« 無事を喜ぶ | トップページ | (備忘録110316) »

(備忘録110315)

品薄になった商店から、子どもさんに与えるお菓子などをやっと買い求めた若いお母さん。「これだけしか買えませんでした。でも、私たちはまだましです。今でも瓦礫の下で助けを待っておられる人がたくさんいます。どうかその人たちを助けてあげてください。よろしくお願いします」と、涙ながらにインタビューに答えておられた。
自分も被災して不自由な生活を送っていらっしゃるのに、他の人を思いやるその心の美しさに涙が止まらなかった。
みんなで頑張ろう! 明日は義捐金をしてこようと思う。

|

« 無事を喜ぶ | トップページ | (備忘録110316) »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/141713/39242824

この記事へのトラックバック一覧です: (備忘録110315):

« 無事を喜ぶ | トップページ | (備忘録110316) »