« 夢の続きを、始めよう。 | トップページ | アポロン、アフロディテ、ガイア »

日食120521

ここ松江では部分日食でしたが、青空のもと、神秘的な天体ショーを楽しむことができました。私は夫と日本海側の漁港へ出かけ、7時頃からずっと眺めていました(いや、別に自宅から見てもよかったのですが、奴がついでに釣りをすると言ったので・笑)。

Photo ←厚紙に目打ちでピンホールを開けて、その穴を通った日光を写したもの。三日月状の連なりで「ECLIPSE 2012/5/21」の文字が見えるでしょうか?

Photo_2 ←もう一枚、月と太陽と星の形です。

どれくらい暗くなるのかと期待していましたが、晴天だったため、それほど暗くは感じませんでした。肉眼でちらりと見る太陽も眩しく輝いたまま。ただ、周りの山や海の陰影がはっきりしてきて、晴れなのに眩しくないというような、なんとも不思議な明るさに包まれていたように思います。

もしも「日食」だという情報がなかったら、気付かなかったでしょう。9割欠けても、太陽の明るさというのはすごいものだと、改めて感じました。逆に言えば「おや?変だな」と思うのは皆既日食のときだけなのではないかと思います。テレビで、少し暗くなるとすぐに寝てしまったペンギンを見ましたが、人間はそこまで自然の変化に敏感ではないのかもしれません。……あ、もしかしたら私だけかもしれませんが(笑)。

|

« 夢の続きを、始めよう。 | トップページ | アポロン、アフロディテ、ガイア »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/141713/45355478

この記事へのトラックバック一覧です: 日食120521:

« 夢の続きを、始めよう。 | トップページ | アポロン、アフロディテ、ガイア »