« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

2011年10月

70億人

国連人口基金が10月26日に発表した「世界人口白書2011」によると、世界人口は本日10月31日に70億人を(少なくとも象徴的には)突破するという。日本では本日生まれた赤ちゃん(で希望する者)全員に対して、70億人目の認定証を発行するとか聞いた。おめでとう。すくすく育ってくれよ♪

赤ちゃんが生まれるのは確かに文句なしにめでたい。おめでたいことではあるのだが、このグラフなどを見ると、将来は大丈夫なのかと心配にもなろうというものだ。

月曜日は『BJ』語り。きょうは「ちぢむ!!」を取り上げる。

アフリカの奥地で、人間を含む動物の体が縮んでいく奇病が発生する。現地で治療に当たっていたBJの恩師・戸隠先生も既に感染している。BJは原因究明に努め、ついに免疫血清を作ることに成功するのだが、戸隠先生は「これは神の警告だ。限られたこの地球の食糧を生きもの全部に分かち合うには、体を縮小しなければだめだという意味かも……」と言い残して帰らぬ人となる。赤ん坊ほどに縮んでしまった戸隠先生の体を捧げ持ち、BJは絶叫する。
「神さまとやら! あなたは残酷だぞ。医者は人間の病気をなおして命を助ける! その結果世界じゅうに人間がバクハツ的にふえ、食糧危機がきて何億人も飢えて死んでいく……そいつがあなたのおぼしめしなら……医者はなんのためにあるんだ」

この話が描かれた1974年当時、世界人口はまだ40億人だった。私が生まれた1960年には30億人、1900年には20億人、1800年には10億人、ず~っと遡って紀元1年には2億人だ。

連載当時、中学生だった私にはこのBJのセリフがピンと来なかった。いや、それは突飛すぎるでしょう。医者の存在が人口爆発を招いているわけじゃないから。お医者さんは絶対必要だよ~(笑)なんて思っていた。しかし今思うと、BJの叫びは当たっている。医療の発達によってヒトが長生きできるようになったことは、急激な人口増加の一つの要因であることに間違いはない。私が生まれたころ、1960年代には日本人の寿命は男女とも60歳代だった。それがたった半世紀で20歳も長生きできるようになったのだ。そりゃあ人口が増えるはずだ。

人口増加と食糧危機に医者の存在意義を絡めて、これはシリーズ中5本の指に入るほど重い内容を描いたエピソードだ。後にBJは「不死鳥」の中で、「おれの仕事は人間をなおすことだが、人間を死ななくすることじゃない」と語っていて、彼なりのスタンスは示されているが、しかしこれはそのままなら死んでしまうはずの人間の寿命をいくらか延ばすことに他ならないわけで、マクロ的に見れば人口増加に加担していることに変わりはない。BJ先生のジレンマは解決されない。

いつかは、地球が人口を養えなくなるときが来るに違いない。食糧だけでなく、水やエネルギーが足りなくなる日が来る。飢えだけでなく寒さや暑さで人が死ぬようになるかもしれない。人口を減らさなくてはいけないと、世界規模で考えなくてはならなくなる日が来るだろう。そんなとき、医者はどうするのか。助けられる、今までなら助けていた患者を見殺しにするのだろうか。数年前から問題になっている患者のたらい回し。医師の不足という現象で、その前兆はもう現れてきているのかもしれないと思ったりする。

しかし結局は、これは医者の側の問題ではなくて、患者側の意識の問題だろうと思う。自分の生き方と死に方をどんなふうにするか、それを常に考えておかなくてはならない状況になってきているのではないかと思う。過ぎた延命治療はしてくれるな、とか、今度発作が起きたら放っておいてくれ、とか。更には、安楽死医を呼んでくれ、とか。ドクター・キリコの存在というのは、こういうとき、間違いなく「救い」だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

対(つい)なもの

Photo_8 ・縦と横
眞さんのブログに、『北斎漫画』の中に「アッチョンブリケ」の原型があると書かれていたので、探してみた。たぶん、これのことなんだろうなぁ(笑)。

Photo_9 ・お蝶夫人と岡ひろみ
スーパーで見つけたお鍋用スープ。丸大食品の「エースをねらえ! お蝶夫人のキラキラコラーゲン美麗系白湯鍋の素」と「エースをねらえ! 岡ひろみのメラメラピリ辛美燃系トマト鍋の素」(長いよ……)。今度買ってみよう。

Photo_10 ・名探偵と大怪盗
「アバンチュリエ」最新話の扉絵より、ホームズとルパン。ただし今回はまだこの二人出会っておらず、ルパンとミス・ネリーの衝撃の再会シーンまで。「偶然というものは、この城で、しかもこの夜更けに、この二人を面と向かわせたほど不思議なものであった」という中学生のときに覚えた文章は、いまでも空で言える(笑)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

雑感あれこれ

またまたお久しぶりのブログ(汗)。

・まずは近況から。先週お墓ができあがり、今週は開眼供養と舅さんの納骨を行った。舅さんもこれでようやく落ち着いたことだろう。お墓を見ながら、ここが私の最終到達地点、私もいずれはここの土になるのだナ、などと思う(離縁されなければの話だが・笑)。

