« ドラマ『フラジャイル』が楽しみ♪ | トップページ | この本は売れるのだろうか »

『フラジャイル』感想

あらら、『フラジャイル』初回の感想も書けないうちに既に2回目も終わってしまった(汗)。とりあえずここまでの感想を書いておく。

岸先生の「僕の言葉は絶対だ!」のセリフがいやに連呼される番宣に辟易するものの、ドラマ自体は妙な脚色もなく良い出来に仕上がっていると思う。

初回、岸が「癌だ。どこの癌なのかもっと検査をしろ!」と言うのに「肺炎だ」と言って譲らない担当医の憎たらしさと言ったらもう……(笑)。あんな医者って本当にいるのだろうか。逆にものすごく勇気がある医者にも思えるのだが(笑)。しかし知らずに当たってしまった患者にとっては災難だなぁ……。腹部に大きな癌があるであろうことを突き止めた岸が内科のカンファに殴りこむシーンでは、担当医を完膚なきまでに言い負かしてスカッとする。だが、担当医の落胆のしかたと悔しがり様を観て、他の医師たちの前でここまでしなくてもと、なんだか公開処刑を観ているような気にもなった。原作では岸は担当医に電話で結果を伝えているだけである。先般の記事にも書いたが、最近のドラマはこの手のシチュエーションが多すぎる。

で、毎回このパターンだと嫌だなと思いながら視聴した第2話。救命救急センターに搬送された時計屋の主人。そこでは急性アルコール中毒と診断されたが、実はメチルアルコールとアトロピン点眼薬による複合中毒であることを、岸と宮崎が聞き取りと実地調査で突き止める。救命救急のカンファに赴いた岸は、火中の栗を拾うという感じで、孤立無援で集中砲火を浴びながら「30秒間患者の言うことに耳目を傾けろ」と意見する。いくら救命救急部門が忙しいと言っても、「患者や家族の話を10秒しか聞かず最初の診断が6割しか当たらない分際で医者を名乗るな」「6割の医者に自分の家族を任せられるのか」と手厳しい。「病理は10割(正解を)出す」と豪語するシーンはまさに岸の独壇場であった。岸の言葉はどれくらい救命救急医の胸に響いたか。後のシーンでは、相変わらず人の話を聞かず慌しく急性虫垂炎(だったかな)だと断定する医師の横で、「旦那さんですか。詳しい話を聞かせてください」という医師(時計屋さんの担当医だった)が現れる。良かったなぁとホッとする結末だった。

2回までで岸の日常と仕事ぶりが描かれたところで、次回からはいよいよアミノ製薬の火箱が登場するようで楽しみである。検査技師の森井くんに色仕掛けで迫ってみたり(薬屋さんてそこまでするの?!)、目指すところは正しいと思わないでもないけれども途中がとんでもなく間違っているという印象のアブナイ女性だ(笑)。臨床実験の新薬にすがるしか道のない患者さんの実態がどんなふうに描かれるのかという点にも注目して観てみたい。

オマケの感想
岸が暴走するのを「庇いきれなくなるぞ」と心配する中熊教授と「頼んでないです」と嘯く岸。『BJ』で「人体を侮っているといつかしっぺ返しをくらうぞ」とBJを諭す山田野先生(『針』)を思い出してキュン♥

|

« ドラマ『フラジャイル』が楽しみ♪ | トップページ | この本は売れるのだろうか »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

すっかりフラジャイルにハマってしまいました。(^^;)

先日の放送分ではすぐにオチが判ってしまいちょっと拍子抜けでしたが、岸先生が頭を下げた場面では少し感動してしまいましたー。100%を出す、と普段から口にしていることが嘘偽りではない、ということがよく判るエピソードですね。

このところドラマをよく見るようになって、ニコタの時間が圧迫されています。フラジャイルしかり、怪盗山猫しかり、スペシャリストしかり。・・・なんか全部ジャニーズ絡みというのがちょっと引っかかりますが。(-_-;)

4月からはニコタ優先に出来るかなぁ? (。・ω・。)
 

投稿: モトキ | 2016年3月 5日 (土) 23時48分

モトキさん

各記事に怒涛のコメント、ありがとうございます♪ 少しずつですが、レスさせていただきますね。

『フラジャイル』面白いですよね♪
現実にあんな病院や臨床医ばっかりだったら医療崩壊だと思いますが、誇張表現の裏には実際にそういう傾向はあるのだろうなと思ったりします。

岸先生のプロ意識の高さには脱帽します。人の命や一生にかかわる仕事に携わる人たちには、こうであってもらいたいですねえ。

一口にジャニーズと言っても、そうバカにしたものでもありませんよ。キ○タクはどんな役でもキ○タクにしか見えませんが、長瀬などはちゃんとその役を演じ切りますから^^b 関ジャニの安田くんも上手かったですしね♪

『フラジャイル』が終わったら、ワタクシしばらくは気が抜けて使い物にならないような気がします……>_<

あ、ニコタはやりますよ~^^b

投稿: わかば | 2016年3月 6日 (日) 22時04分

フラジャイルロスですかー。(^^;)

当分鉄腕DASHで我慢してくださいね~。・・・そういえば今回の放送でリーダーが、「長瀬が良かったのにー」とブーイングを浴びていました。あーあ、かわいそーに。(´д`)
 

投稿: モトキ | 2016年3月 7日 (月) 00時07分

モトキさん

はい、完全にフラロスになりそうです。○| ̄|_
あと2回、アミノ製薬との対決は最大のヤマ場ですから大いに楽しみましょう♪
視聴率では結局『ヒガンバナ』に負けそうですが、トルネの録画率を見ると『フラジャイル』は4位と大健闘しています。『ヒガンバナ』はランク外。旬に観たいものと後々何度でも観たいものは違うのでしょうねぇ。

DASH、私も観ていました。あれは失礼ですよ~>_< ノリとしては面白いのかもしれませんが、親があの場でガツンと叱ってほしかったな、と思います。

投稿: わかば | 2016年3月 7日 (月) 21時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/141713/63592116

この記事へのトラックバック一覧です: 『フラジャイル』感想:

« ドラマ『フラジャイル』が楽しみ♪ | トップページ | この本は売れるのだろうか »