« オリンピックと竹島と | トップページ | お雛さま気分でチャット♪ »

ビブリア古書堂×BJ

ドラマは2~3回観たものの、原作は読んだことがなかった『ビブリア古書堂の事件手帖』(三上延著 メディアワークス文庫)の第5巻を読書中。何故1~4巻を読んでいないのにいきなり5巻目かというと『BJ』が取り上げられているからに他ならぬのであった(笑)。

ビブリア古書堂を営む栞子さんのもとへ、「父親が所蔵している『BJ』シリーズのうちの数冊が見当たらない」との相談が舞い込む。BJファンならお察しのとおり、紛失しているのは少年チャンピオンコミックス版の第4巻(それも5冊あったうちの3冊!)である。そもそもどうして父親は同じ本(と言うと多少語弊があるが……)を5冊も持っていたのか? そしてその5冊目を入手した場所とは? という謎を解明しながら、相談者の両親の馴れ初めや、父親と息子の確執とそれが解きほぐされていく様が描かれている。

相談者の両親が手塚作品、特に『BJ』のファンだったというのが嬉しいお話である(そのお二人より私のほうが8つも年上だというのがショックではあるが……)。何故第4巻に値打ちがあるのかについては今さら説明はしない。ネタバレにもなるしね(笑)。しかし、5冊目を入手した場所については、私の世代ならすぐに思い当たるのだが、こういうことが謎になるというのにも隔世の感があって、少なからずショックを受けたのであった。orz

-----------------------------------------------

CAMPFIREで展開されていた手塚プロダクションとシャプラニールのフェアトレード商品開発プロジェクトの件。昨年夏に募金していたのだが、本日製品が届いた。

Campfire_2どれも丁寧に手作りされていて、素朴で温かみが感じられる品々だ。バングラデシュやネパールの人たちが、ひたすら一生懸命に手塚キャラの製品を作り出してくださったのだろうと思う。現地の人は最初、レオをウサギだと思っていたのだとか(笑)。

「子供達に夢を」にアトム、「ガラスの地球を救え」に火の鳥、「美しい自然」にレオ、「かけがえのない生命」にBJを配して、手塚治虫が伝えたかったメッセージも上手く取り入れられていると思う。大切に使わせていただきます。ありがとう♪

|

« オリンピックと竹島と | トップページ | お雛さま気分でチャット♪ »

「ブラック・ジャック」カテゴリの記事

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

ほぼ1ヵ月遅れになってしまいましたが、ようやくビブリアの5巻を読み終えました。だいぶ前に購入していたのですが、1巻から読み直しているうちに他の本に手を出してしまいまして・・・。(^^;)

BJのお話、なんとなく見当は付いていました。それはいいのですけど、別のことでビックリしてます。

以前、私が購入した電子書籍のBJについて、手塚先生が自分で収録順を選んだ全集版なので、雑誌掲載順ではないことを教えていただきました。その話の流れでなんとなく、最初の秋田書店版は雑誌掲載順だと思い込んでいたんです。ビブリアの中にそうではないことが書かれていて、驚いている次第です。(^^ゞ

手塚先生の作品で、BJのような一話完結ものは、雑誌掲載の順を追って読むことすら難しいのですね。「手塚の作品は単行本を一種類読んだだけではわからないことが多い」という作中人物の評に大きくうなずいてしまいましたよ。(^^;)

それと、わかばさんが嘆いていた貸本屋の件。私も、本に正の字が書かれている、という記述で貸本屋だとわかってしまいました。今はレンタルブックとかいうのでしょうかねぇ。・・・古い人間にはついていけません。(^_^;)

ところで、最初から読んでいる私にとってこの5巻は、これまでのエピソードの後日談や、いじましい恋愛物語の進展、過去におぞましい事件を引き起こした人物の復活など、エポックメイキング的な位置付けになります。5巻だけ読んだわかばさんには、なんだか消化不良な思いが残るのでは? (・ω・)

投稿: モトキ | 2014年3月21日 (金) 00時18分

モトキさん
コメントありがとうございます^^

ビブリア5巻。古今東西の名著に混じってシリーズの中に『BJ』が取り上げられたことが、手塚ファンにとっては嬉しい1巻でした♪

『BJ』の雑誌掲載順について。もしかしたら私の判りにくい説明がモトキさんを誤解させてしまったかもしれません。どうもすみません。m(_ _)m

現在のところ『BJ』が雑誌掲載順に読めるのは、『新装版ブラック・ジャック』と『手塚治虫文庫全集』と『ブラック・ジャック大全集』だけではないかと思います。↓
http://www.akitashoten.co.jp/comics/4253207510
http://kc.kodansha.co.jp/tezuka80/
http://www.fukkan.com/sp/blackjack/

