« 春の京阪神ツアー その1 | トップページ | 春の京阪神ツアー その3 »

春の京阪神ツアー その2

Photo_315日。この日は手塚三昧になる予定(笑)。朝はホテルでバイキング。身支度してチェックアウトするタイミングで神無月さんが宝塚ホテルに来てくださった。少しばかりホテル内を散策してから、3人で手塚治虫記念館へ行く。BJ先生の、意外に小さい足型手型など眺めてから館内へ。中は小学生でいっぱい。こりゃあゆっくり見られないかなと思ったが、記念館のツウである神無月さんのガイドで、ひと気のないところから見て回り、アニメ工房やアトムビジョンを楽しむことができた♪ 地下にはBJ先生がいらっしゃったので記念にパチリ!

梅田に移動。当初3人で車で行く予定だったが、夫は海遊館へ一人で遊びに行き、神無月さんと私は電車で梅田へ行くことに変更。車内が空いていたのをよいことに、カバンからこっそりBJ先生のフィギュアを出して神無月さんに抱っこしていてもらった。先生、良かったねぇ♪

Photo_4梅田に着いて、5分ほど歩いて劇場へ移動。外の柱にこれから観る公演のポスターが貼ってある。とうとう来たぞー♪とドキドキする(笑)。観劇の前に腹ごしらえということで、神無月さんにお昼をご馳走していただいた。ありがとうございました。美味しかったです。m(_ _)m

そして観た宝塚歌劇雪組「ブラック・ジャック 許されざる者への挽歌」は素晴らしかった。自分がジーンズの軽装なのが残念だったが……(泣)。座席が客席右後方隅っこだったのと、旅行に出る前に患った結膜炎のせいで、細かいところまでは見えなかったものの、内容は充分楽しめた(感想はふたつ前の記事にて)。観劇の間じゅう、またもBJ先生は神無月さんのお膝の上にいた。この果報者め~(笑)。

Photo_5興奮冷めやらぬまま、阪急デパートの辺りへ移動。これは私が「アリの足」に描かれた広島―大阪の徒歩旅行のゴール地点を見たいと言ったため。神無月さんとウロウロして「ここだ!」と見つけた地点でBJ先生の撮影会を敢行。挙動不審な我々をたま~に胡乱げに横目で眺めていく通行人がいるが、気にしない(笑)。写真の先生はピンボケになってしまったけれど、写したかったのは後方に屹立する通風孔だ。原作に描かれているのはちょうどこの角度。周囲のビルは建て替わってしまい、この通風孔もやがてはなくなってしまうのだろうが、存在するうちに写真に収められてよかった。先生の表情もどこか懐かしそうに見える。

そこから、まんだらけへ移動。これも私のリクエストで、私の地元にはないオタクのメッカを見てみたかったのだ。お上りさん丸出しで店内を見て回り、BJ連載当時の少年チャンピオンを物色していると、店員さんが声を掛けてくださった。#50「めぐり会い」が載っている号を探していると言うと、わざわざ検索してくださった。残念ながら現物はなかったが、店員さんの優しさに感動した出来事だった。ありがとう店員さん♪ 

さて、まんだらけを出た後からが一騒動。夫とはまんだらけ近くのパーキングで落ち合う予定だったのだが、その場所がわからないとケータイで連絡が……。どうやら近くには居るらしい。お互いが持っている地図で説明しようとするが、もはやとっぷりと暮れており奴は地図がよく見えないらしい……はぁ~。奴がいま停車している場所をなんとか聞き出し、こちらが歩いて向かうことになる。神無月さんには大変にご迷惑をおかけしてしまった(汗)。あれほど「梅田あたりで車と落ち合うのは大変ですよ」とご心配をいただいていたのに、「ワシは仕事で全国を渡り歩いた男だぞ」という奴の言葉を信じたのが間違いだった。おまけに私は歩いている途中で足が攣って神無月さんにマッサージまでしていただく始末……(滝汗)。ほんと、申し訳ありませんでしたッ!m(_ _)m

Photo_6なんとか夫と遭遇し、車で天王寺へ。当夜の宿泊ホテル指定の駐車場に車を置き、通天閣へ向かう。見たことはあるが、上るのは初めてだ。エレベーターの中に流れるアナウンスによると昨年100周年を迎えたのだとか。展望階にはビリケンさんやら七福神の像などがあって庶民的な雰囲気。この垢抜けなさ加減が私は好きだ(笑)。近くには高さ300mのおしゃれな「あべのハルカス」も見えるが、大阪とくに天王寺界隈は泥臭さや人間臭さを失くしてほしくないなと思ったりする。一旅行者の勝手な思い込みだけれど……。

通天閣を降りて近くの串カツ屋さんへ。二度付け禁止のソースを見て感激(笑)。このソースの味ってお店によって違うのかな? 卓上に小さなメモ用紙が置いてあり、それに希望の串を書き込んで店員さんに渡すというオーダー方法も新鮮だった。

そこから近鉄阿倍野駅辺りまで歩き、路面電車を眺めてから、神無月さんとはお別れとなった。一日じゅう、朝から晩までお付き合いいただき、本当にありがとうございました。のほほんと構えている我ら夫婦に代わって何から何までお気遣いくださり、充実という以上に濃い一日を過ごさせていただきました。感謝感謝です。m(_ _)m

という次第で旅行第2日目終了。本日ここまで。

|

« 春の京阪神ツアー その1 | トップページ | 春の京阪神ツアー その3 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/141713/49657783

この記事へのトラックバック一覧です: 春の京阪神ツアー その2:

« 春の京阪神ツアー その1 | トップページ | 春の京阪神ツアー その3 »