« 春の京阪神ツアー その3 | トップページ | 切手 »

春の京阪神ツアー その4

17日。いよいよ今回の旅行も最終日である。

Photo二日ぶりにぐっすり眠って起床。やっぱりベッドよりお布団がいいなあ♪ 7時から外湯が入浴可となるので、夫がタオルを肩にひっかけて出かけていった。私は今回はパス。城崎まで来て温泉に入らないのはいかにももったいないが、結膜炎だし……。朝湯に入るお客たちが引きもきらずに行き来しているのを上から眺めて過ごす。

二つばかり外湯を巡ってきた夫の身支度が済むのを待って、チェックアウト。前夜にコンビニで買っておいたサンドイッチなど簡単に食べて朝食とする。

Photo_2さて、当日の予定は城崎マリンワールドのみ。風は冷たいが好天の日曜日ということで、朝から結構な人出だった。ここの水槽は深い。水深12mもあるらしい。入り口から入ると、まず海面浅いところにいる魚たちが見える。そこから水槽のぐるりを階段で下りて行くようになっていて、だんだんと深いところにいる魚たちを見ていける仕掛けだ。釣りが趣味の夫が、水槽最深部にいるマダイの前から離れない(笑)。「そうか、8尋(ひろ)か……」などと呟いているところを後ろからパチリ。

屋外へ出て、寒風吹きすさぶ海岸沿いに進むとイルカ・アシカショーが見られるシーランドスタジアムに着く。なんとかイルカとなんとかイルカ(種類を忘れた)が一糸乱れず高々とジャンプしたり、ボールを尾びれで蹴って客席にシュートを決めたりするのを見る。イルカ、かわいいなぁ~♪ 

その後、屋内にあるいろいろなプールを覗いて歩いた。ショーの時間ではないので誰も観客のいない円形プールに数頭のイルカがいて、飼育員さんもいないのにぐるぐると高速で泳ぐものもいれば、鼻先だけ水上に出したり沈んだり延々と上下動を繰り返しているものもいる。これはもしかして自主的に練習をしているのだろうか? だとすれば、やっぱりイルカの知能ってすごいね!

ショップなども見て回り、お昼過ぎに城崎マリンワールドを後にした。魚好きな夫がことのほか喜んでいたので、ここは予定に組み入れて正解だったようだ。

さあ、あとは一路家路を辿るのみ。急ぐ旅でもないので、海岸線をのんびり走り、餘部の鉄橋を眺めたりした。鳥取に入る前にどこだかのレストランで昼食を取り、鳥取市湖山では独身時代に私が住んでいた辺りを懐かしく車窓から見る(当時よく行っていたスーパーがまだあった♪)。当時お世話になった方々、いまもお元気にしていらっしゃるだろうか。お会いしたい方もいるが、今回は通過します。ご無礼の段をお許しください。

途中で買い物などして、松江には6時頃に着いた。運転免許証を忘れて慌てて取りに帰ったのが3日前……。ずいぶん前のことだったような気がした(笑)。

4日間、目一杯遊んだ。行ける範囲内で行きたいところへは全部行き、見たいものは全部見た。結果、急ぎ足になってしまったけれども、本当に充実した旅行ができた。行く先々でお世話になった皆さま方、どうもありがとうございました。いろいろとご迷惑をおかけしましたこと、なにとぞお許しください。おかげさまで、本当に楽しい旅行ができました。感謝感謝です。m(_ _)m

最後に、ずっと運転してくれた夫に……。お疲れさまでした。道中の夫婦喧嘩も楽しかったよ。ありがとう。m(_ _)m

……というわけで、春の京阪神ツアーの顛末これまで。読んでくださった方、ありがとうございました。m(_ _)m

追記:結膜炎が一向に良くならないので、翌日に眼科へ行った。どうやらこじらせてしまっていたらしく、虹彩炎(この字であってるかな)も起こしているし、角膜もちょっと変だと言われ、ステロイド剤の点眼薬を処方された。それが効いて、それから1週間くらいですっかり完治した。このたびお会いした方に、もしかしてうつしたりしてはいないかと、それが心配なのだが……。

|

« 春の京阪神ツアー その3 | トップページ | 切手 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/141713/50026553

この記事へのトラックバック一覧です: 春の京阪神ツアー その4:

« 春の京阪神ツアー その3 | トップページ | 切手 »