・リビアのカダフィ大佐もついに斃れた。昨年末から続くアラブの民主化運動は激烈だ。その他、ギリシャの経済破綻、アメリカの貧富格差の増大等々で、世界のあちこちが揺れ動いている。日本では東日本大震災もあったし、今年の漢字は「激」か「震」、捻ったところで「絆」あたりになるんじゃないかな。ツイッターだって絆だもんね。

・東京などで局所的に放射線量の値が高い場所が見つかる件。小学校の敷地内とか通学路などで見つかると「こんな場所でこんな高い数値が出るなんて。子どもが心配です」と大騒ぎになるが、放射性物質が特に小学校を狙って降ってくるわけもなく。満遍なく降っているのだが、他の場所は測定されることが少ないだけ。たまたま小さな子どもが立ち入りそうなところを重点的に測定する父兄が多いから、そういう結果になっているだけの話だと思う。危ないと言えばどこだって危ないはず。

・上に関連して。世田谷の民家近辺で放射線量がベラボーに高かったのは、床下にあったラジウムが原因だったのだが、それが明らかになるまでの報道は見ものだった。土があって緑があるところは数値が高くなる。ここは坂道の一番低いところなので放射性物質を含んだ雨が流れ込む。等々、何故ここで高くなるのかだけが問題とされていて、誰もが原発事故が原因であることには疑いを持っていなかった。専門家でさえ、雨水が溜まると数値が高くなる可能性はあるというような言及しかしていなかった。
専門家なら、ここだけがこんなに高いのは明らかにおかしいと指摘できなければウソだ。曲学阿世とまでは言いたくないが、マスコミに乗っかっているだけの専門家の言なんてちっとも意味がない。

・そして除染の件。水で洗い流したり表土を削ったりするわけだが、件の小学校ではその土を何重にも包んで穴を掘って埋めていた。それが姑息的処置なのか永久的処置なのかは、私が見た限りでは報道されなかった。そういう方法でいいのだろうか。土の中なら安心なのか。土の中での影響も考えなくてはいけないんじゃないのか。
こんな少量の土ならまだ良いとしても、福島県内の広い範囲での除染で出た土はどうするのか。他の都道府県に協力してもらおうとしても、住民の反対でなかなか実現できないと聞く。「うちには小さい子どもがいるので心配です」と、ここでも「子ども」が錦の御旗となって、それ以上議論が進まない。
将来のある子どもの健康は重要であるし、別に皮肉を言うつもりもないが、ならばいまも福島県内に残っている子どもはどうなる?と思う。
沖縄の基地問題とも共通する構図がある。厄介なもの、危険なものは自分の近くに来てほしくない。それが人情だ。しかし福島をこのまま放っておいていいわけはない。泣く泣く日本各地に避難している福島の人たちを一刻も早く故郷に帰してあげなくてはいけないのじゃないのか。ここに到ってはもう、危険を日本国民全部で分散して受け持つしか仕方がないんじゃないのかと私は思う。福島から削り取った表土を日本全国土に均等にバラ撒いたら、放射線量は子どもの健康にも支障のない程度に薄まるんじゃないのかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ルパン関連2題

まずは「三世」のほうから。放送40周年を迎えた人気アニメ「ルパン三世」の声優陣が16年ぶりに変更されましたね。ルパン役の栗田貫一さん、次元大介役の小林清志さんは続投ですが、銭形警部を山寺宏一さん、石川五ェ門を浪川大輔さん、峰不二子を沢城みゆきさんが、それぞれ当てられることになったそうです。先日のワイドショーで紹介されていたのを見ましたが、1 年以上にわたるオーディションの末に選ばれただけあって、まったく違和感はありませんでした。特に銭形役の山寺さんは、納谷悟朗さんにそっくりの声を出しておられたので感動しました。

それぞれの声優さんにしてみれば、前任者の声を真似なくてはならないというのは、複雑な思いもあるのかもしれないナと思ったりします。しかし、国民的アニメと言えるほどの作品の登場人物の声が突然変われば、視聴者は戸惑うわけで……。声優陣総とっかえだった1987年の「ルパン三世 風魔一族の陰謀」も不評だったようですし、五ェ門の声が大塚周夫さんから井上真樹夫さんに替わった当時も、それだけで五ェ門というキャラの印象が変わったことを覚えています。

これって、実はものすごいことなんじゃないかと思います。声が違えばその人物じゃない!と思うほどに、それぞれのキャラが一個の人格としてみなされている証拠ですもんね。二次元の登場人物なのにね(笑)。これが黄門様や助さん格さんだったら、演じる役者さんが代替わりするごとに、その役者さんなりの芝居を楽しむわけですが、「ルパン三世」はそうじゃない。視聴者はその「変わらなさ」加減に安堵するのでしょう。そしてキャラの設定を大きく変える冒険ができない分、どんどんとキャラの厚みが増していくことが楽しみなのだろうと思います。

「ルパン三世」シリーズの新スタートとなるテレビスペシャル「ルパン三世 血の刻印 ~永遠のMermaid~」は、金曜特別ロードショーとして、12月2日午後9時から放送されます。ワクワクして待つことにしましょう♪

