« (備忘録110111) | トップページ | 真名井神社 »

タイガーマスク運動

児童養護施設や児童相談所などに、伊達直人名義で送られてくる学用品や文房具。「タイガーマスク運動」と名付けられたこの現象は、今やすべての都道府県に及び、その総数は既に300件を越えたという。中には、子どもたちに関係のないビジネスバッグなどが送られてきて、寄付か拾得物か判断に迷う例もあるというが、そんな無粋なことを考えずに、すべて善意の寄付として受け取っておけばよいと思う。職員さんが使ったっていいじゃないか。誰も文句を言う奴はいないよ。

差出人は、鉄人28号や星飛雄馬を名乗るものもあるらしいが、ほとんどはタイガーマスクこと伊達直人。児童施設に送るならやっぱりこの名前が一番しっくりくる。アニメでも(私はマンガを読んだことはない。アニメしか知らない)自分の出身の孤児院に自分が稼いだファイトマネーをつぎ込んでいた。EDの『みなし児のバラード』がおそろしく暗い歌だったことと相俟って、アニメという絵空事とはいえ、貧困と闘いながら孤児が正しく生きることの大変さを子ども心にも知らされたような気がしたものだ。

また、伊達直人という名前には、どこか自分の生き方を恥じているような趣きもあり、その名で善行を施すことの奥ゆかしさが感じられて好い。いや、このたびの善行の主たちは別に恥じるような生き方はしておられないと思うけれども。

この「運動」が長く続きますようにと願わずにはいられない。そして、久々に心が温かくなるようなニュースに触れられたことを感謝したいと思う。

|

« (備忘録110111) | トップページ | 真名井神社 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/141713/38446273

この記事へのトラックバック一覧です: タイガーマスク運動:

« (備忘録110111) | トップページ | 真名井神社 »