« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »

2014年8月

松江水郷祭花火大会2014

雨で中止となっていた松江水郷祭の花火大会(8月9~10日)が本日行われた。本来なら3千発と6千発に分けて2日間であげられるはずだったのを、きょうは一日で9千発だから、なかなかに見応えがあったと思う。9月も目前、既に秋の気配が濃厚な昨今だが、涼しげに浴衣に身を包んだお嬢さん方を見るのも目の保養だった。

やっぱりひと夏に一度は花火が見たいものですね♪

140830 宍道湖上にあがる花火。実際は金色だったのだが白く写ってしまった(汗)。花火の手前に見える橋は宍道湖大橋。臨水亭の駐車場付近から写す。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

思い出の地の災害

このたびの広島市の大雨に伴う土砂災害で多くの犠牲者が出ているというニュースを見て、痛ましくてならない。というのも、私は大学4年生の夏を安佐北区加部で過ごしたからだ。

もう30年以上も昔の話。広島文教女子大学(当時は短期大学だったと思う)で行われた2ヶ月ほどの図書館司書講習を受けた。この講習を受けるかどうかは、私の人生の大きな岐路だった。私は教育学部の学生ではなかったのだが、教員免許に必要な単位も取得していて、あとは教育実習に行くだけのところだった。ところがその教育実習の日程と図書館司書講習の日程が一部重なってしまったのだ。

私は司書講習を選んだ。子どもの頃から図書館で働きたいと思っていたのと、私が先生になんぞなったら生徒が可哀想だと思ったのが大きな理由だ。司書資格を取ったからといって就職先が見つかる保証はなかったから、いまから思うと大きな賭けだった。結果としては運よく拾ってくれた図書館があったのだけれど。

2ヶ月間朝から夕方までみっちり講義を受ける毎日だった。寮に帰ってからもレポートを書いたりで忙しく、また自分の卒論の準備もしなくてはならなかったから、持参した分厚い『国歌大観』と首っ引きだった夏の夜をいまでも懐かしく思い出す。講習でともに図書館学を学んだ友とは、いまに至るも年賀状のやり取りなどしている。

お盆の間だけは講習が休みだったので、その間は郷里に帰った。その往復のバスの窓から見た安佐北区近辺の景色はいまでも記憶に残っている。国道54号線の東、山の際ぎりぎりまでぎっしりと家が建ち並んでいた。おそらく広島市のベッドタウンとして開発されたのだと思うが、当時の私の目から見ても「あんなところに家を建てて大丈夫?」と思われるようなところまで家並が続いていた。そもそも講習が行われた大学の立地からして、すぐ裏は山だった。寮の中、部屋の中まで入り込んでくる大きなムカデには往生したものだが、寮で飲む水は山の水を使っていたのかめっぽう美味しかった。

あの頃より更に宅地開発は進んでいたに違いない。そこが崩れたのだ……。飲むと美味しかったあの水が、山の斜面を削り落とす濁流と化したのだ……。なんともやりきれない……。

行政の避難指示が遅れたことは指摘されているが、それよりはるか以前の問題として、山ぎりぎりのあそこまでを宅地として許可したことの過失のほうが大きいと私は思う。ましてや土質は崩れやすいまさ土である。宅地を広げることが優先されて安全性が軽視されてきたのではないかと疑う。

共に学んだ友達も、今回の災害の報に接して当時のことを思い起こしているに違いない。加部という地に青春の思い出の一コマを刻んだ者として、犠牲者のご冥福をお祈りするとともに、今後このような悲しい出来事が起こりませんようにと願わずにはいられない。合掌。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

(備忘録140819)

近頃気になる人々を書き留めておく。

●ジョージ・マシゲル
サマソニでTOKIOのステージにいたギタリスト(爆)。数々の伝説が作られたステージだった模様だが、彼のギターソロも絶品だったとか。ライヴ盤が発売にならないかなあ。まずはライヴ成功おめでとう。24時間マラソンも頑張れ^^v

●佐世保の同級生殺人事件の加害女子高生
これはもう教育云々の問題ではないと思う。生まれついてのハンニバル・レクターか……。言葉がない……。

●タイの代理出産の件の父親であるところの日本人男性
なんとなく「ルパン三世 VS 複製人間」のマモーを思い起こさせる。「たくさん子どもを作って事業を継がせようと思った」とわけのわからぬことを言っているらしいが、しかし、有史以来これほど多くの子どもを残そうと考えた人間がいただろうか。生身の人間にはできぬ。人工授精の技術と代理出産というビジネスと資産があってはじめて可能になる野望である。この事案がはたして何かの法律に違反しているのかどうかさえ、凡人にはわからぬ。

●まんだらけの一件で謎の電話をかけてきた女性
盗品を返却したいという犯人の母親からの電話は、いたずらだったという。何故いたずらと判明したのかもわからないが、その後、続報を見ない。何がおもしろくてこんなことをしたものやら。ただの目立ちたがり屋か、かまってちゃんか。それに、何らかの罪になったりはしないのかな(捜査かく乱で公務執行妨害とか……)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

