« 浴衣BJ先生♡❤♡ | トップページ | 残暑お見舞い申し上げます »

ペルセウス座流星群の夜

8月12日から13日にかけて、ペルセウス座流星群を見ようと空を睨み続けたが、どうやら薄い雲が全天を覆っているらしく、ところどころの雲の切れ間から明るい星が一つ二つ見えるだけで、果々しい成果は得られず。一度だけ視野の片隅に白い直線が見えたように思ったけれども、気のせいかもしれない。

リアルではどうしようもないのでネットで情報を探すと、国立天文台岡山天体物理観測所というところが中継をやっていた。岡山の空は晴れているらしく、北極星やその周辺の星座が綺麗に見える。しばらく見ていると、ビュンと星が流れた。おおお~♪ その後も数分に一度は見ることができた(ココから過去のライブが見られます)。

流れ星が消えないうちに願い事を3回言えば叶うという俗説をやってみようと思うが、本当に一瞬の出来事で長い言葉などとても3回言えそうにない。「金、金、金!」に決めて待つこと数分。流れた!と思った瞬間、しかし口から出たのは「わッ!」だけだった……。

結局その夜は4時頃まで中継を見続け、流星群を堪能した。ぎょしゃ座のカペラ(これは実際の夜空でも肉眼で見えた)やその他の星々が北極星を中心に位置を移動していくのを見て、地球の自転を実感することもできた。宇宙全体がゴーッという静かな音を発しているようにも思われて、なんだか安らかな心持ちにもなれた。やっぱり星空っていいな♪

|

« 浴衣BJ先生♡❤♡ | トップページ | 残暑お見舞い申し上げます »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

……昔、成田美名子という人のマンガを読んでいたときに、夜の星空の話があったことを覚えています。あれは、「エイリアン通り」だったかな? (^^ゞ

昼間の空は雲や青空に覆われていて、なんだか地球に閉じ込められているような気がする。けれど、夜になると星や宇宙が見えるから、心が解放されるんだ。

……というような話だったと思います。だから、夜の方が本音を語りやすいだろう、という主人公のセリフがあったような、なかったような。(^^;)

宇宙に包まれたような気分って、なんだか不思議と落ち着きますよね。悩み事があっても、逃げてないで立ち向かってみよう、なんて思えたりして。

そういえば、最近はあまり星を見上げたことがないなぁ……。(..)

投稿: モトキ | 2013年8月16日 (金) 00時18分

>モトキさん
いやいやとてもいいお話を書いてくださって嬉しいですが、何よりも、モトキさんが成田美名子を読んでおられたという事実にびっくりして、いいお話があんまり頭に入ってきません(爆)。女性の私でさえほとんど読んだことがないのに、男性のモトキさんが!……いろんな分野の本を読んでおられますねえ。@_@
うん、やっといいお話が心に沁みてきました(笑)。
土やガスでできた星たちも、私たち人間も、みんな等しく宇宙の仲間なんですよねえ。宇宙の始まりのときに虚空に放たれた同胞たちのように感じられて、星空を見るとどこか懐かしくて安心するような気分になれるのだと思います。
これからどんどん空が澄み渡ってきれいになる季節ですよ。モトキさんも是非星空を眺めてみてくださいな♪

投稿: わかば | 2013年8月18日 (日) 00時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/141713/52891762

この記事へのトラックバック一覧です: ペルセウス座流星群の夜:

« 浴衣BJ先生♡❤♡ | トップページ | 残暑お見舞い申し上げます »