しかしそのどれにも未収録作品がいくつかあり(特に「植物人間」と「快楽の座」は当分解禁されそうにありません)、また雑誌掲載順とは言うものの雑誌に載ったそのままの形ではなく後に手塚先生が改変したものが収録されていたりと、なかなか当時の姿をそのまま読むことは難しい状況です。
掲載順やあらすじを見るには、秋田文庫の『BLACK JACK ザ・コンプリート・ダイジェスト』が便利ですよ。私が持っているBJ関係の本の中で一番ボロボロになっているのはこの本です(笑)。

貸本屋さん。いまではとんと見かけなくなってしまいましたが、私が通っていた中学校と自宅の間に一軒あって、当時は足繁く通ったものです。あの雰囲気、懐かしいですよねえ……。絶滅危惧種に指定しておいたほうがいいと思います(笑)。

ビブリアシリーズ。実は5巻も『BJ』のところしか読んでおりません(汗)。元図書館員で推理もの好きの私にとっては、ずばりストライクゾーンど真ん中のジャンルではあるのですが、どうにもあのカバー絵について行けず……(笑)。せっかく文章から登場人物や雰囲気を自分なりに想像したいのに、余計なビジュアル情報は邪魔でしかありません。というわけで、私にはあのシリーズを読破することは無理なようです。^^;

投稿: わかば | 2014年3月21日 (金) 23時11分

いくつも情報をいただき、ありがとうございます。早速サイトを見てきました。やはり『ブラック・ジャック大全集』に引かれるモノがありますが、一冊3500円という豪華装丁本にはちょっと手が出せそうにありません。(^^;)

・・・税別で3675円という価格設定はちょっとナゾですね~。(-_-;)

『BLACK JACK ザ・コンプリート・ダイジェスト』は手頃なお値段でしたので、次回発注時には一緒に購入してみようと思います。・・・ちょうど今日、文庫本を数冊発注してしまったもので。(^^ゞ

先日ご紹介した「もののけ本所深川事件帖」の続編は、Amazonに在庫がありませんでした。今回はSFモノを中心に4冊ほど注文しましたが、文庫4冊で三千円をはるかに超えています。1冊千円以上の文庫も珍しくないとなると、どうしても電子書籍版に流れてしまいたくなる気持ちを抑えられませんね。(^^;)

ビブリアは、挿絵はないのですが、表紙と見返しのところにイラストがあるんですよねぇ。私なんかは雑な性格ですので気にしませんけど、自分で文章から想像を働かせる人にとっては、ただの邪魔者でしかありません。最近はそういうビジュアルと装丁に凝った本が多いですね。本なら文章だけで勝負すればいいのに、と思ってしまいます。(^^ゞ

・・・あ、そうそう。わかばさんの説明で誤解したわけではありませんよ~。説明されなかった部分を私が勝手に解釈しただけです。しかもそれが間違っていたもんで、余計なご心配をかけてしまいました。誠に遺憾に思います。・・・っていうお詫びって全然謝っている感じがしないのは、多分政治家の責任ですよね~。(^.^)

投稿: モトキ | 2014年3月22日 (土) 00時51分

モトキさん
コメントありがとうございます^^

はい、『ブラック・ジャック大全集』は良いですよ♪ 雑誌掲載順に読めることも嬉しいですが、「少年チャンピオン」本誌の大きさのままで読めるのが醍醐味です♪ その代わり、置き場所には困りますけどね。書棚の最下段にしか収まらない背の高さなのに、そんなスペースの余裕はないという……^^; しかたがないので、いまはとりあえずタンスの上に並べています^^;

あれ? 税抜価格で3675円になってますね。あれ~? 私いくらで買ったのかな? 15巻一括で前払いだったことは覚えていますが、金額は忘れてしまいました。ごめんなさ~い^^;

う~む。4冊で3000円超ですか。私は読みたい本はどんなに高くても手に入れないと気が済まないタチなので(図書館で借りるのはダメなんですよ……^^;)、普段あんまり金額は気にしないのですが、こうして改めてあからさまに数字を見てみると、ちょっとオタオタしてしまいますね^^; 確かに電子書籍のほうが良いのかも……。(実は先日Kindleを買ったのですが、何故だかWi-Fiの設定が上手くいかず挫折しているところです。orz)

高橋由太さんの本、書店で『もののけ……』シリーズが見つからず、『ちょんまげ、ちょうだい』というのを一冊買って読んでみました。場面場面の描写にはそれなりに引き込まれるものがあるのですが、全体の構成にあまり面白みがないと感じました。主人公の二人にもたいして魅力がない。ですので、このシリーズはもうやめて、今度こそ『もののけ……』シリーズを探してみたいと思います。(`・ω・́)ゝ

いえいえ、私がもっとしっかりご説明申し上げればよかったのにと、自分の説明力不足を誠に遺憾に存じます。←うん、まったく謝っていない感じがしますねえ^m^

投稿: わかば | 2014年3月23日 (日) 21時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/141713/55139106

この記事へのトラックバック一覧です: ビブリア古書堂×BJ:

« オリンピックと竹島と | トップページ | お雛さま気分でチャット♪ »