« (備忘録110302) | トップページ | (備忘録110304) »

疑うよりも信じたほうが……

例の京大入試問題ネット流出事件、予備校生が逮捕され関与を認めているという。いまのところ単独でやったと言っているらしい。私の推理は見事にハズレた(笑)。

そこで大学側の監督態勢の不備が盛んに取り沙汰されているのだけれど、たとえばケータイの電波を妨害する装置を取り付けるだとか、持参したケータイは電源を切って机上に置かせるだとかの策を講じたとしても、結局はイタチごっこになってしまうのではないかと思う。巷には盗撮グッズなどが溢れているようだし、何より、受験生を疑ってかかるという姿勢がナサケナイ。

もっと心情に訴えかけることはできないものだろうか。たとえば、試験監督官が試験開始前に「君たちの中には、卑怯な手段で不正に試験に合格しようとする者などいないと信じる」と一言言うほうが、純粋な若者の心には響くような気がするのだが。人から信頼されると、そうそう悪いことはできないのではないかなぁ。

|

« (備忘録110302) | トップページ | (備忘録110304) »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/141713/39095546

この記事へのトラックバック一覧です: 疑うよりも信じたほうが……:

« (備忘録110302) | トップページ | (備忘録110304) »