« 『こころ』 | トップページ | 遅くなりましたが、御礼をば。 »

告知 ならびに無謀な試みの顛末

2014年10月12日(日)11:00-16:00 綿商会館4F
上記のイベントに、(私は当日参戦はできませんが)サークルのメンバーの一人として参加させていただきます。スペース、サークル名等は以下のとおりです。
------------------------------------------------------
A10  BJ Secret Base
題名: Black Jack Fan Book
40ページ 300円
執筆者: EDGEさん 神無月さん 鳴斗さん 私 の4名
------------------------------------------------------
BJをこよなく愛するメンバーが寄り集まって1冊の本を作りました。当日会場へ行かれる方がおられましたら、是非お手にとってご覧くださいませ。m(_ _)m
以上、告知でした。

以下、言い訳とかその他もろもろ。↓
いや~、この年齢になって同人誌を作るなんて思ってもみませんでした。EDGEさんからのお誘いについ「やりましょう!」なんて答えてしまった自分が今でも信じられません(汗)。それも「4コマいいですね~」なんて言ってしまったんです。その時点でお絵かきソフトも持ってなければ、ちゃんと絵を描いた経験もない私がですよ……。

そのときの私の心積もりでは、紙にざざっと鉛筆で描いておけば後はEDGEさんが何とかしてくださる、と、そういうお気楽な感じでした。そうと知ったEDGEさんはたぶん非常な危機感を覚えられたに相違なく、私にフリーのお絵かきソフトを紹介してくださいました(笑)。ふむふむ、薄々そうじゃないかとは思ったけどやっぱり紙に描いたんじゃだめなのねと覚った私は、早速そのソフトをダウンロードしてみました。

まずは操作に慣れなくてはいけません。そもそもトーンを使ったりだとか、あとよくわかりませんが何か難しいワザだとかを使うつもりもありませんから、線とベタ塗りさえ描ければいいやと思っていました。しかし、それさえも私には難しかったのです……○| ̄|_

だいたい私のペンタブはマウスの動きしかしません。どういうことかというと、ふつうペンタブは絶対座標で動作しますが、私のペンタブはマウスのような相対座標でしか動作しないのです。これは今年パソコンを買い替えたときからずっとそうです。パソコンがペンタブを認識してくれません。たぶん私のペンタブが壊れているか古いせいだと思うのですが、買い替えるつもりもないので、もうこれで行く!と決めました。ただこれだと筆圧も感知してくれないので、後々何回も凹むことになりましたが。

いや、4コマまんがの魅力は絵じゃない、筋だ! と気持ちを切り替えることにしました。自分の絵の下手さ加減に呆れたという……これが8月初旬のことだったかな。

いや、こういうことは出来の良し悪しじゃないんだ、参加することに意義があるんだ! と思うことにしたのは、もはや自分の4コマのどこが面白いのかわからなくなった8月下旬……。

そして、EDGEさんから告げられていた〆切日の9月15日。なんとかかんとか4コマ4編と考察2ページを送りました。「PDFで送ってね」と言われていたのに何故かそれもできずJPGになりましたが……(ごめんよ~、ごめんよ~)。

はぁ~。○| ̄|_

脱力しました。解像度が足りていなくてまたまたEDGEさんのお世話になったりしましたが、何かこう一つのことをやったぞ!みたいな充足感のようなものはありました。それまで毎日画面で見ていた自分の下手な絵からもサヨナラできます。ばんざ~い!という感じでした。

しかーし!

大ミスをしていました。EDGEさんから「最終チェックをしてください」と1冊全部の原稿を見せていただき、私以外の皆さんのページのクオリティの高さに忸怩たる思いを抱いていたときにふと気付いたのです。

私の描いたBJ先生には顔に傷痕がない……@_@;

やっちまったぜぇ~~~~○| ̄|_

久々に全身から血の気が引くのを経験しました。なんということでしょう。全部で4つものコマで先生の傷痕を描き忘れていました。それでなくてもBJ先生に見えないのに傷痕がなかったらそれはもう全然別人。慌ててEDGEさんに連絡し、描き足していただきました。これでもうEDGEさんには生涯足を向けて寝られなくなった9月下旬の出来事でした。

最初から最後の最後までEDGEさんにはお世話になりっぱなしでした。よくぞこんな何もできない人間に辛抱強くお付き合いくださり指導してくださったものと、お気の毒にさえ思えます。申し訳ありませんでした。そして、ありがとうございます。

どういうご縁かご一緒に本を作ることになった神無月さんと鳴斗さんにも、心からのお礼を申し上げます。私一人でこの本のクオリティを下げてしまったこと反省しています。どうかどうかお許しくださいねぇ。

