« 2015年11月 | トップページ | 2016年1月 »

2015年12月

良いお年を!

今年最後の懺悔です(汗)。
年内にアニメ『YBJ』の感想を書くつもりでしたが、書けませんでしたスミマセン。新年になったら頑張ります(汗)。

ここ2週間ばかりお姑さんの介助に精を出しています。彼女はいま介護付きの老人住宅に入居していて、入浴の介助や掃除洗濯のサービスやデイサービスを受けています。部屋の壁と浴室・トイレにはコールボタンがついており、押せばすぐに職員さんが来てくださいます。2週間ほど前にベッドから降りたところで転び、起き上がれないでいるところを丁度朝食を運んできてくださった職員さんに助けていただきました。

手足に力が入らなかったので病院を受診しましたが、どこといって異常なし。ですが、布団をはぐる力もなく、食事をするにも茶碗が重くて持てず、やっとのことでトイレへ行ってもズボンや下着を自力で下ろすこともできない状態です。例年寒くなると調子が悪くなり、暖かくなるとそこそこ動けるようになる人なので、寒い季節は全力でサポートしようと思っています。現在、職員さんたちに協力をあおぎながら昼は私、夜は夫という昼夜交代制で回しています。夫が長めの冬休みを取ってくれていて本当に助かりました。

というわけで、夫とは一日二回顔を合わせるだけのすれ違いの毎日。年越し蕎麦を独りで食べたのは生まれて初めての経験でした(夫は昼間に独りで食べました)。年末の大掃除をまったくしなかったのも初めてです(誰も来るなよー!)。お節料理もまったく作りませんでした。お姑さんの部屋で年賀状の版画を彫り、刷り、宛名を書きました。彼女が入浴サービスを受けている時間に大慌てでお墓参りをし、注連縄を買いました。何一つ満足にできていないくせに、なんだか慌しい年末でした。

二日ほど前から少し調子がよくなり、自力で椅子から立ち上がることができるようになりました。両手に杖をつきながら部屋の中を歩いて筋力を衰えさせないように頑張っています。とにかくやる気はある人ですので、このまま良い方向に向かってくれればいいなと祈っているところです。

そういうような毎日を送っていますので、ブログの更新やらメールのお返事やらが滞りますこと、どうぞお許しくださいませ。m(__)m

さて、2015年も残すところあと1時間ばかりとなりました。紅白を観ていて、先ほど小林幸子の装置と歌詞を見てあっけにとられたところです(笑)。近藤真彦と松田聖子がトリというのには「なんじゃそりゃ?」と思いますが、BUMP OF CHICKEN が観られただけでも収穫だったかもしれません。

今年も皆々様にはたいへんお世話になりました。ありがとうございました。m(__)m
来る2016年が平和で明るい年になりますように!
どうぞ良いお年をお迎えくださいませ!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

この一年を振り返るバトン

自分で作ったバトンを今年もやってみます。自分もやってみたいと思われる方がありましたら、どうぞご自由にお持ち帰りくださいませ。では早速……。

●まずは、お名前と回答日をどうぞ。

 わかばです。回答日:12月29日

●この一年で印象に残っている流行(語)は?

 ・「爆買い」
 ・ピース又吉の『火花』がベストセラー

●この一年で印象に残っている人物は?

 ラグビーの五郎丸選手、スケートの羽生くん。

●この一年を漢字一文字で表すと?

 「爆」パリの同時多発爆発テロとか、爆買いとか。

●この一年で喜んだことは?

 いろんなところへ旅行できたことでしょうか。ラグビーW杯も劇的勝利でした♪

●この一年で怒ったことは?

 ・ISによるテロです。暴力によって人を従わせようとするなんて、最っ低!!
 ・安保法(戦争法)の成立。後の世の日本人になんと言い訳すればよいのやら……。

●この一年で哀しかったことは?

 ・年金の個人情報流出。私の情報も流出しました……○| ̄|_
 ・旅行中、まったく富士山が見えなかったこと。>_<

●この一年で楽しかったことは?

 4月に京都へ行ったこと。神無月さんとご一緒できて楽しい思い出ができました。つるさんにもお会いできたし~♪

●この一年で印象に残っている行事は?

 参加はしませんでしたが、松江城での城攻めが面白そうでした。松江城が今年めでたく国宝に指定されたのも嬉しい出来事でした。

●この一年で一番高価な買い物は?

 車。ハスラーです♪

●この一年に行った場所で良かったところは?

 伊豆の修善寺温泉かな。星がとっても綺麗に見えたのです♪

●この一年に聞いた曲で良かったのは?

 これと言って思い当たるものがありません。

●この一年に読んだ本で良かったのは?

 横山秀夫の『64(ロクヨン)』

●この一年に観た映画で良かったのは?

