« 『苦役列車』 | トップページ | 哀しい鬼 »

群集心理

エジプト反政府デモの取材をしていた米CBSニュースの女性記者が、カイロ市内で集団性的暴行を受けたという。同記者は200人以上の群衆に包囲され、取材班らと引き離された上で殴られたり性的暴行を受けた後、現場にいた女性たちやエジプト軍兵士に救助されたらしい。想像するだに恐ろしい出来事で、そんな騒乱の場に女性を派遣したCBSの責任も問われてしかるべきと思う。

これ以前にも、米ABCテレビ、ワシントン・ポスト紙、ニューヨーク・タイムズ紙、CNNテレビ、FOXニュースの取材陣、また日本人のフリーカメラマンやベルギーの記者などが脅されたり拘束されたり暴行されたりの被害に遭っている。いずれもムバラク前大統領支持派がやったこととされているが、この事態の最中の出来事とあっては、政治的な思惑に則った行動というよりはもはや群集心理に流された行動のように思われる。

【群集心理】
群集の中に生まれる特殊な心理状態。衝動的で興奮性が高まり、判断力や理性的思考が低下して付和雷同しやすい。

ちょっと事態が落ち着けば、盗難に遭ったファラオ像が戻ってくる国だ。一時の騒乱状態の中でこのような蛮行がなされたことを残念に思う。これはやはりこの騒乱に指導者がいなかったのが原因のひとつではなかろうか。ネットを通じて情報を得た民衆が自発的にデモに参加した結果、そこには指導者または代表者というものが不在だった。

そのむかし、織田信長が京都に入ったとき、織田軍の足軽が女性に絡んでいるのを見て治安を乱すものとして手討ちにしたという逸話がある。状況は今回のものとは違うけれども、群集を統率する者がいるといないとでは、群集心理に流されてしまう烏合の衆になるかならないかで大きな違いが生まれよう。

ネット情報による民衆の決起は新たな歴史の1ページとなったけれども、同時に大きな危うさも感じる出来事だったと思う。

(何故だか昨夜は投稿できなかったので今朝アップ。投稿時刻操作。)

|

« 『苦役列車』 | トップページ | 哀しい鬼 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/141713/38917055

この記事へのトラックバック一覧です: 群集心理:

« 『苦役列車』 | トップページ | 哀しい鬼 »