« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

2012年5月

日食120521

ここ松江では部分日食でしたが、青空のもと、神秘的な天体ショーを楽しむことができました。私は夫と日本海側の漁港へ出かけ、7時頃からずっと眺めていました(いや、別に自宅から見てもよかったのですが、奴がついでに釣りをすると言ったので・笑)。

Photo ←厚紙に目打ちでピンホールを開けて、その穴を通った日光を写したもの。三日月状の連なりで「ECLIPSE 2012/5/21」の文字が見えるでしょうか?

Photo_2 ←もう一枚、月と太陽と星の形です。

どれくらい暗くなるのかと期待していましたが、晴天だったため、それほど暗くは感じませんでした。肉眼でちらりと見る太陽も眩しく輝いたまま。ただ、周りの山や海の陰影がはっきりしてきて、晴れなのに眩しくないというような、なんとも不思議な明るさに包まれていたように思います。

もしも「日食」だという情報がなかったら、気付かなかったでしょう。9割欠けても、太陽の明るさというのはすごいものだと、改めて感じました。逆に言えば「おや?変だな」と思うのは皆既日食のときだけなのではないかと思います。テレビで、少し暗くなるとすぐに寝てしまったペンギンを見ましたが、人間はそこまで自然の変化に敏感ではないのかもしれません。……あ、もしかしたら私だけかもしれませんが(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夢の続きを、始めよう。

きょうはちょいと時間が空いたので、夫と『宇宙兄弟』を見に行ってきた。私は原作を読んでいない。書店に置かれていた、原作の冒頭部分のみを収めた無料の小冊子を読んだだけだが、妙に心惹かれるものがあって、この映画は是非観たいと思っていた。行ってみると、平日の昼間なので映画館はガラガラ。全部で10人くらいいたかなあ(笑)。

ネタバレは避けたいので簡単に感想を書くにとどめるが、2時間数十分があっと言う間。長すぎず短すぎず、緩急あり、笑いあり涙ありの良質な作品で、重過ぎない感動が心地良い。何といっても、夢と希望が胸に湧いてくる爽快感がたまらない。主題歌が全編これ軽快なロックなのも高揚感を煽っていたと思う。映像がまた凄かった。ロケット打ち上げのシーンなど鳥肌もんだった。あれがCG? 凄いとしか言いようがない……。

主演の小栗旬(ムッタ)と岡田将生(ヒビト)も素晴らしかった。月と地球の間で通じ合う兄弟愛。月の地平から昇る大きな地球の姿にそれは象徴されていたのだが、もうここらへんのシーンは涙なしでは見られなかった。兄弟っていいね。人間っていいね。宇宙っていいね。ぐすんぐすん。

打ち上げを見ている老人の役でバズ・オルドリンが出演していた。言わずと知れたアポロ11号の乗組員、月面に星条旗を立てたその人である。ムッタに人生訓(?)を語る渋い演技を見せていた。そのときは名前がわからなかったが、最後に座っていたチェアの背に名前が書かれていたのがご愛嬌。

宇宙が好きな人には勇気と感動を、夢を忘れかけている人には希望を、人を信じられない人には人間の魂の偉大さを、それぞれ教え与えてくれる作品である。ご鑑賞をお奨めします!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Supermoon

今宵はスーパームーン。まさに今も窓から満月の光が見えているが、中天にかかっているため近くに対象物がなく、さほど大きくは見えない。もっと早い時間に見ればよかった(泣)。それでも明るさに関しては通常よりはるかに明るく感じる。

地球との距離が近くなるから月が大きく明るく見える現象で、地震や火山活動との関係を指摘する向きもあるようだ。去年は3月19日に起こっていて(2年続けて起こるのは珍しい)、東日本大震災と日にちが近いのは確かに気になる。前回2005年1月のスーパームーンの2週間前にはスマトラ島沖地震が発生している。

ところで本日、42年ぶりに日本における稼働中の原子力発電所がゼロになった。枝野経済産業相によれば「一瞬」とのことで、政府が再稼動ありきの考えを持っていることが図らずも露呈した感がある。経済界からは突き上げをくらっていることだろうし、実際夏の電力不足も心配ではある。しかし、何のために国や政府というものが存在するのかを考えてみれば、それは国民の安全を図るために他ならないはずだ。目先の経済状況を(多少)よくするよりは、まずは国民が安心してふるさとに住めるような方向で進んでいくべきと考える。何故、国が「節電に徹しましょう。いまある電力だけで乗り切っていきましょう」と言わないのか、私は不思議でならない。

巷にまたたくネオンも綺麗だけれど、こんな夜は地上の灯りなんか要らない。通常の30%増しで煌々と照る月の静謐な明るさに、この身をひたしてみるのもまた得難い経験だと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »