« 京都の旅 その3 | トップページ | 京都の旅 その5 »

京都の旅 その4

嵐電に乗って映画村へ行ったことはありましたが、バスで向かうのは初めて。どういう経路で進むのかわからないので気をつけていたつもりでしたが、おしゃべりに夢中になっていたのか、ふと気がつくとバスが広隆寺の角を右に曲がるところ。あれ? おっかしいな~。広隆寺が右にある? あ、そういう経路か!@_@ と気付いて次のバス停で慌ててバスを降り、バス停一つか二つ分歩いて引き返しました(汗)。神無月さんと「映画村というバス停表示は出ませんでしたよねえ?」と首をひねりますが、なにぶん二人ともぼんやりさんなので(神無月さんスミマセン)表示はあったのかもしれません。いや、きっとあったのでしょう。本調子でない神無月さんには歩かせてしまって申し訳ないことをしました(汗)。

昼下がりの強い日差しの中をテクテク歩いて映画村に到着! お目当ては2時開演のつるさんの「南京玉すだれ」です♪ うふ♪ この数日前につるさんこと川鶴晃裕さんのホームページで26日には玉すだれをなさる予定であることを知り、急きょ予定に組み入れたのです。その前後の日にちだったら私一人で来るつもりでしたが、神無月さんも是非見たいとおっしゃったのでちょうどよかったです。

着いたのが1時半頃で、つるさんのお出ましまでにはまだ間があったので「ちゃんばら辻指南」を観ました。若侍に渋谷めぐみさん、それに斬りかかる浪人に松永吉訓さん、進行役がいわすとおるさんというキャスティングでした。迫力のある殺陣を観てから、見物客の中から数人に若侍役のチャンバラをしてもらうという催しですが、選ばれた4人のお客さんがみな芸達者で俳優さんとの舌戦も面白く、大笑いしながら拝見しました。私は、心半分ここにあらずでしたが……^^;

2時が近づくにつれ、動悸がしてきました。辻指南の場所からほど近い場所に「南京玉すだれ」ののぼりが立っていたのはさっき確認しました。あそこへ行けばつるさんに会える~!とワクワクする気持ちと、このまま帰ろうかという気持ちが半々です。例えれば、好きな男の子に思い切って声をかけようか、いややめようかと迷う女子中学生のような気分です(何歳だアンタは!)。神無月さんが「2時になりますよ~」とおっしゃったので、ギクシャクと歩いて向かいます。

い、い、いらっしゃいました~♪ もうすでにたくさんのお客さんが集まっておられるその視線の先につるさんが!! す、す、素敵です♪ 「もうちょっとで始まりますよ~」とか何とかおっしゃっていたと思いますがよく覚えていません。待っている間、私は神無月さんの陰に隠れようと思うのですが、神無月さんは華奢なので私の身体は全然隠れません。その上、私に前に出ろ出ろというふうになさったりするので、二人の間で熾烈なポジション争い(?)など繰り広げたりしました。何をやってるんだか……┐(´ー`)┌ 私の横には外人さんもいらっしゃいます。これはつるさんの英語が聞かれるかもしれないと期待がふくらみます。

皆のカウントダウンでいよいよつるさんの南京玉すだれが始まりました。まさに立て板に水。流暢な英語も交えて、息つく間もなく口上と芸が繰り出されます。すご~い♪ 私、以前に簡単な玉すだれを持っていました。ピュンと伸ばすときはいいのですが、なかなかすだれ状に戻すことができませんでした。シュッと素早く元へと戻すのは熟練のワザだと思います。感心しながら拝見しました。最後の大技「東京タワー」は、あれは本当に難しいのかつるさんの話芸+顔芸の見せ所なのかよくわかりません(笑)。固唾を飲む客を盛り上げながら見事に成功させ、瞬時に「めで鯛」に持っていくエンディングでヤンヤの喝采でした。大成功~\(^o^)/

さあ、出し物も終わりまして……。大方のお客は散って行き、つるさんは子供さんたちのお相手などしておられます。神無月さんが行け行けとおっしゃるので、頃合いを見計らってお声をおかけしました。あの、でも、やっぱりですね、ここの掲示板では遠慮ないお話をさせていただいていても、いざご本人を目の前にすると、何も言葉が出てこなくなるのですね~(滝汗)。いったん引いていた汗が本当にダラダラと出てきまして、あ~もうみっともないな~とは思うものの、もうどうしようもありません。気になっていた玉すだれのすべりの具合など確かめ(この際そんなことどーでもいいじゃないか自分~○| ̄|_)、2年前には撮り忘れていたツーショットの写真も神無月さんに撮ってもらい、押し付けるようにお土産のお菓子をお渡しして、本当はもっとずっとお傍にいたいくせに、シュワッチと逃げるようにお別れしてきてしまいました……○| ̄|_○| ̄|_○| ̄|_

たぶん数分間はお話していたと思うのですが、本当に、ものの見事に、全然覚えていません。あ~ダメだ私。何か失礼なことなど言いませんでしたでしょうか。それだけが心配です(汗)。ちゃんとつるさんのお顔を見てお話できるようになるまでには、あと50年くらいかかるかもしれませんが、また行きますので、そのときはどうぞよろしくお願いします。m(_ _)m はう~^^;

優しいつるさんの笑顔を思い出しながら、売店へ向かいます。玉すだれを買いました(笑)。以前に持っていたのは人にあげてしまったので。とてもつるさんのようにはできないと思いますが、頑張って練習しようと思います^^v

さて、大好きなつるさんともお会いできたので、当日最後の目的地である嵐山、嵯峨野方面へ向かいます。きょうはここまで~。

|

« 京都の旅 その3 | トップページ | 京都の旅 その5 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

いつも、ありがとうございます。(^^

投稿: | 2015年5月 2日 (土) 18時38分

つるさん
こちらこそ、ありがとうございました。
とっても楽しい玉すだれでした。
また行きますねぇ~^^(ドキドキ)

投稿: わかば | 2015年5月 2日 (土) 22時05分

恋する乙女ですねぇ。(*^ω^*)
 

投稿: モトキ | 2015年5月14日 (木) 00時07分

モトキさん
はい、皆さんにそう言われます。*^.^*
↑ウソつけ~!

投稿: わかば | 2015年5月14日 (木) 22時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/141713/59832835

この記事へのトラックバック一覧です: 京都の旅 その4:

« 京都の旅 その3 | トップページ | 京都の旅 その5 »