« めぐり会い | トップページ | (備忘録110119) »

六所神社

Photo松江市大草町の六所神社に詣でる。先週訪れた真名井神社からほど近い出雲国府跡にあり、意宇六社の一社。

いつ訪れてもひと気のない若干寂れた感のある神社で、由緒やら縁起を示すものも見当たらない(あったのかな?)。だが本殿はかなり大きく立派なもので威圧感がある。帰ってからネットで調べてみると伊邪那岐命を祀ったものとわかった。その他、伊邪那美命・天照皇大神・月夜見命・素盞鳴尊命・大己貴命も祀られており、ご祭神は併せて六柱。よって六所神社という、という説と、出雲国総社として管内の神社を登録・管理し統括するから「録所」神社という、という説があった。

また、全国から神々が出雲に集られる旧暦10月をここ出雲地方では「神在月」と呼ぶが、そのとき神々を迎える神在祭が9社(日御碕神社、出雲大社、朝山神社、万九千神社、神原神社、佐太神社、売豆紀神社、神魂神社、多賀神社)で行われる。近世ではこれに加えて、六所神社、真名井神社、熊野神社でも行われていたという。

Photo_2六所神社、ひと気はないし商売っ気も皆無だが、なかなか由緒正しい神社なのであった。帰りに出雲国府跡を眺める。

|

« めぐり会い | トップページ | (備忘録110119) »

出雲の神話・風土記・神社」カテゴリの記事

コメント

六所神社と言えば…昨年巡ったスタンプラリー「武将のふるさと愛知」で訪れたはず…と思いスクラップブックを見てみました。同名称なので何か由縁があるかしらと思いましたが…なさそう?ですねぇ。愛知県岡崎市にある六所神社は家康誕生の際の産土神としての拝礼があったとされ三代家光と四代家綱の時代に整えられた神社であります。島根県は出雲の国…やはり神として祀られた神社が多いのですね。愛知県は尾張・三河の国…さすがに徳川氏の息のかかった神社・仏閣が多いです。

投稿: くるみ | 2011年1月20日 (木) 21時03分

くるみさん
コメントありがとうございます。レスが遅くなってすみません。m(_ _)m
調べてみましたら「六所神社」というのは各地にあるようで、くるみさんが行かれた岡崎市の六所神社のご祭神はサルタヒコノミコトほか。朱塗りの壁が豪華な神社ですね。さすがは家康誕生の折の産土の神、絢爛さが際立っています。←これを「息がかかった」というのですね(笑)。
こっちの六所神社は何しろひっそりしていて、でも神様は確かにそこにおられるというような「気」が伝わってくる神社でしたよ。

投稿: わかば | 2011年1月22日 (土) 00時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/141713/38524013

この記事へのトラックバック一覧です: 六所神社:

« めぐり会い | トップページ | (備忘録110119) »