« ルパン関連2題 | トップページ | 対(つい)なもの »

雑感あれこれ

またまたお久しぶりのブログ(汗)。

・まずは近況から。先週お墓ができあがり、今週は開眼供養と舅さんの納骨を行った。舅さんもこれでようやく落ち着いたことだろう。お墓を見ながら、ここが私の最終到達地点、私もいずれはここの土になるのだナ、などと思う(離縁されなければの話だが・笑)。

・リビアのカダフィ大佐もついに斃れた。昨年末から続くアラブの民主化運動は激烈だ。その他、ギリシャの経済破綻、アメリカの貧富格差の増大等々で、世界のあちこちが揺れ動いている。日本では東日本大震災もあったし、今年の漢字は「激」か「震」、捻ったところで「絆」あたりになるんじゃないかな。ツイッターだって絆だもんね。

・東京などで局所的に放射線量の値が高い場所が見つかる件。小学校の敷地内とか通学路などで見つかると「こんな場所でこんな高い数値が出るなんて。子どもが心配です」と大騒ぎになるが、放射性物質が特に小学校を狙って降ってくるわけもなく。満遍なく降っているのだが、他の場所は測定されることが少ないだけ。たまたま小さな子どもが立ち入りそうなところを重点的に測定する父兄が多いから、そういう結果になっているだけの話だと思う。危ないと言えばどこだって危ないはず。

・上に関連して。世田谷の民家近辺で放射線量がベラボーに高かったのは、床下にあったラジウムが原因だったのだが、それが明らかになるまでの報道は見ものだった。土があって緑があるところは数値が高くなる。ここは坂道の一番低いところなので放射性物質を含んだ雨が流れ込む。等々、何故ここで高くなるのかだけが問題とされていて、誰もが原発事故が原因であることには疑いを持っていなかった。専門家でさえ、雨水が溜まると数値が高くなる可能性はあるというような言及しかしていなかった。
専門家なら、ここだけがこんなに高いのは明らかにおかしいと指摘できなければウソだ。曲学阿世とまでは言いたくないが、マスコミに乗っかっているだけの専門家の言なんてちっとも意味がない。

・そして除染の件。水で洗い流したり表土を削ったりするわけだが、件の小学校ではその土を何重にも包んで穴を掘って埋めていた。それが姑息的処置なのか永久的処置なのかは、私が見た限りでは報道されなかった。そういう方法でいいのだろうか。土の中なら安心なのか。土の中での影響も考えなくてはいけないんじゃないのか。
こんな少量の土ならまだ良いとしても、福島県内の広い範囲での除染で出た土はどうするのか。他の都道府県に協力してもらおうとしても、住民の反対でなかなか実現できないと聞く。「うちには小さい子どもがいるので心配です」と、ここでも「子ども」が錦の御旗となって、それ以上議論が進まない。
将来のある子どもの健康は重要であるし、別に皮肉を言うつもりもないが、ならばいまも福島県内に残っている子どもはどうなる?と思う。
沖縄の基地問題とも共通する構図がある。厄介なもの、危険なものは自分の近くに来てほしくない。それが人情だ。しかし福島をこのまま放っておいていいわけはない。泣く泣く日本各地に避難している福島の人たちを一刻も早く故郷に帰してあげなくてはいけないのじゃないのか。ここに到ってはもう、危険を日本国民全部で分散して受け持つしか仕方がないんじゃないのかと私は思う。福島から削り取った表土を日本全国土に均等にバラ撒いたら、放射線量は子どもの健康にも支障のない程度に薄まるんじゃないのかな。

|

« ルパン関連2題 | トップページ | 対(つい)なもの »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/141713/42641810

この記事へのトラックバック一覧です: 雑感あれこれ:

« ルパン関連2題 | トップページ | 対(つい)なもの »