« タイガーマスク運動 | トップページ | ルパン登場!! »

真名井神社

夫と姑さんと3人で舅さんを見舞う。腹水と足の腫れが若干引いたように思う。このまま順調に快復してくれればよいのだが。

Photoその後、夫と真名井神社に詣でる。出雲の国に4つある神名樋山の1つ・茶臼山の東南麓にある神社で、伊弉諾尊と天津彦根命を祀る。この地域にある「意宇六社」のうちの一社。因みにあとの五社は熊野大社、揖屋神社、六所神社、八重垣神社、神魂神社。

この神社の周辺は、まさに古代出雲の国の中心部である。西に800mほど行けば出雲国山代郷正倉跡が、東南に500~600m行けば出雲国庁跡が、北東に1㎞行けば出雲国分寺跡がある。古墳も数多く存在するし、「八雲立つ風土記の丘」という資料館も近くにある。今は広々とした田園風景が広がってなんとものどかな気分になれるところだが、その昔は多くの人が住み、賑わったところなのではないかと思う。

Photo_2

|

« タイガーマスク運動 | トップページ | ルパン登場!! »

出雲の神話・風土記・神社」カテゴリの記事

コメント

舅さま…いかがですか。

備忘録101222でのやり取りからずっと気になりつつも簡単な言葉でチャチャっとコメントをするのは嫌だったものですからなかなかお返事できずにすみませんでした。

わかばさんのお話によると肝臓疾患そのものに対する手術も見合わせられているということでしたので「今はとにかく楽に過ごせる」ことが治療・看護の目標といったところでしょうか。疾患に対する症状を皆無にするのは正直なところ不可能でしょうからせめて「苦痛を最小限にとどめる」ことができれば…と祈っております。

わかばさんご夫婦・お姑さまにもお疲れが出ませぬように。

投稿: くるみ | 2011年1月20日 (木) 21時39分

くるみさん
ご丁寧なお見舞い、ありがとうございます。
おかげさまで、足のむくみはすっかり取れ、腹水も若干減ってきているように思います。手術もできず、まさに「今はとにかく楽に過ごせる」ことが最重要課題となっており、本人も家族もそれなりに覚悟はしているのですが、見たところそれほど辛そうでもなく、受け答えもしゃきしゃきしたものですし、相変わらず精力的に読書に勤しんでいるような状態です。食欲も出てきましたし。
ちょっとでも快方に向かうと、嬉しいものですね♪
このまま少しずつでもより良い状態になってくれればと、希望は捨てずにおります。私までお気遣いいただき、本当に嬉しいです。ありがとうございます。

投稿: わかば | 2011年1月22日 (土) 00時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/141713/38458711

この記事へのトラックバック一覧です: 真名井神社:

« タイガーマスク運動 | トップページ | ルパン登場!! »