« (備忘録161013) | トップページ | 孤独は崇高、沈黙は金 »

(備忘録161026)

・21日に起きた鳥取地震の件。

ケータイの地震警報が鳴ると同時に揺れが来た。ちょうど美容室から帰ってシャワーを浴びようとしていた私は、そのときブラとパンツしか身に着けていなかった! そのままの恰好ではさすがに外に飛び出すわけにもいかない。大きな横揺れが続く中で、脱いだばかりのジーンズを再び穿くのに苦心惨憺。トレーナーをかぶったところでなんとか揺れが収まった。シャワーは諦めて、テレビを見ながら警戒態勢に入る。震源地は鳥取県倉吉市付近で、震度6弱。ここ島根県松江市では震度4。間もなく、一度だけ体に感じる余震があったが、その後は何ごともなく被害もなかった。

震源地に近いところに住む知り合いに電話で様子を聞いたら、食器棚から食器が飛び出して大変だと言う。鳥取県内ではいまでも震度3ほどの余震が続いている。なんとかこのまま収束してほしいと願うばかりだ。

こちらやニコタでお見舞いのお言葉をくださった皆様方に、改めて御礼申し上げます。ありがとうございました。m(__)m

・「100分 de 手塚治虫」

NHK Eテレ 11月12日夜11:00〜12:40 
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161026-00007552-cinranet-ent

|

« (備忘録161013) | トップページ | 孤独は崇高、沈黙は金 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ご無事で良かったです。(*^ω^*)

東日本大震災の時はウチの辺りも震度5強でした。当日たまたま家に居た私は、「これが関東大震災かぁ~!」と本棚に背を押しつけながら叫んでおりました。なんか倒れてきそうだったんですよねー。(^^;)

それはそうとボブ・ディランもついに連絡をよこしたのだとか。なんか彼を批判するような発言をしたとされる選考委員は、実はその発言の後にすぐ「でも、それが彼という人だから」と擁護していたのだそうですね。

どうもマスコミが発言の一部だけを切り取って、恣意的に批判発言へと仕立てたように思えます。ヒドい話ですねー。・・・ありがちですけど。(-ω-)
 

投稿: モトキ | 2016年10月30日 (日) 00時10分

モトキさん

ありがとうございます。m(__)m
モトキさんのことですから、きっとたくさんのご本をお持ちでしょう。本棚の前はいちばん危険なのでは? どうぞお気をつけあそばしませ^^

私は2000年の鳥取県西部地震のときに経験した震度5弱が最大です。道を歩いていたときでしたので、電柱にしがみつきました。

しかし、2000年のときも今回も死者が一人も出ていないのが幸いです。人口密集地ならこうはいかなかったでしょう。今後予測されている地震の対策の一番の方法は、人口を分散させることだと思います。何よりも命が大切ですものね。

ボブ・ディランの件。もらうことにしたようですね~^^ まさか選考委員の言でそう決定したわけでもないと思いますが。
マスコミは何か話題を提供しなくちゃいけないという妙な使命感がありますから、面白いと思う方向に話をもっていきたかったのでしょう。ありのままを端折らずに正確に伝えるだけでいいのにねぇ~。┐(´ー`)┌
さあ、次の関心はディランが授与式に現れるかどうかですね^^b

投稿: わかば | 2016年10月30日 (日) 22時19分

わかばちゃんテレビの情報で心配していたけど無事でよかった。5年前の東日本の大地震の時こちらは震度5弱で生まれて初めての強い揺れで怖かったし。電話は通じなく主人とはやっとつながる状態で。ただネットだけはつながっていたみたい。
まだまだ小さいなりに地震もあるみたいだから
安全方法を考えておかないとね。

投稿: きららののこ | 2016年11月14日 (月) 15時02分

ののこさん

その節は早速にお見舞いくださってありがとうございました。m(__)m

はい、5弱でも生きた心地がしませんね。電話は今回も繋がりにくかったです。そうか、ネットは繋がっていたんですね。なるほど、参考にさせていただきます。

こちらの余震は収まったようです。でも、何しろこちらには原発がありますので……。
もうそうなったらお終いだと覚悟するしかありません。┐(´ー`)┌

投稿: わかば | 2016年11月14日 (月) 22時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/141713/68129949

この記事へのトラックバック一覧です: (備忘録161026):

« (備忘録161013) | トップページ | 孤独は崇高、沈黙は金 »