« Don't give up, Japan. Don't give up, Tohoku. | トップページ | (備忘録110315) »

無事を喜ぶ

何をやっていても落ち着かず、心から楽しむということができない。日本国民のほとんどが、多かれ少なかれそういう状態なのではないかと思う。
自分にいったい何ができるのか。テレビで救援を求める人々の声を聞くと、胸がかきむしられるような思いがする。
しばらくは拙ブログも開店休業です。
そんな中、仙台にお住まいのkoshiさんが「無事」の声を届けてくださった。嬉しい。ただもう嬉しいのみだ(涙)。本当によかった。
近日中にもまた大きな余震が起こる可能性が大きいとか。どうか被害が甚大ならざることを祈る。命ひとつだけ持って、逃げのびてください。

「家なんか何軒も建つが この子の命はひとつかぎりだぞっ」by Black Jack

-------------------------
(備忘録110314)
夫が大腸ポリープの内視鏡切除術を受けた。40分ほどで無事に終了して、元気に歩いて出てきた。痛くもなんともないらしいが、大事をとって今夜は病院に一泊。

|

« Don't give up, Japan. Don't give up, Tohoku. | トップページ | (備忘録110315) »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/141713/39230604

この記事へのトラックバック一覧です: 無事を喜ぶ:

« Don't give up, Japan. Don't give up, Tohoku. | トップページ | (備忘録110315) »