というわけで、この本をお手にとってくださる方は、どうぞ私の担当ページは鼻で笑って読み飛ばしていただきたく、よろしくお願いいたします(笑)。イベントが楽しいものになりますよう、お祈りしています。

|

« 『こころ』 | トップページ | 遅くなりましたが、御礼をば。 »

「ブラック・ジャック」カテゴリの記事

コメント

・・・それ、是非見たいんですけど、今からでも手に入りませんか? (*^ω^*)

ああでも、わかば大先生入魂の作品、キズのないBJ先生も見てみたかったなぁ。(*^m^*) ←完全に楽しんでます

投稿: モトキ | 2014年10月16日 (木) 00時09分

モトキさん
お買い上げありがとうございます~♪
……なんて、嘘うそ。
モトキさんには始めから差し上げるつもりで1冊キープしてあります^^b
こちらからご連絡差し上げるつもりでしたが、もたもたしておりまして、申し訳ありませんでした。よろしければ、ご住所をメールでお知らせいたけませんでしょうか。すぐにお送りいたします。
なにとぞよろしくお願い申し上げまする。m(_ _)m

投稿: わかば | 2014年10月16日 (木) 23時06分

厚かましくもメールを送らせていただきました。色々お世話になってしまって、ホントにありがとうございます。

わかばさんの四コマ、楽しみです~。(*^m^*)

投稿: モトキ | 2014年10月16日 (木) 23時31分

モトキさん
メールありがとうございました。
4コマ……ま~その~、あ~う~。
↑田中さん?大平さん?^^;

投稿: わかば | 2014年10月17日 (金) 21時48分

例のモノ、本日到着いたしました。なにやら色々と出雲の名物を頂戴し、感謝感激雨アラレ状態でございます。m(_ _)m

ただ今さっそく、素戔嗚尊になった気分で「ヤマタノオロチーズ」をいただいております。……思ったより辛いので、晩酌(?)用にPC前に持ってきているアイスコーヒーがジャンジャン減っていきますねー。(>_<)

ファンブック、楽しませてもらっています。「七色インコ」ってどんな作品なんだか、興味津々~。四コマも読みましたよ~。わかばさんって、起承転結ならぬ「起々々結」とか、「起結々々」みたいな作風がお好きなのでしょうか? (^^ゞ

ラストのキリコは笑わせてもらいました。BJ大先生、どうやってあんな写真を手に入れたものか。それを想像するだけでも笑いがこみ上げてきますね~。(*^ω^*)

EDGEさんのBJは夢に出て来そうだし、存じ上げませんけど鳴斗さんのピノコはカワイイし・・・。あと報酬の隠し所については、BJ=ド○えもん説が有力なのではないかと邪推しております。四次元ポ○ットは無敵ですよねぇ。(^^;)

ああ、いけない。ニコタの巡回を済ませないと、もう時間が・・・。アバターの私がフトコロに抱いているウサギは、きっとでっかい時計を持って焦っているのでしょうね。では、また。(^^ゞ

投稿: モトキ | 2014年10月29日 (水) 22時51分

モトキさん
無事に届いたようで安心しました。
チーズ、辛かったですか^m^ スサノオの如く雄々しくオロチに立ち向かって成敗してくださいませ(笑)。
本をお読みいただき、ありがとうございます♪
「七色いんこ」は、どんな役でも演じられる舞台俳優で且つ泥棒という七色いんこという男の話です。読むと、演劇に詳しくなれるという特典があります(笑)。
あ~、4コマ……。起承転結って何?中華料理?という素人ですので、なにとぞご勘弁のほどを(汗)。BJ先生が持っている写真は「99.9パーセントの水」のときに隠し撮りをしたのを合成したものと思われます。うん、きっとそうです^^;
EDGEさんと鳴斗さんのコンビは、BJとピノコが三次元になったらきっとこうなんだろうなと思わせてくれる最強コンビだと思います。私もまだお会いしたことがないのですが、実際に見たら血圧上がって卒倒するんじゃないかと思います^^
なるほど! 四次元ポ○ットという手がありましたね! でもBJ=ド○えもんだったら、ワタクシ長いBJファン歴に終止符を打とうと思います、はい。^^
ご感想をいただき、とても嬉しかったです♪ どくろページの出来はまあアレとして、こういう経験をさせていただけたことは一生の思い出になりそうです。
ありがとうございました~^^v

投稿: わかば | 2014年10月29日 (水) 23時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/141713/57530797

この記事へのトラックバック一覧です: 告知 ならびに無謀な試みの顛末:

« 『こころ』 | トップページ | 遅くなりましたが、御礼をば。 »