« 市の木に釘が打たれた件 | トップページ | 『ブラタモリ』 »

地方を蔑ろにする国に未来はないと思う

「一票の格差」が問題になって以来、いつかはこうなるかもと薄々思ってはいたが、いざ「来年から鳥取と島根は一つの選挙区にして定数1にするからね」と言われてみると、地元民としてはまことに面白くないのである。

あのさぁ。国会議員というのは「国」のあり方や進んでいく方向を決める人たちだよね。「国」というからには、そこに含まれる概念はまさか人間だけじゃないはずだよね。一木一草、海岸の岩礁一つとってもそれは「国」のはずだよね。むしろ自然や国土は「国」の態をなす根幹だよね。でなければ、誰も住んでいない尖閣列島なんかが問題になるはずもないわけで。

その「国」を現在は47の都道府県という行政地域に分けてるわけさ。各行政地域の境界には歴史的地理的に何となく納得できる理由もあるわけさ。遠くの地方の人たちにはわからないかもしれないけど、鳥取県と島根県の違いというのはあるのだよ。京都府と大阪府が違うようにね。もし「京都と大阪は一つの選挙区にして定数は1ね」って言われたら「おいおい!」って思うでしょ? どこの都道府県民でも自分の身になったらそう思うでしょ? たかが人口が少ないからってそんなことされたら腹も立つわけさ。人がいっぱいいるのがそんなに偉いのか、って思うわけよ(オラ!酒持って来い!)。

島根県に島根県民が万遍なく均等に住んでいるとして、東京都に東京都民が万遍なく均等に住んでいるとして、1人当たりのそれぞれの面積はどれほどになるのか。面積を人口で割ってみた。

2014年の面積(Wikipediaより)
島根県 6708.23[km2] 
東京都 2190.90[km2]

2010年の人口(Wikipediaより)
島根県     717,397[人] 
東京都 13,159,388[人] 

人口1人当たりの面積
島根県 0.00935[km2]
東京都 1.66489e-4[km2] = 1.66489×1/10000 = 0.000166489

島根県/東京都 ≒ 56.15986

私の計算が正しければ、島根県民1人は東京都民1人の実に56倍の面積を有するのである! 「一票の格差」と言うけれど、1人当たりの国土の占有率(?)からすればこれだって立派な「一票の格差」なんじゃないの? 東京都民が1票なら島根県民は56票投票したっていいんじゃないの? と思ったりするわけよ、わかるこの気持ち?

都市部と地方の格差是正とか、地方の活性化とか、よくぬけぬけとそんなウソが吐けるなあと感心する。県から一人の議員も出せないで、地方の声が政治に届くとでも言うのか。

ギリギリの限界集落で山や田畑を守って生きている人たちがいる。都会人がたまに息抜きにやってくる田舎でその景観を守っているのは田舎の人たちだ。都会だけに人が住み、その他の地域の山野が荒れ果てている「国」を、その国民は誇りに思えるだろうか。地方地方の伝統や言葉が失われていく状況は、はたして文化的と言えるだろうか。都市部で老人人口が増えると困るから老後は地方へ行けばよいとか、アホも休み休み言え。地方は都市部の厄介ごとを引き受けるための場所じゃない。

島根は田舎だけどさ。県民の平均収入は東京の6割しかないとか言われてるけどさ。それでなんとか暮らせるし生活上の不満なんかないのだよ私は。お金で買えない幸せがいっぱいあって、ここで生まれてここで死ねることを有難いと思ってる。細々と平穏に暮らしていければ満足なのに、「あんたんとこは人口が少ないから政治に参加できないよ」なんて上から目線で波風立てられると、沸々と怒りが湧いてくるのである。


来年の参院選、鳥取島根両県の有権者が全員白票を投じればいいと思うよ。

|

« 市の木に釘が打たれた件 | トップページ | 『ブラタモリ』 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ん〜。
これは私も納得がいかん。
これがまかり通るなら、「都道府県」が意味なくなるじゃん・・。

投稿: | 2015年7月25日 (土) 19時21分

♥♥さん
そーなのよ~。
つるさん、ヤケ酒に付き合って……。T-T

投稿: わかば | 2015年7月25日 (土) 23時58分

やらなければならないことは、定数是正ではありませんよね。大切なのは選挙制度の抜本的改革であるはずです。

それを避けるためだけに人口割りで議員数を誤魔化して、帳尻を会わせておけばそれでいいや、というようなアホウが議員なんかやっているのがおかしいんです。

とっとと全員落としましょう。(--メ)

・・・面積割りで議員数決めると、北海道が圧倒的に強くなりそうですね~。(^^;)
 

投稿: モトキ | 2015年7月26日 (日) 00時38分

モトキさん
ある選挙制度を、その選挙制度で選ばれた議員が改革するなんてこと、そもそもできるはずないのでしょうね。誰もがわが身は可愛いですからねえ。┐(´ー`)┌

>北海道が圧倒的に強くなりそう
そうなるかもしれませんね^^ でも本気で都市部と地方の格差を是正しようとするならば、それでいいと思います。
また、北海道には北方領土問題、島根県には竹島問題、沖縄県には尖閣列島と米軍基地問題があります。外交上の問題を考える上でも、そういう地方の政治的発言力が増すのは良いことだと考えます。

とにかく東京の一極集中が諸悪の根源。なんとかならないものでしょうかねえ……┐(´ー`)┌

投稿: わかば | 2015年7月26日 (日) 23時01分

私で良ければ・・(^^

投稿: | 2015年7月26日 (日) 23時43分

♥♥さん
きゃっほーいhappy01

投稿: わかば | 2015年7月27日 (月) 00時15分

全員が白票を投じればよいというのは、全員が棄権しろと言っているのと同じです。

白票は、選挙では存在しない票として扱われます。つまり、選挙に行かなかったとか、選挙に行ったけど無関係な人の名前を書いたのと同じです。意思表示になりません。

投稿: | 2015年8月11日 (火) 11時37分

お名前無記名さん
コメントありがとうございます^^

そうですねぇ……。
しかし、当たり前に候補者の名前を書いたのでは、現行の選挙方法を容認することになってしまいませんか?
選挙で候補者を選ぶことに異存はないけれども、一県から少なくとも一人は候補者を出したいとか、衆院選での小選挙区制には反対だとか、投票するときに選挙方法そのものについての有権者の意見を反映させる手立てはないものかと考えてしまうのです。

海外のある国(どこだか忘れましたが)の投票用紙はとても大きくて、候補者の名前を書くだけでなく、いろいろな設問に答えるアンケート方式で国民投票を兼ねているということを聞いたことがあります。
日本でもそういうことをやってくれればいいのにな、と思います。

投稿: わかば | 2015年8月11日 (火) 23時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/141713/60879511

この記事へのトラックバック一覧です: 地方を蔑ろにする国に未来はないと思う:

« 市の木に釘が打たれた件 | トップページ | 『ブラタモリ』 »