« ┐(´ー`)┌ | トップページ | 地方を蔑ろにする国に未来はないと思う »

市の木に釘が打たれた件

ローカルな話題で恐縮。先日、松江市内の公園の木に女性の顔写真が貼られたわら人形が釘で打ち付けられていたという事件があったそうだ。松江署が捜査して、打ち付けた男性(50歳)には口頭で注意したとのこと。なんでも、顔写真の女性との間でトラブルがあり、3月頃に自分の気持ちを静めるためにやったとか。男性は市所有の木にクギを打ったが、木を傷つけることが目的ではなかったことから、同署は器物損壊容疑での立件は見送ったらしい。

私が知っている情報は以上で、その後その女性との間がどうなったかとか、男性が他の何かの罪で訴えられたのかどうかなどは、知らない。

ところで普通わら人形というと丑の刻参りを思い浮かべる。恋人が心を移した相手をわら人形に見立てて、丑の刻にそれなりの装束で木に釘で打ち付けるという呪いの儀式だ。貴船神社とか「鉄輪」などのキーワードも思い出す。心変わりした恋人本人を呪うのではなくてその相手を呪うというところから、これを行うのは女性だと思っていたが、今回は男性がやっていたというところがちょっと滑稽だった。

また松江署にすぐに人物を特定されてしまったことといい、話が市の木を傷つけたという「器物損壊」かどうかというところに持っていかれてしまったことといい、なんだか却って男性が気の毒に思われてしまうような事件ではあった。

男性のこの行為は現代では犯罪に当たるのかどうか、ネットでちょっと調べてみた。まず刑事責任から。結果から言うと、相手が死んでも殺人罪や傷害罪にはならないそうだ。以下、コピペ。
---科学的に考えて「相手に見立てた藁人形にくぎを打つ」という行為は、およそ、死の危険を発生させるものとはいえないからです。このように、性質上、およそ犯罪結果を生じさせるのが不可能な行為によって犯罪結果を発生させようとするケースを「不能犯」といいます。結果発生の危険すらないため、殺人罪のように未遂罪が規定されている犯罪においては、未遂罪すら成立しないと考えられています。
ただ、一般的にこのような呪いの儀式は、相手に対する嫌がらせの目的で行われることが圧倒的に多いといえるでしょう。ですから、例えば、呪いの儀式を撮影したビデオを相手に送り付けるなどした場合には、脅迫罪が成立しうる可能性があります。ビデオを見た人が自殺した場合には、ケース次第ではありますが、自殺教唆罪が成立する可能性も否定できません。また、呪いの儀式の動画をインターネット上に公開した場合には、内容によって、名誉棄損罪、侮辱罪が成立する場合がありうるでしょう。---

次に、民事責任。
---民事責任としては、儀式を行った人たちが相手やその遺族から損害賠償責任を負わなければならないかが問題となります。
まず、呪いの儀式の直後に人が亡くなったり、ケガをしたというだけでは、損害賠償責任を負う必要はありません。不能犯の場合とほぼ同じ理由で、およそ結果を発生させるようなことは何もしていないといえるからです。
しかし、ビデオを送り付けた場合、公開した場合には、ビデオを受け取った、あるいは公開された相手は、これによって精神的に非常につらい思いをします。そのため、慰謝料を支払う責任を負う可能性があります。ビデオ送付、公開により相手が精神を病んで入通院して治療を受けることになった場合には、治療費も財産的な損害として賠償する責任を負います。
さらに、このような仕打ちを受けた人が絶望して自殺したような場合には、死亡そのものに対する財産的損害と慰謝料について、遺族に対して損害賠償責任を負わなければならない場合もあります。---

平安時代なら実効性のある呪いとして考えられていたであろう行為が、現代には「およそ犯罪結果を生じさせるのが不可能な行為」と断言されているのが興味深い。これが科学的思考というものなのだろうし、件の男性が「自分の気持ちを静めるため」と言っているのも、常識的にそういう感覚を持っていたからなのだろう(たとえ「相手を呪うためです」と言ったとしても罪にはならないが)。

男性が罪に問われるとすれば、相手の女性が男性の行為を知ったときのショックと、警察の捜査などから蒙った精神的な損害に対してだけだろう。彼も深く反省しているようだし、どうか彼女の心安かれと祈らずにはいられない。

|

« ┐(´ー`)┌ | トップページ | 地方を蔑ろにする国に未来はないと思う »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

あるんだね そういうことって
昔から「人を呪わば穴二つ」ということわざがあるからね。人の災いを願えば自分にも災いが返ってくるとかだっけ?
結局はこの人もこのことわざ通りになったんじゃ。 身元が判明して捕まったという

投稿: きららののこ | 2015年7月11日 (土) 19時56分

ののこさん
コメントありがとうございます^^
子どもが面白半分にやるならまだしも、大人がやるようなことじゃないですよねえ(笑)。
ののこさんがおっしゃるとおり、まさに「人を呪わば穴二つ」でしたね。それも倍返しくらいだったんじゃないかな(爆)。
人の不幸を望んじゃいけませんねえ。

投稿: わかば | 2015年7月12日 (日) 00時18分

・・・宝くじが当たるように、お百度参りでもしようかなぁ。(-_-;)
 

投稿: モトキ | 2015年7月16日 (木) 00時23分

モトキさん
ありがとうございます♪
ですが、その行為はおよそ当選という結果を生じさせるのが不可能な行為と思われますので、お気持ちだけいただきます^^b

投稿: わかば | 2015年7月16日 (木) 23時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/141713/60682748

この記事へのトラックバック一覧です: 市の木に釘が打たれた件:

« ┐(´ー`)┌ | トップページ | 地方を蔑ろにする国に未来はないと思う »