« BJフィギュアと「GLOBE」 | トップページ | (備忘録160713) »

権力は、あれば使いたくなるもの

日曜日に参院選の期日前投票に行ってきた。出口で可愛いお嬢さんに呼び止められて、出口調査にも協力してきた。一番最後の設問「安倍政権のもとで憲法が改正されることについて。賛成・反対」のところで、「大反対」とつぶやきながら「反対」にグリグリと二重丸をつけたら「きゃはは♪」と笑われた(笑)。

いまの憲法を変えなくちゃいけないと言う人にその理由を問うと、たいていアメリカに押し付けられたものだからという答えが返ってくる。うん、それは心情として理解できないこともない。じゃあどこを変えるのかと問うと、9条。具体的には自衛隊を軍隊として認めて有事に備えるのだと言う。じゃあ日本は戦争放棄の姿勢を変えてもいいのだな?と問うと、9条があろうがなかろうが他国は日本に戦争を仕掛けることができるではないか。国の軍備を整えることは国として当然の権利だと言う。ここらへんで大抵、お前は9条で日本が守られていると思うのか!と反撃をくらい、以下延々と熱弁を聞かされたりする(笑)。

なんだろうなあ……。一つ一つ細かいことについて反論するべきなのかもしれないが、そもそも立っている土俵が違うのがありありと判って、疲労感しか覚えなくなる。相手の熱弁を聞いていて、しかしそこではっきり判るのは、自分が相手の論に与する気がまったく起きないというただその一点だけである。

彼らはたいてい勝ち負けにこだわっている。相手に何がなんでも勝たねばならないと考えて、しかも何故だか勝てると思っているようだ。勝つための軍備にどれだけの血税を使うの? それでも負けてしまったときはどうなるの?と問わずにはいられない。何故、戦うことばかりを考えるの? 仲良くやっていく道を探るほうが人間らしくない?

==================================================================

第二章 戦争の放棄

第九条  
日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。
○2  前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。

==================================================================

9条で日本が守られているのかという点。ある意味、当たっていると私は考える。こんな条文、戦争にコテンパンに負けでもしない限り、そして戦勝国に押し付けられでもしない限り、自国の政府の中からは絶対に出てこなかっただろう。しかしそれが図らずも平和への道の理想を謳い上げたものになっていると思う(私が考える平和とは、まず少なくとも人を殺したり人に殺されたりしないことだ)。日本政府には、武力戦力を用いずに、つまり外交という方法で諸外国と渡り合う方法しか残されていない。9条は国家権力の力を削ぐためのものだ。9条があるから、日本政府は日本国民を戦争に参加させることができないのだ。

憲法前文の「政府の行為によつて再び戦争の惨禍が起ることのないやうにすることを決意し」も9条に呼応している。いくら国民が戦争なんかしたくないと言っても国家に「戦え」と命令する権利があるならそれに応じざるを得ない。先の大戦がそうだったじゃないか。学生にまで召集令状が来て学徒動員させられたじゃないか。それは「政府の行為」のせいだったじゃないか。しかし、いまの日本政府にはそういうことを命令する権利がないということだ。それが9条だ。いろんな危機はあっただろうが、終戦以来、日本国民はだれ一人戦争で死んでいないじゃないか。

安倍首相はその9条を変えようとしている。日本政府に、国家に、国民の「命」の生殺与奪の権を取り戻させようとしているということだ。だから危ないんだヨ。

「日本が戦争をすることができる国になってもいいんですか?!」と野党は問う。まだ弱い。「あなた、戦争に行って死ねますか?」と問うべきだ。戦争に行くのは軍隊だ、とりあえず自衛隊だと考えている人は多いだろうと思う。足りますか? お好みどおり勝てますか? 戦争は、勝っても負けても、やり始めたらお終いなんだよ。

投票に行く前に、自民党の公約だけは読んだ。9条の「き」の字もないが、最後の最後に「憲法改正を目指します。」とある。3分の2以上の議席が取れれば「ちゃんと公約には書いたもんね」(あるいはお得意の「これまでの約束とは異なる新しい判断だ」かもしれないが)と、国民投票に持っていく腹積もりだろう。福祉政策だとか雇用問題だとか、そういうことはどこの党の政治家がやっても目指すところはそんなに違いやしない。一番大きな相違点は9条についてだ。9条をどこか変えるということは、自分の命を時の政府に預けますということに他ならないということを、みんなわかっていなくちゃいけない(安倍政権だけでなく今後どんな政権になったとしても条文は残る)。それで良いと思う人なら問題ないが、私はそこまで立派じゃない。

さて、明日は『ビッグコミックスピリッツ』を買いに行こうかな。

|

« BJフィギュアと「GLOBE」 | トップページ | (備忘録160713) »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

