« 不正入試? | トップページ | (備忘録110302) »

女部屋

いま、伯母が入院している病室は4人部屋だ。去年まで舅さんが入っていたのも4人部屋だったが、女部屋と男部屋ではまあ印象が違うこと違うこと。

伯母の病室では中仕切りのカーテンは常に開けっ放し。伯母を除く3人の患者さんがいつも大きな声でおしゃべりをしておられる。誰かのところに見舞い客が来ると、もう部屋全体が盛り上がる(笑)。いまはほんのちょっと呂律が回らなくなっている伯母も、時々は会話に参加しているようだ。

舅さんがいた部屋は常に中仕切りのカーテンが閉められ、そのためにベッド周りが幾分暗くなっており、舅さんをはじめとして皆が寂として声なしの状態だった。療養には良いかもしれないが、時折カーテンの隙間から、ぼーっとベッドに腰掛けておられるおじいさんが見えたりすると、なにやら侘しい感じがしたものだ。

いざとなると女性のほうが気丈なのかな。皆さん、脳の血管がどうにかなった方々ばかりだが、お互いに情報交換をしたり、「おしゃべりをするのもリハビリだと先生が言われたから(しゃべるのだ)」とか、「ポータブルはいらない。頑張ってトイレに歩いて行きたいわ」とか、とにかく治そうという気迫が感じられる。立派なものだと思う。

伯母もいろいろな検査と同時にリハビリにも精を出しているようだ。私には応援とほんのちょっとの介護しかできないが、頑張ってほしいと思う。

|

« 不正入試? | トップページ | (備忘録110302) »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/141713/39069847

この記事へのトラックバック一覧です: 女部屋:

« 不正入試? | トップページ | (備忘録110302) »