« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

2012年8月

恨(ハン)

鬱陶しいと思いつつも、竹島はわが島根県の一部なので、地元の民放などで竹島の領有権についての特集が組まれたりしているのを見るにつけ、日韓の国民感情に思いを馳せてしまう。

要するに、あれだ。「私、あなたのこと嫌い!」と言っている相手と仲良くすることがはたしてできるのか。あるいは、仲良くする必要があるのか、という次元の問題だ。

国際司法裁判所への提訴を承諾しないのみならず、野田首相からの親書も送り返して(郵送だそうだ)くるという。それも中身を読んでからだ。こんな無礼がまたとあろうか。

先日、テレビで韓国の歴史教科書にはどんなことが書かれているのかを紹介していた。とにかく日本のことが悪く書かれていた。大局的な見地に立とうとする姿勢は微塵もなく、日本によって自国がどれだけの苦痛を強いられてきたかの歴史を綴ったもので、こういう教科書で教わってきた韓国人は、そりゃあ反日思想が刷り込まれるのも無理はないと思わせられるシロモノであった。

国際法上での事実など一切関係なく、「竹島(独島)は韓国領だ」と決めてかかることが、即ち、韓国人のアイデンティティに他ならないというレベルであるようなのだ。

日本で人気の韓流スターやガールズグループなども(真面目に教科書を学んできているならば)まず間違いなく日本に対して良い印象は持っていないはずで、彼らが自分の中でどう折り合いをつけて日本で活動しているのか、却って不思議に思うくらいだ。

教科としての歴史にナショナリズムをどれくらい盛り込むかというのは、日本でも時々浮上してくる問題だが、このグローバリズムな国家関係を希求する21世紀において韓国の姿勢はあまりにも狭量だ。日韓の開けた未来を創造できるとはとても思えない。

で、はじめの文章に戻る。「私、あなたのこと嫌い!」と言っている相手と仲良くすることがはたしてできるのか。あるいは、仲良くする必要があるのか。

幸いなことに日本は今のところ大局的国際的見地に立って比較的寛容で冷静な姿勢を保っている。今こそ韓国の人々に気付いてほしい。非常に偏った教科書で歴史を学んできていることを。日本憎しの思想に凝り固まっているのがはたして正しいあり方なのかどうかを。

今ならネットで世界の常識や反応も簡単に知ることができよう。自分が「学校で教わった」ことは自国に都合の良いことばかりではなかったのか、ナショナリズムを煽るだけのものではなかったのかという疑問を、ちっとは抱いてもらいたいと思う。

日本が韓国を併合したのは「過去」だ。韓国国民にとっては忌まわしい過去だろうが、日本だって戦争に負けた過去がある。国力で劣った国が味わう屈辱を知らないわけがない。しかし過去は過去のものとして、未来志向で先人たちが頑張ったからこそ、いまの日本があるのだ。ところが、いまの韓国の大統領は、してはならないことを「現在」日本に対してやり続けている。韓国国民がこの大統領と気持ちは同じであり、日本に対する意趣返しを今後もやり続けるつもりなら、そんな国ととても仲良くなんてできるはずはない。

幸い、私には韓国人の友人もいないし、韓流には一切興味もない。ヒュンダイやサムスンの製品もはなから無い。ときどき韓国海苔とキムチを買う程度の繋がりしかないから、たとえ国交断絶しても影響は無きに等しい。そうしてもらっても一向にかまわないという気分である。

韓国は、そろそろ恨(ハン)の世界から抜け出そうとすべきなのではないのかねぇ……。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

とりあえず韓国製品は買わない

今年の夏はいろんな意味で「あつい!」。酷暑に加えて、ロンドン五輪の熱戦もあったし、いまは日中韓の領土問題で火種がくすぶっている。

せっかくいい感じのロンドン五輪だったのに、韓国男子サッカー選手の政治的行動で最後の最後に台無し。悔しい思いでいたところへ、今度は韓国大統領の「天皇は謝罪せよ」発言。さすがにこれは許しがたい。越えてはならない一線を越えた感があった。

竹島上陸のときには大してなんとも思わなかった日本人でも、この発言を聞いたときには怒りに震えたという人が多かったのではないかと思う。たかが選挙で選ばれてもうすぐ任期も終わるという一政治家が、万世一系の天皇家に対して何を言うかと、どちらかと言うと左翼系の考えを持つ私でもそう思った。それくらい心の深いところで「侮辱された」と感じる言葉だった。ここのところの感情が、我ながら不思議でもあったのだけれど……。

天皇は日本国民の象徴であるから、日本人である自分が、国家が、侮辱されたように感じたのか? それも全く無いとは言わないが、微妙に違う。私の場合は、こんなこと言われた天皇陛下がお気の毒でならなかったというのが一番大きな理由だったように思う。なんだか自分の父親がアホな無法者に言われる筋合いのない理不尽なことを言われたような気分になったのだ。

例えば日本の首相に対しての謝罪要求なら、ここまで腹も立たなかっただろうと思う。何か災害があればすぐに駆けつけて、庶民と同じ目の高さまで膝を折って労わり力づけてくださる天皇陛下。常に国民の身を案じてくださる国父の存在は、政治的なイデオロギーを超えて今や全ての日本人の精神的な支柱になっているのだと思う。誰にも真似のできない、余人に代え難い存在だ。

今ごろになって韓国国内でも「あの発言は行きすぎだ」との声が挙がっているようだが、それとても日本人のこういう感情を理解した上でのものではなかろうと思う。いや、そもそも解ろうともしないだろうし……。そんな相手に対してこちらは紳士の対応をするしかないのだろうが……。いやはや、隣国から落ちてくる鬱陶しい火の粉で、ますます暑くなりそうな今年の夏だ。(←もう考えるのも面倒くさくなった・笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

怒り心頭

韓国の李明博(イ・ミョンバク)大統領が、わが島根県の竹島を訪問されたそうだが、日本国としては「遺憾」だの「毅然とした対応」だの言う前に、竹島の「韓国領」と刻まれた岩を吹き飛ばす礼砲をぶっ放すくらいの歓迎はすべきではなかったかと考える。

支持率低迷の打開策だか何だか知らないが、ふざけんな!という話である。折りしもロンドン五輪では男子サッカーと女子バレーで日韓戦が行われるというときに、こんな汚い政治劇を見せられたのでは、とてものこと平常心で観戦するのは難しそうだ。何より過剰な期待を寄せられるであろう選手たちが気の毒だ。

今後外交がどんなふうになるのかはわからないが、両国にとってプラスになることは何一つあるまい。韓国では半数近くの人が日本を嫌いだそうだが、今度のことで日本でも韓国に対する国民感情は一気に悪化するだろう。この愚かな大統領が犯した罪の大きさは計り知れない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

BJがアメリカで実写化

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120803-00000028-flix-movi

期待と不安が半分ずつ……(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »