« DASH島が好き♪ | トップページ | お宝ゲット♪ »

藪の中

4月9日。長年使ったWindows XPのサポート終了の日としてではなく、小保方氏の会見を見た日として記憶に残りそうだ。午後1時から始まった会見はワイドショーでほとんど全部観ることができた。

小保方氏が筆頭著者となり“Nature”誌に掲載されたSTAP細胞の論文に「改竄」や「捏造」の不正があったと理研が断じ、それに不服申し立てをした小保方氏が意見を述べるということで、いったいどんなことを話すのか興味津々であった。何か新しい証拠を示して反駁するのか、理研という組織内の諸々をすっぱ抜くのか、「悪意」という言葉の意味合いを論じて法的な方向へ持っていこうとするのか、などと思いながら野次馬根性で見ていたが、結局は己の未熟さや無知さ加減を反省して関係者に詫びるという意味合いが大きい会見だった。彼女にとって自分の意思表明ができるこういう場を設けられたことは、とても良かったんじゃないかと思う。

理研が彼女ひとりに罪を押し付けたという見方もあるが、まずは彼女の行為が正しかったかどうかを検証することは必須だったろうと思う。そしてそれは、彼女も認めたとおり、科学者としてあるまじき行為だった。誰も教えてくれなかったから研究の仕方も投稿の仕方も知りませんでした、なんて、子どもみたいな言い訳が通るわけがないことは素人でもわかる。まさか筆頭著者が雑誌の投稿規定を知らなかったなんて理研も夢にも思わなかったに相違なく、理研に一番の責任があるとすればそんな彼女をチームリーダーに据えたことだろうと思う。

会見では、これといった新しい証拠が示されたわけでもなく、彼女の「不正」は覆りそうもないように思う。真正なデータはある、と彼女は言うが、それが真正であるという裏付けができない状況ならば、不服申し立てをしても意味はなさそうだ。

記者からの質問は、論文の不正に関するもの、STAP細胞の有無に関するもの、彼女と理研の関係を問うものなどいろいろ出たが、事前に彼女の健康面の理由から彼女を追い詰めるような質問はするなと釘を刺されていたためか、核心に迫るような有意義な質問は少なかった気がする。

ところが、質疑応答の最後のあたりで小保方氏から大変な発言が飛び出した。「自分はSTAP細胞の作製に200回以上成功している」「追試に成功した人がいる」!!

特に、追試に成功した人がいるというのには驚いた。というか、狐につままれたような気になった。「STAP細胞はあります!!」と悲壮な声で百万回言うよりも、その人に証言してもらうほうがはるかに信憑性があるではないか。なんでこの場に連れてこないのだ? 質問者の「事実ならば個人名を出したら?」という問いに「なるほど……」と答えるのは、証明を旨とする研究者としては実に奇妙な反応だったのではないか?

というわけで、最後の最後になって新たに大きな疑惑が生まれた小保方氏の会見なのであった。でも、STAP細胞には本当に存在していてほしいと切に思う……。

|

« DASH島が好き♪ | トップページ | お宝ゲット♪ »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/141713/55715123

この記事へのトラックバック一覧です: 藪の中:

« DASH島が好き♪ | トップページ | お宝ゲット♪ »