« 松江観光 | トップページ | 三億円事件 »

古代出雲を巡る旅

きょうも神無月さんと息子さんのご旅行にあつかましくもご一緒させていただきました♪

きょうは題して『古代出雲を巡る旅』。ホテルで10時に落ち合い、最初にJR玉造温泉駅の近くにある湯町窯のお店を覗いてから、加茂岩倉遺跡と荒神谷遺跡へ行きました。

加茂岩倉遺跡は39個の銅鐸が一挙に出土したところ。これは、一ヶ所で見つかった銅鐸としては国内最多です。中には破壊されてしまったものがありますが、これは以下のような事情によります。

---遺跡は1996年に加茂町(現雲南市)岩倉の丘で農道工事中に発見された。重機で掘削中に、突然、異様な音がしたため、運転者は直ちに重機を止め、「どこの誰がポリバケツをこんなところに埋めたのか」と考えつつそばに行くと、ポリバケツならぬ「銅鐸」だった。---Wikipediaより

大発見というのは得てしてこんなものなのかもしれませんね。しかし想像するとなんだか可笑しいです。工事の人びっくりしただろうなぁ~(笑)。

近くに小さな資料館が建てられているのでそこへ行くと、係員の方がお茶などふるまってくださり、他の入館者と一緒にビデオを観たり詳しい説明を伺ったりできました。なかなか興味深いお話(近くの神原神社古墳から出た景初三年銘の銅鏡の話なども……)が聞けて嬉しかったです。ありがとうございました♪

続いて荒神谷遺跡へ。1984年~1985年に銅剣358本、銅鐸6個、銅矛16本が出土して大騒ぎになった遺跡です。なにしろそれまでに発見されていた銅剣は日本国中全部合わせても300本ほど。それを上回る数が一挙に出てきたのですから、それはそれは大変な発見だったわけです。その発見のきっかけは、やはり農道建設のための調査でひとりの調査員が須恵器のかけらを見つけたことだったとか。その調査員さんを誉めてあげたいです(笑)。

この2つの遺跡が発見されるまでは、学術的に出雲というのは神話の国の舞台という認識しかされていなかったようです。出雲神話が古事記に占める割合は大きいのに、何しろ何も「ブツ」が発掘されてこなかったからです。それが20世紀の終わりになって大発見が相次いだので、古代イズモ王国はやはり存在していたのだろうと考えられるようになりました。日本史の定説を覆す大発見だったわけで、現在この2つの遺跡から出土した青銅器は国宝に指定されています。

さて、そこまでで時間を食ってしまったので急いで出雲大社へ移動。まずは出雲蕎麦で遅い昼食を取ろうと思ったのですが、行った先のお蕎麦屋さんが定休日(がーん)。もうどこでもいいやとばかりに出雲大社の駐車場近くのお蕎麦屋さんへ。割子(わりご)蕎麦などいただきましたが、量も多く味も良かったです♪ 神無月さんにご馳走していただき恐縮。ありがとうございました。m(_ _)m

お腹いっぱいになったところで出雲大社に参拝。前回神無月さんが来られたときには本殿修復工事の真っ最中だったため、本殿には覆いがかけられその姿を見ることはできませんでした。が、今回は美しく甦った本殿の屋根をお見せすることができて良かったです。神無月さんご一家にたくさんの幸せが訪れますように。お子さんたちに良いご縁がありますように。パンパンパンパン(出雲大社は4拍手)。

参拝を終えて、車を神門通りの方へ移動。付近のお店を見て回ってお土産を物色していると、もう4時半になろうとしています。これからまた長距離運転でお帰りになるので、ここで本日の日程を終了。私は出雲大社駅から一畑電車に乗って松江に帰ることにして、お二人とお別れしました。そのときにたくさんの大阪土産やBJのTシャツなどをいただいてしまい、またまた恐縮しました。ありがとうございました。m(_ _)m

この2日間、本当に楽しかったです♪ なんだか私の趣味に付き合っていただいたような気がしなくもありませんが、田舎の綺麗な空気だけは満喫していただけたと思います(笑)。これに懲りずにまたお越しくださいね。ありがとうございました~♪

|

« 松江観光 | トップページ | 三億円事件 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

先日はお世話になりありがとうございました!
メインがどこだったかわからないほどの盛り沢山なご案内に感謝です^^
何と言っても宍道湖の夕日は素晴らしかったし、
加茂岩倉遺跡のおじさんのお話は「ここが好き!」オーラが出ててこういう好きなもの語りが好きな私には非常に楽しかったです(^^♪
島根はええとこええ人ええものいっぱいですね^^
どうもありがとうございました♪

投稿: 神無月 | 2013年11月 1日 (金) 22時45分

神無月さん
ほんとうに楽しい2日間でしたね♪ 
文句も言わずにずっと運転をしてくださった息子さんに感謝感謝です。
欲張ってあちこち行ったので、お疲れが出ていないか心配です^^;

はい、松江の一番の名物は宍道湖の夕陽だと思っています。先日は綺麗に見えてよかったですね♪
遺跡めぐりは私の趣味ですが、神無月さんも気に入ってくださったようで嬉しいです。あのおじさんも、ふだんはそんなに人が来ないのにあの日はたくさんの来館者だったので大喜びで語ってくださったのでしょう。おもしろかったですね^^

考えてみると、松江の市街地などはほとんど通りませんでしたね^^; 今度は海産物の美味しいお店へ行きましょう。またのお越しをお待ちしております♪^^

投稿: わかば | 2013年11月 2日 (土) 15時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/141713/53776053

この記事へのトラックバック一覧です: 古代出雲を巡る旅:

« 松江観光 | トップページ | 三億円事件 »