« 黒男くんの履歴書 | トップページ | ロビー活動って賞賛されるべきものなの? »

英語版『BJ』を買った

兄から連絡があり「出張で広島へ行くのだが、行きたいなら乗せていってやるぞ」と言う。以前に私が「たまには○善や紀○国屋へ行きたい」と言っていたからである。ありがたく乗せていってもらうことにする。

兄が出張の用件を済ませる間の2時間が私のフリータイム。一目散に○善へ行く。以前はアーケードの中にあったように思うが、いまは天○屋八丁堀ビルの7~8Fに移っていた。事前にネットで調べておいてよかった。

で、買ったのが英語版の『BJ』(Vertical, New York, 2008)。たいして期待もせずに探していたらあったのでビックリした。さすが○善♪ とりあえず書棚にあったVol.1~5を全部買う。(帰宅してからネットで調べたらVol.17まであるようだ。う~む……。)

1万円以上のお買い上げとなり、Tully's coffee のサービス券をもらったので、すぐに活用。アイスコーヒーを飲みながら、早速買ったばかりの英語版『BJ』を読む。

洋書だから左開きでコマも反転しているのかと思ったら、右開きでコマも反転していない。いつも見慣れた日本語版『BJ』と同じ仕様で、ただセリフや効果音などが英語になっているわけだ。日本人には読みやすいが欧米人には難しいのだろう、巻末に「右から開いてページの右上から左に読んでね」と注意書きがしてあるのが面白い。また、ピノコの口調についてだとか、如月先生の「めぐみ」と「けい」は同じ漢字であるだとか、加藤清正というのは……だとか、欧米人にはわからないだろうと思われる事柄が欄外に「NOTE」として書かれていて、丁寧に翻訳してあるナという印象である。

英会話の勉強にもなりそうで、これからワクワクと読むことにする♪ こんな感じだよ~ということで、写真2枚。手ブレが酷くてすみません(汗)。

PhotoPhoto_2 

|

« 黒男くんの履歴書 | トップページ | ロビー活動って賞賛されるべきものなの? »

「ブラック・ジャック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/141713/52130474

この記事へのトラックバック一覧です: 英語版『BJ』を買った:

« 黒男くんの履歴書 | トップページ | ロビー活動って賞賛されるべきものなの? »