まんだらけの一件

まんだらけが万引き犯に出した警告、さてどうするかと興味津々で経過を見ていたが、やはり「警視庁の要請により」顔を晒すことは止めたようだ。

これは脅迫罪になるという弁護士の見解が事前に紹介されたり、「いいぞ、やれやれ
」という意見が喧しかったりと世間の注目を集めた一件だった。まんだらけは「法的リスクがあることは承知のうえで公開する」と発表していたが、すんでのところで思い止まったようである(笑)。

25万円相当の品を万引きされては、頭に血が上るのも無理はない。たとえ警察が犯人を見つけたとしても、商品が戻ってくるという保証はない。犯人が代金の25万円を賠償すればよいという話ではなくて、こういう店の場合その店にその品物があるということ自体に価値があるからだ。代金後払いで万引き犯に売ったというのでは、なんとも承服しかねるモヤモヤが残ると思う。

だから心情的にはまんだらけには心から同情する。しかしこういうやり方を認めてしまうと、後々誰がどんなふうに悪用するかわからないという恐ろしさがある。嫌いな人間を陥れることだってできないことはない。また、今回まんだらけは絶対的な証拠を示せるからこういう出方をしたのだろうが、冤罪を生む可能性だって決してゼロではない。そういうとき、ネット上に流出した情報を全て回収することなどもはや誰にもできはしないのである。

世界じゅうの人にネット経由で顔を知られてしまうというのは、刑罰としても非常に重い部類だろう。要は、個人が(会社だが)ここまでの私刑をやってもよいのかどうかということだ。

私刑はしてはいけないというのが法治国家たる日本の決まり事である。まんだらけがもしも犯人の顔をネットに晒していたら、これはまあ大変なことになると思わざるを得ない。犯人もだが、まんだらけもである。私なら、こんなところ怖くて二度と行かれなくなる(いや、決して万引きなんかしようとは思っておりませんが……)。客足は遠のきそうな気がする。まんだらけも、法的リスクは冒しても商売的リスクは冒さないだろうと思う。

だからこの一件、筋書き通りというか予定調和というか、全てはまんだらけの思惑どおりに進んだのではないかと私は思う。警察からの要請があったから止めたのだという社会的言い訳もできるし、記事を読むと犯人の関係者からの接触もあったようで、いずれ盗まれた商品は返ってくると思われるし、警察だって沽券に関わるから一生懸命犯人捜しをするだろうし、世間にあまたいる万引き犯をビビらせることにもなっただろうし、なにより、ニュースに取り上げられて自社のいい宣伝になったではないか(笑)。まあ、一回しか使えない手だけどね~。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

「宇宙展2014 in 松江」

松江イングリッシュガーデンで開催中の「宇宙展2014 in 松江」を見に行ってきた。土日は人が多いだろうと金曜日にしたのが正解だった。子供さん連れのお父さんもいらっしゃったが、たいていはご夫婦二人連れで、係の人の説明もゆっくり聞けてありがたかった。

Photoで、人が少ないのをいいことに、宇宙飛行士の服も着させてもらった。着ていった服の上からがばっと着ているのでもこもこしているが、ちゃんと着れば私だってもう少しは細く……(以下略)○| ̄|_

Photo_2こちらは船外活動服。着ているわけではなくて、後ろに置いてある台に上がって顔だけ出している。これ、本式に着るとなったら大変だろうな。すごくガッチリしていて動きにくそうだ。ロボットになった気分である。


展示は、入り口のスペースシャトルの模型から始まって、宇宙ステーションの模型、日本の「きぼう」棟の模型、アポロやソユーズその他たくさんの宇宙ロケットの模型、各国の宇宙開発計画の年表、はやぶさやイトカワ、太陽系の説明等々のパネルがあり、盛りだくさんである。ビデオ上映もあったがこれは見逃した。体験学習としては、紙に赤と青の二重線で書かれた星型の図形を鏡で見ながら二重線からはみ出さないように鉛筆で一周辿れるかというのがあった。宇宙飛行士なら1分以内にできるそうだが、私は2~3分かかった。星型の角のところで二進も三進もいかなくなるのである。宇宙飛行士にはなれないなあ……。

あと、なんとかという人工衛星から見た松江市の上空写真がおもしろかった。壁に大きく貼りだされていたのだが、一軒一軒の家まで見える。これが松江━東京の距離を縦にした上空からの撮影画像だというのだから驚く。「これ、北朝鮮の様子もわかっちゃいますね」と言ったら、係の方が「北朝鮮でも中国でも、みんなわかってると思いますよ」とおっしゃった。本来は気象やら地形やら災害の様子やらを調べるための衛星らしいが、軍事目的にも使えるのだなあと改めて思った。

売店でJAXAのノートとへ~んなエイリアンのキーホルダーを買った。夫には呆れられたが、満足だ^^b

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »