、ユリさんについてどう思いますか。

何を突然……(笑)。
電柱の陰からこっそり覗いている飛雄馬の姉・明子さんのような人だという印象です。ひっそりとした影の薄い人だなぁ~と。

Q9.黒男は獣化すると兎?猫?はたまた狼?

意味不明……。「獣化」というのはつまり「動物にたとえれば何?」ということなんでしょうか。そう解釈して回答します。
シェパードとかドーベルマンとかの精悍な大型犬。

Q10.何の話が一番すき?

「めぐり会い」です。理由を語り始めると長いので、語りません(笑)。

Q11.お疲れ様でした、最後に回す方をどうぞ

どなたでも、どうぞお持ち帰りくださいませ。

------------------------------------------
今夜の『水戸黄門』は松江でした。せっかく楽しみにしていたのに気象条件が悪く、TVの映りが悪いのなんの(泣)。それでも、松江城や嫁が島などが見られて嬉しかったです。隆大介さんが凄腕二刀流の剣士で出ておられました。カッコよかったです♪
夫は、ちゃっかり八兵衛を見て「こいつか……」と一言(←とても失礼)。国分佐智子さんのファンなのです(笑)。先週放送分に三平さんと国分さんが出ておられましたが、まさかこういうことになろうとはねぇ~。ご婚約おめでとう♪

|

« 『“邪馬台国”を掘る』 | トップページ | (備忘録110125) »

「バトン」カテゴリの記事

「ブラック・ジャック」カテゴリの記事

コメント

わかばさんこんばんは^^
いつもお世話になりありがとうございます^^@
久々のバトン、いただきました♪
久々ついでに?TBなど送ってみたのですが、
失敗したのか時間がかかってるのか今の所反映されてないみたいです^^;

>「クロちゃん」という愛称は可愛らしくて好きです。
そうですね、くろちゃん、って可愛いですよね^^
くろちゃん、って呼ばれる黒男くんがまた可愛いんだ~vあの可愛い黒男くんが学生服を着たらとたんにきっつい目つきになるんだから、
その間に一体何があったんだろ?いやそうもなるよね、と事故後の黒男くんはわからないことだらけで想像がふくらみますよね^^
ではでは楽しいバトンをどうもありがとうございました♪

投稿: 神無月 | 2011年1月26日 (水) 21時44分

神無月さん
こちらこそしょっちゅうお世話になっております。m(_ _)m
バトンをお受けくださり嬉しいです。ありがとうございます。TBもうまく反映されているようですのでご安心を。
ほんと、久々のバトンでしたね。このバトンではBJではなく「黒男くん」と呼んでいるのが新鮮でした。
>あの可愛い黒男くんが学生服を着たらとたんにきっつい目つきに……
そこが良いじゃあ~りませんか(笑)。そこそこグレた経験があるというのはポイント高いです♪
>事故後の黒男くんはわからないことだらけで想像がふくらみますよね^^
そうですね。きっとファンがそれぞれに黒男少年像を想像していることでしょう。手塚先生が謎のまま残しておいてくださったおかげですね。
後ほど回答拝見に伺います。コメントありがとうございました♪

投稿: わかば | 2011年1月27日 (木) 13時23分

わかば様

はじめまして。あおと申します。

年末年始に実家に帰省した際、数年ぶりでBJの文庫版を読み返したら熱が再燃し、あちこち巡っているうちにこちらにたどりつきました。

以前は特に好きでも嫌いでもなかっためぐみさんがなんだか無性に気になって、めぐみさんについて書いてあるサイトさんかブログさんを探したんですけど、なかなか無くて(泣)。
こちらを見つけたときは本当にうれしかったです。

特に「めぐり会い」に関しては、手術後の二人のこととか、BJの例のセリフとか、なんとなく思ってたことが、視界が一気にひらけるような気がしました。
黙って姿を消しためぐみさんは、航路の寄港地で医局のBJ宛に手紙を出したのかな。
その手紙に「私のことは忘れてください。私もあなたのことは忘れます」みたいなことが書いてあったりしたのかな。
だからBJはああいう言い方したのかな、とか、いろいろ想像してしまいました。

正直、「めぐり会い」よりは「海は恋のかおり」の方が、BJの反応が意外すぎて強烈に印象に残ってはいるのですが。
手元に原作がないので私の記憶違いだったら申し訳ないのですが、最初に「めぐみが何かされたら…」みたいな心配してませんでしたか? その後で「いや、あんな子供相手にするはずがない」って、「…心配する順番逆じゃない?」と初めて読んだとき思いました。
それだけ動揺してたってことなのでしょうが。

数日かけてBJカテゴリーの記事をすべて読ませていただいたのですが、めぐみさん関係のエピソードに限らず、「おばあちゃん」での「さぞかし名医だったんでしょうなあ」の意味とか、BQやピノコの役割とか、BJのキャラそのものの考察等、大変参考になりました。
次に原作を読むときは、いっそう楽しめそうです。本当にありがとうございました。
(長々と失礼しました…)

投稿: あお | 2011年1月29日 (土) 20時51分

あおさん
はじめまして。ようこそ、いらっしゃいました。
ご丁寧なコメントをいただき、嬉しい限りです。レスが遅れまして申し訳ありません。m(_ _)m

『BJ』という作品は、読み始めると止まりませんよね(笑)。あおさんのお気持ち、よくわかります。ストーリーも面白ければ登場人物もみな魅力的。そんな中でもめぐみさんが特に気になられたとのこと。同志発見! 嬉しいです~♪
ピノコファンは数多いですが、めぐみさんは登場回数も少ないしBJの女性ファンから見ればビミョーな役柄なので、あまり取り上げられませんね。
おかげで、こんな辺境ブログまで辿り着いてくださったことを思うと、ありがたいやら申し訳ないやらで変な汗が出てきます(笑)。

>「私のことは忘れてください。私もあなたのことは忘れます」
そうですね。そんなこともあったのかもしれませんね。泣きながら綴ったのだろうと思うと切ないですね。
どういうことがあったのかは想像するしかありませんが、いずれにせよめぐみさんのほうから去っていったのは間違いないように思います。私は、愛の告白後だんだんと想いを募らせるBJ先生を見て、めぐみさんは黙って姿を消したのではないかと想像しています。そしてBJ先生も、それを自分を想ってのことだとわかって、追いかけたりせずに受け入れたんじゃないかと思います。だから5年後に出会ったときに、振られた自分を茶化してみせたりしたのかなと。妄想はふくらむばかりです(笑)。

「海は恋のかおり」は、BJ先生の意外な一面を見せてくれるお話ですよね。いま確認してみましたが、「まちがったってめぐみがあんなこぞうを相手にするもんか」が先で、続いて「だが あいつのごういんさから めぐみの身に万一のことが起きたら……」となっています。あおさんはたぶん、まずはめぐみさんの身を心配するほうが先だろう、と思われたのですよね。思いもよらぬライバル出現で、先生頭に血が上ってますので、どうか許してあげてください(笑)。

BJカテゴリをすべて読んでくださったとのこと。貴重なお時間を割いてくださったことにもはや「申し訳ありません」としか言いようがありません。お役に立ちそうもないことばかり書いておりますのに。すみませんありがとうすみませんありがとう……。ただただ感謝です。m(_ _)m

また機会がありましたら覗いてやってください。またお一人BJファンとお知り合いになれたことをとても幸せに思っています。コメントありがとうございました。m(_ _)m

投稿: わかば | 2011年1月30日 (日) 13時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/141713/38596183

この記事へのトラックバック一覧です: BJバトン:

» 【ブラック・ジャックバトン】 [assistant]
わかばさん宅でされてたバトンをやりたいと思います♪ 久々のバトンですね(o^-^o) 【ブラック・ジャックバトン】 手塚治虫氏の名作、ブラックジャックもとい間黒男について質問します。 準備はおkですか! ※BL要素がかなり入っています、ご注意ください ... [続きを読む]

受信: 2011年1月26日 (水) 21時30分

« 『“邪馬台国”を掘る』 | トップページ | (備忘録110125) »