« 「小説新潮」の表紙 | トップページ | 問題作 »

姓の読み方

先日テレビで「錦織」の読み方の違いについてやっていたのを観た。具体的には、錦織圭(島根県出身)は「にしこり」、錦織一清(東京都出身)は「にしきおり」と読むが、その差は何か?という問題だ。

番組によると、そもそも錦の織物に携わった渡来人が滋賀県に住み着いて「にしこおり」姓となったのが、その後島根県に移住して「にしこり」姓になった。その後島根県から千葉県や東京に移住した際に「にしきおり」と呼ばれることが多かったためにそれが定着したということであった。したがって、問題の答としては「島根県から出たか出ないかの差」ということである。

松江にいるからわからなかったけれど、全国的には「錦織」姓というのはけっこう珍しいらしい。私の経験からすると、親戚に一軒「にしこり」姓があるし、同級生にも一人くらいは必ずいたから珍しくもなんともなかった。島根において過去に「にしこおり(nishikoori)」→「にしこり(nishikori)」と母音のoがひとつ縮まって転化したのもありそうな話だと思う。

錦織圭クンの活躍で「にしこり」という読みが全国的に認知されてきたのは喜ばしいことだと思う。しかし、メディアで「テニスの錦織圭選手が……」と言われるたびに、地元民には若干の違和感がつきまとうのである。高低アクセントの場所が違うのだ。

全国メディアでは「に」を高く(強く)発音しているが、地元では「こ」を高く(強く)発音する。だから「NIshikori」さんと聞くとなんとなくよそよそしい感じを受け、「nishiKOri」さんと聞けば「ああ、近所の子だ」というような親近感を覚えるのである(笑)。

私にとっては「錦織」が「にしこり」だったり「にしきおり」だったりする読みの問題よりも、この高低アクセントの場所が違うことのほうが興味深い謎である。もう一つ例を出そう。「中島」という姓をどう読むか。たいていの地域では「な」がちょっと低くて「かじま」を平板に読むのではないか。ところがこちらでは「なかしま」と濁らずに読んで且つ「か」を高く発音する。同じ「中島」という漢字を目にしてアクセントの場所が違う。(因みに私の本名の姓も「中島」さんと同じような現象が起こる。)

親や周囲の人間の発音を聞いて育つから習慣的にそうなるのではないかと思うのだが、元々はそこに何かの法則性だとか美意識だとかがあるのかもしれず、おもしろい問題だなと思う。マスメディアのせいで方言というのはだんだん駆逐される運命にあると思われるが、こういうローカルなアクセントなどはずっと残ってほしいと思う。

|

« 「小説新潮」の表紙 | トップページ | 問題作 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ああー、ありますねぇ。その昔某国営放送にいらっしゃったアナウンサーで、不祥事を起こして以来すっかりお目にかからなくなってしまった松○さん。(^^ゞ

あの方は、maTUdairaと呼ばれると途端に不機嫌になったのだそうですねぇ。自分はそんな訳のわからん名字ではない、とご立腹なさっていらしたらしいです。読み方は、MAtudairaなのだとか。

・・・そう言われてみると、暴れん坊将軍のナレーションはそういう発音だったなぁ、と思ったものです。ばからしい話だと思っていましたが、ご本人にとっては重大事項だったんですね。(-.-)

ちなみに中島さんですけど、ナカジマの場合にはわかばさんのおっしゃる通りの発音です。でも、ナカシマが正解だと判っている場合には、「カ」にアクセントを置いて発音しますよ。

私は東京生まれの埼玉育ちで、その後東京から千葉へと流れてきた根無し草ですが、ナカシマさんの発音は島根県人ですねー。なんでやろ? (‥?)
 

投稿: モトキ | 2015年5月30日 (土) 00時01分

モトキさん
ふむふむ、maTUdairaさんではダメで、MAtudairaさんならOKなのですね。ちなみにこちらでは matuDAiraさんと発音しますが、やっぱり怒られるんでしょうね(笑)。
不機嫌になるほどのことでもないように思いますねえ(笑)。NHKのアナウンサーなら地域によってアクセントの位置が異なることくらいご存じでしょうから、発話者がどこの出身かを当てられるくらいになられればよろしいのにね~(* ̄Oノ ̄*)おほほ。

あ、そうなんですか。中島さんは「ナカシマ」さんと濁らずに読む場合はnaKAshimaさんですか~。ふむ、例が適当でなかったですね、すみません。
う~む、「なんでやろ?」は関西弁だし、モトキさんのルーツはいずこなりや?^^

投稿: わかば | 2015年5月31日 (日) 22時19分

関西弁に憧れている、ただの江戸っ子くずれです。(^^;)
 

投稿: モトキ | 2015年6月 2日 (火) 00時36分

ワカバさんお久しぶりです 元気ですか?
最初なんて読むのかなって
こちらでは少ないのかなぁ
私の名字も読めないですよね。この字は少ないです。同じ読み方ではたくさんいるのに。

投稿: きららののこ | 2015年6月 4日 (木) 16時20分

モトキさん
わあ♪「江戸っ子くずれ」という表現、なんだか良いですね。「生粋の江戸っ子」よりちょっとヤサグレテいる感じ?(笑)

投稿: わかば | 2015年6月 4日 (木) 22時19分

ののこさん
お久しぶりです~♪
おかげさまで元気にしています。ののちゃんは大丈夫?

ののちゃんの苗字、同じ読みでいろんな漢字を当てる例が多いですよね。
そちらで錦織が少ないように、こちらではののちゃんの苗字はまったく見かけませんよ~。

投稿: わかば | 2015年6月 4日 (木) 22時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/141713/60171052

この記事へのトラックバック一覧です: 姓の読み方:

« 「小説新潮」の表紙 | トップページ | 問題作 »