« 猪瀬氏辞意表明 | トップページ | 今年もお世話になりました »

『ピノコトリビュート アッチョンブリケ』

Photo昨日の朝日新聞の1面。「天声人語」の右側にピノコ、左側にBJ先生のお姿があったので思わず切り抜く♪ 森○ヨーグルトを推奨しておられるようだ(笑)。あした買ってこよう~っと♪

Photo_2さて『BJ』連載40周年もあとわずかとなったが、先日は『ピノコトリビュート アッチョンブリケ』が発売されたので買ってきた。帯には「みんなピノコを愛ちてゆ❤」「可愛いピノコがたっぷり詰まった超豪華公式アンソロジー!」の文字が躍る。総勢40名のマンガ家がピノコを描いたアンソロジーだ。

表紙のピノコが文句なしに可愛い! よく見ると、左側の黒いのはBJだ。ピノコは先生のコートの裾の中に入って先生と手をつないでいる。嬉しそうな表情がなんとも言えない♪ 原作では見たことのないシチュエーションで(原作ではコートの中には入っても手はつないでいない)、こうであってほしいというピノコファンの願望が如実に現れていると思う。

内容は、まあ想像したとおりで、ピノコの「大きくなりたい」という願いを扱ったものが多かったように思う。ピノコが優れた手術助手であるという点を扱った作品が一点もなかったのは残念至極。ピノコの恋心を叶えてやりたいと、作家さんそればかりを考えてしまったのかなぁ……。印象に残ったのはワダアルコの「夢一夜」。BJが見た夢の話で、BJの身体が幼児になり逆にピノコが大人になる。ピノコが日頃感じている不安や心配をBJが身をもって知るというもの。子どものBJが可愛かったしね♪

ところで、書店でこの『ピノコトリビュート』の隣にあったのが、風間宏子の『神の手をもつふたり ブラックジャック×氷川魅和子~ダーク・エンジェル外伝~』。ブラック・ジャックと名がつけばたいてい購入してしまう私だが、ちょっとこれには食指が動かなかった。なんだかモヤモヤしてしまうのは何故だろう。例えばこれが『北の粛清 ブラック・ジャック×デューク東郷~ゴルゴ13外伝~』な~んていうやつだったら、私は迷わず買う(笑)。だから既存のマンガシリーズにBJ先生がコラボ出演されること自体に抵抗があるわけではないのだ。とするとやっぱり氷川魅和子が問題なのだろうなぁ。天才的な外科医で法外な手術料を取るなど女版BJのような主人公と、本家BJが一緒に出てどうするんだという思いがどこかにある。BJの独自性や特殊性が薄れるような作品は……あんまり読みたいとは思わないのである。(これは決して風間宏子氏とその作品を誹謗中傷するものではありません。ごく個人的な、一BJファンの思いを書いたにすぎないことをお断りしておきます。m(_ _)m)

|

« 猪瀬氏辞意表明 | トップページ | 今年もお世話になりました »

「ブラック・ジャック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/141713/54359265

この記事へのトラックバック一覧です: 『ピノコトリビュート アッチョンブリケ』:

« 猪瀬氏辞意表明 | トップページ | 今年もお世話になりました »