自分が直接銃を握らなくて、戦地に赴かなくてすむ人ほど戦争をしたがるんですよね。そんな人に「国のために死ね」と言われて死ねるんでしょうか、改憲勢力に投票した人って・・・。(-_-;)

中学の頃でしたか、今はもう無き旺文社文庫の「くちなしの花 ある戦沒学生の手記」という本を読みました。不覚にも本自体は紛失してしまい、もう手元にはありません。絶版ですし、二度と読むことは出来ないでしょう。

そこに書かれていた一人の特攻隊員の手記は、涙なしには読めませんでした。国のために死ね、と命令され、死ぬことを義務づけられた彼は、国ではなく母と妹を守るために死ぬのだと、自分の命を位置付けていました。

まだ20か21歳の青年です。死を覚悟し、受け入れた彼の文章は、どんな文筆家の書いた言葉よりもはるかに強く心を揺さぶりました。

どうして人間は、人のために死んでいけるのだろう。

どうして彼の残した手紙は、こんなにも心を震わせるのだろう。

・・・どうして彼は、死ななければならなかったのだろう。

私は某安倍首相の言葉には、何一つ心を動かされません。私利私欲、邪心、権勢欲、名誉欲。そうしたモノが透けて見えるからです。あんな人間よりも、特攻で死んだ一人の学生の言葉の方を選びます。彼のような人を、二度と再び殺してはならない。そう強く思います。
 

投稿: モトキ | 2016年7月15日 (金) 00時52分

モトキさん
戦争で命を散らした方々、特に初めから生還を望めない特攻隊員の方の手記は、涙なしには読めませんね。前途有為な青年がなぜ死んでいかねばならなかったのか、彼らの死の美しさに感動した後に後世の我らがなすべきことは、それを考えることだと思います。

滅びの美学から脱してさらには堕ちよ、と坂口安吾は説きました。体制側が準備したシステムの欺瞞から覚めよとも。

お上の言うことに唯々諾々と従って身をゆだねることは一番楽ですが、そこには思考停止が待っています。一人ひとりが孤独な闘いを続けなくてはならないのですが、そんなことまでは考えない人々が多いのかなと思います。

投稿: わかば | 2016年7月15日 (金) 22時04分

難しい話しですよね。

基本的には3カ所の領土問題が起因で、
特に西方面の2箇所は活性化しており、
私は日本の領土は?200海里はどうなるの?
と、不安に思っている毎日です。

米軍が動いてくれればありがたいですが、
それで米兵が死んで良いとも思いません。

既に片足は突っ込まれている状態なので、
もはや手遅れなのかもしれません。

私の不安を解消してくれる、仲良くする方法を知りたいです。

投稿: 沼津北口 | 2016年7月20日 (水) 01時36分

沼津北口さん

コメントありがとうございます^^

領土問題、悩ましい問題ではありますね。南シナ海を巡る問題でフィリピンに負けた恰好になった中国が、国内世論の矛先をかわすために尖閣にちょっかいを出す回数も増えてくるのかもしれません。もし本気で中国が取りに来るなら、日本も国際法で保障されている自衛権を駆使することになるのでしょうね。

沼津北口さんがご心配になっている領土問題に関して、実効的な解決策を私は持っておりません(勉強も足りませんし、政治家でもありませんので)。しかし、武力や戦争がその解決法になるとは決して思えません。まずは外交で、穏便に事を運ぶべきでしょう。しかし現安倍政権にその「外交」をするつもりがあるのかどうなのか、そのあたりがよくわからないのですよね。中韓に対しての安倍外交は完全に失敗していると思います。

現政府は「まず改憲ありき」で、そのために領土問題などで日本国民の不安を煽っている気がしてなりません。「有事に備えなくちゃ危険だよ」と。

不安要素は、いつの時代どこの国でも多かれ少なかれ絶え間なくあったことだと思います。いまこの瞬間でも、領土問題など全世界をながめればどこにでも転がっています。そんな領土問題を危険視するより、政府に扇動されて「戦争はしない」という誓いを捨ててしまうことのほうがよっぽど将来に禍根を残すと私は思います。

不戦の誓いは、破るより守ることのほうがずっと難しい。その至難の道をわれわれ日本人は歩んでいるのだと誇りに思いたいです。

意を尽くしませんけれども、いたずらに不安を募らせて武装化に走ったりするのは得策ではないと思います。中韓と良好な関係を築いていられれば、こんな心配はしなくてすむものだったのではないでしょうかねぇ。

投稿: わかば | 2016年7月20日 (水) 22時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/141713/66350439

この記事へのトラックバック一覧です: 権力は、あれば使いたくなるもの:

« BJフィギュアと「GLOBE」 | トップページ | (備忘録160713) »