« (備忘録120905) | トップページ | (備忘録120917) »

国引き神話

昨日は、休みだった夫と海へドライブ。磯で嬉々として竿を振っている背中を見ながら、私は車中で読書。青い空と海、沖を行く大きな船が豆粒ほどに見える。平和でのんびりした光景だが、この方向には竹島があり、更にその向こうには朝鮮半島があるかと思うと、急に現実に引き戻される思いがして興醒めだ……。

その昔、出雲の神さま、八束水臣津野命(やつかみづおみづぬのみこと)は他所から土地を引っ張ってきて今の島根半島を作った。

----八束水臣津野命、詔りたまひしく、「八雲立つ出雲の国は、狭布の稚国なるかも。初国小く作らせり。故、作り縫はな」と詔りたまひて、「栲衾志羅紀の三崎を、国の餘ありやと見れば、国の餘あり」と詔りたまひて、童女の胸鉏取らして、大魚の支太衝き別けて、波多須須支、穂振り別けて、三身の綱打ち掛けて、霜黒葛闇耶闇耶に、河船の毛曾呂毛曾呂に、「国来、国来」と引き縫へる国は、去豆の折絶よりして、八穂米支豆支の御崎なり。かくて堅め立てし加志は、石見国と出雲国との堺なる、名は佐比売山、是なり。亦、持ち引ける綱は、薗の長濱、是なり。----

(八束水臣津野命がおっしゃったことには、「出雲の国は幅の狭い布のような幼い国であることよ。始めに国を小さく作ってしまったのだ。では、作って縫い合わせることにしよう」とおっしゃって、「新羅の三崎を、国の余りはないかと見ると、国の余りがある」とおっしゃって、童女の胸のような鋤を手に取り、大きな魚のエラを衝くように地面に突き刺し、屠り分けるように土地を切り離し、三本縒りの太い綱をひっかけて、霜つづらを繰るように手繰り寄せ手繰り寄せ、河船を引くように「もそろもそろ」と「国よ来い、国よ来い」と引いてきて縫い付けた国は、去豆の断崖から杵築の御崎までである。こうして引いてきた国を固定するために立てた杭は、石見の国と出雲の国との堺にある、名を佐比売山(現・三瓶山)という、まさにこれだ。また、持って引いた綱は、薗の長浜、まさにこれである。)

なんとも壮大な国引き神話。出雲神話の真髄、『出雲国風土記』の白眉と言ってもよい名文である。八束水臣津野命は都合4回、いろんなところ(隠岐島や能登半島)から土地を引っ張ってきているが、上に引用した部分はその1回目、なんと新羅から、現在はちょうど出雲大社が建っているあたりの土地をざっくり持ってきたという話である。

国が余っている、という発想がなんとも大らかだが、このときついでに朝鮮半島を全部引っ張ってきてくれていたら、今ごろ竹島問題なんて起こっていなかっただろうにね。

記紀や風土記を読み、出雲の神社を調べていると、朝鮮半島との関わりがいろいろ見えてくる。高天原を追放されたスサノオが、一旦は新羅の国に降り立ったけれども「この国にはいたくない」と言って出雲にやってきただとか(『紀』一書)、出雲地方にだけ存在する韓国伊太氐(からくにいたて)神社が、新羅との関係悪化に伴い日本を守るために置かれたのではないかという説だとか、とても興味深い。一衣帯水の隣国との間には、太古の昔からいろいろあったんだろうなぁと思う。

↓下は、国引き神話が2~3分でわかる動画。

http://www.youtube.com/watch?v=k2T2YASX4WE
http://www.youtube.com/watch?v=J32vHYGGQh8

|

« (備忘録120905) | トップページ | (備忘録120917) »

出雲の神話・風土記・神社」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/141713/47076728

この記事へのトラックバック一覧です: 国引き神話:

« (備忘録120905) | トップページ | (備忘録120917) »