 ひとつも観に行ってません>_< いま一番観たいのはエルトゥールル号の話です(タイトル失念)が、行けるかどうか……。

●この一年に観たテレビ番組で良かったのは?

 NHKドラマの『64(ロクヨン)』。話題になった『下町ロケット』は2回ばかり観ましたが、原作のほうが面白かったです。その点『64』は原作と同じくらい良かったと思います。
 BJファンとしては、アニメ『ヤング ブラック・ジャック』の放映は特筆すべきでしょう。作画は綺麗でしたし、YBJ原作を大きく改変することなく作られていて好感を持ちました。でもこれはブラック・ジャックとは別物だと言い張りたいのが手塚原作ファンの心理です(笑)。

●この一年に観たテレビCMで良かったのは?

 クロネコヤマトの「小っちゃい箱」シリーズが好きです。

●この一年に何か新しいことを始めましたか?

 ……何も始めてないなあ……。

●この一年で悔いが残っていることは?

 これと言って思い当たるものはありません……あ! ブログ更新がなかなかできなかったことです(汗)。来年こそはもうちょっと書けるといいなと思っています。

●この一年はあなたにとって何点でしたか?(100点満点)

 90点。個人的にはそこそこ良い年でした。

●来年はどんな年になってほしいですか? 抱負などをご自由にどうぞ。

 とにかく平和な年になってほしいです。テロによって命を落とす人がいない世界になりますように。
以上です。(`・д・´)ゝ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

新たに描かれる“往年の名作”の魅力

「ルパン三世、ブラック・ジャック、おそ松くん… 新たに描かれる“往年の名作”の魅力」という記事を見つけたので、今さらだが載せておく。いずれ読めなくなる前に、YBJの部分だけを抜粋。

「続いて、手塚治虫の生み出した孤高のヒーロー、ブラック・ジャックの若かりし頃を描く『ヤング ブラック・ジャック』。「ヤングチャンピオン」(秋田書店)で連載中の同名コミックを原作に、ブラック・ジャックがなぜ無免許で法外な金額を要求する闇医者となったのかに迫る意欲作だ。第1話を見た人は、誰もが「こんな肉体していたの!?」とその肉体美に目を奪われたはず。恥ずかしながら、細マッチョで傷だらけのワイルドな肉体を見せつけられソワソワとしてしまったものの、安心してください。根底に流れている熱きテーマはまったくブレていない。

 『ブラック・ジャック』は医師免許を持っていた手塚が一定の価値観でははかりきれない命の尊さを描き、「なぜ生きるのか」という生命賛歌を必死にうたいあげた傑作だ。ぜひ、若きブラック・ジャックが抱く命に対する葛藤に注目したい。」

……細マッチョで傷だらけのワイルドな肉体ですってよ奥さま!^m^ 第1話のみならずその後も彼はバンバン脱ぐが、一般的に男性が女性の裸を見て喜ぶほどには女性は男性の裸には大して興味がない。と思う。どちらかと言えば、目を伏せたときに見えるふぁさふぁさなまつ毛のほうがグッド! もう最終話も放送されたはずなので、今年じゅうには感想を書くつもり。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ルブランの原作が読みたくなった

『大空のドロテ』(瀬名秀明著)読了。いや、読了はしたものの、こりゃあもう一回読まなくては全体の把握ができない……。

この本を一言で説明するなら、「ルブランのルパン物の二次創作」ということになるだろうか。アルセーヌ・ルパンのファンなので文庫化を待ちかねて買って読んだはいいのだが、正直……ちときつかった。

そもそもルブランの『綱渡りのドロテ』『女探偵ドロテ』を読んでいないから、ドロテに対する思い入れがない。この本ではドロテはルパンの娘らしいという設定になっているが、私はルパンがどんな活躍をするのかということにしか興味がない読者なので、読んでいてもどかしい。で、いよいよルパンっぽいの出た~♪と喜んで読んでいくと、いろんな場所にいろんなルパンが出てくる。ルパンファンなら常識、ルパンと同一人物のはずのドン・ルイス・ペレンナの扱いにも「あれ?」となる。どれが本物のルパンだ~?

ベル・エポックの怪盗紳士が好きな私としては、第一次世界大戦後という時代背景もいまいちだった(ルパンシリーズで言えば『虎の牙』の物語と同時進行である)。アフリカにあるルパン帝国だとか、「神の光」と呼ばれる超近代兵器だとかの話にも魅力を感じられなかったのが痛い。

ルパンシリーズを精査研究して書かれたであろう力作であるのは認めるが、ドロテのお父っつぁんとしてじゃなくてもっとピチピチしたルパンを描いて欲しかったな~と思う一読者なのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年11月 | トップページ | 2016年1月 »