Photo続いて「一世」のほうの話題。「イブニング」掲載中の「アバンチュリエ」(森田崇・画)は原作に忠実なアルセーヌ・ルパン譚ですが、「ハートの7」事件が終わって、おお、いよいよシャーロック・ホームズが出てきましたよ♪ うわ~、気難しげ……(笑)。次号では両巨頭があいまみえるのでしょうか(原作で二人が偶然にカフェで背中合わせに座るシーン、大好きです)♪ ニコリともしないホームズと、陽気なおフランス野郎のルパンの対比がおもしろそうです。もっとも、ホームズのファンには我慢できないでしょうけれども(笑)。

またドイツ皇帝ヴィルヘルム2世も意味ありげに登場しており、これはもしかして「813」に続く布石?などと想像して喜んでいます。「奇岩城」と「水晶の栓」も是非とも漫画化していただきたいものです♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

参照画像 ゲストさん

Photo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

タイムマシンがあったら……

光陰矢のごとし。あの幸せな瞬間から既に2週間も経ったとは、まさに夢のよう(笑)。と同時に、またブログを2週間もサボっていることに反省することしきり。この2週間の間には、台風15号が日本を襲い、AKB48が選抜ジャンケン大会を行い、アメリカの人工衛星の欠片が地球上に落ちるというので、自分に当たる確率は21兆分の1だというのが話題になり、名前通りに律儀にヒガンバナが咲き、そして今はキンモクセイが香るようになった。

中でも、ニュートリノは光よりも速いという実験結果が公表されたのは大ニュースだった。アインシュタインの相対性理論が否定されるだとか、光よりも速いと時間が逆に流れるだとか、もうここらへんのことは理解しようという気持ちもサラサラ起きないが、タイムマシンも可能であると言われると若干の興味は湧く。

さて、月曜日は『BJ』語り。

タイムマシンが可能だとすると、BJ先生ならどうするだろう。切るだけが人生だという現在に満足していそうな気はするが、もしかしたらあの爆発事故に遭った幼き日の朝に戻りたいと思うのではなかろうかと、多少感傷的な想像をしたりもするのだ。もちろん大人になった現在の記憶を持ったまま時を遡れるはずはないだろうから、事故は避けようがなく、そこでもやっぱり黒男少年は大怪我を負ってしまうだろう。しかし、もしもそこが運よく別のパラレル世界だったりしたら……? 黒男は事故に遭うこともなく、その後の彼の人生はまったく違ったものになったに違いない。

少なくとも大好きなお母さんが亡くなることはなく、黒男がその容貌が変わるほどの怪我を負うこともない。本間先生に出会うこともなく、従って黒男が医者を志すこともなかったはずだ。親の仇もおらず、金にがめつい天才外科医はこの世に現れることもなく、「ブラック・ジャック」という名前が考え出されることもない。こう考えると、BJという闇の天才外科医が誕生する切っ掛けはすべてあの不発弾の爆発事故にあったと言えそうだ。

実にベタだけれども、こういう暗い過去があり、大人になってからもまだその業から抜け出せないでいる弱さがあるからこそ、私はこの天才外科医が好きでならないのだと思う。例えば、良い家で何不自由なく育ったボンボンである白拍子が天才外科医となって人々を救っていたとしても、たぶん何の興味も湧かないに違いない。一方では殺したいほど憎い仇を追い求め(あまつさえ一人目には爆発で重症を負わせるという復讐を遂げ)、また一方では命懸けで患者の命を救おうとする、この精神が分裂しているような人物像にこそ、私は魅力を感じているのだろうと思う。

「二人目がいた」で、彼は瀕死の床にいた仇を手術して治してしまう(結局は頓死するが)。これ以降、復讐譚は描かれることがなく、たとえ三人目を見つけたとしても復讐することはなかった……いや、出来なかっただろうと思われる。これをもってして、彼は復讐を諦めたのだろうと確かに思われるのであるが、しかし、そう簡単に復讐の虚しさと愚かさを悟って聖人君子になってもらっては、私的に困るのである(笑)。私の考えるBJ先生の魅力がなくなってしまうから(爆)。

たとえばここで偶然にも三人目の仇が見つかったとしよう。そこで平静でいられる人間はおそらく居まい。自分には復讐はもうできないと二人目の時点で気付いたとしても、恨みまでが消えることはなかろうと想像する。恨み骨髄なのに復讐を実行できない辛さというのは、いかばかりか。まして、BJ先生の場合は、復讐することだけを生きがいに生き延びてきたという過去がある。むしろ復讐という手段を断たれた生き方のほうが辛いかもしれないと想像したりもする。

だからこそ……。タイムマシンがあり、且つ事故の起こらないパラレルに戻れるとするならば、かの闇の天才外科医だって、過去の「あの日」に戻りたいと思わないでもないんじゃないかと、そんなことを思ったりしたのだった。

……言いたいことがうまく書けないので、ここで終わります(汗)。

【備忘録】
ブラック・ジャックのアフレコ生放送再び!!
予約完了~♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »